2017/05/19

Mockyに続く、注目のマルチ・インストゥルメンタリスト、Bastien Keb! 様々な音楽的エッセンスを濃縮させたセンス抜群の2ndアルバムが、待望の自身初CDリリース!

1stアルバム『Dinking In The Shadows of Zizou』が、bandcampとアナログのみのリリースにも関わらず多くの反響を呼んだBastien Keb。本作の2ndアルバム『22.02.85』も、即日アナログは完売し、遂に待望の自身初のCDリリース!! ヒップホップ・テイストな質感に、絶妙なポップ要素を散りばめた楽曲群は、Mockyにも通じるセンス抜群の一枚!!

マルチ・インストゥルメンタリスト?確かにさまざまな楽器をこなし、歌も上手い。レイドバックした彼の曲はこの上もなく心地良く、誰もが魅了されるはずだ。がそれだけじゃない。サン・ラーやソロモン・イロリからディキシー・ナイチンゲイルズやサン・シティ・ガールズまで繋げてしまうセンスと教養も持ち合わせている。バスティン・ケブ、このとてつもない才能の持ち主を紹介できるのは歓びだ。(原 雅明)



<New title>                                   
アーティスト : Bastien Keb (バスティン・ケブ)
タイトル : 22.02.85
発売日 : 2017/07/12
価格 : 2,130円 + 税
レーベル / 品番 : rings (RINC28)
フォーマット : CD
Tracklist
1.Intro
2.Pick Up
3.Cashmere
4.My Lovely Wool
5.The Lug
6.Night Hustle
7.Rare Fit
8.Fit Rare ft Cappo
9.Glue (The End)
10.Nocturnal/Midnight Shift (Serious Thumb)
11.Town
12.Yela
13.The Cut
14.Glue (Daydream)
15.Younger
16.Crumbs