2017/09/07

フルカワユタカ、13年振りのTGMXプロデュースにて新作リリース決定



フルカワユタカが、doping pandaのインディーズ時代のプロデューサーTGMX(FRONTIER BACKYARD)と再びタッグを組み、11月8日にシングル「days goes by」をリリースすることが決定。
「WE IN MUSIC」以来、13年ぶりの共作となる今作は全編英詩によるアダルティーでソウルフルなダンスナンバー。フルカワユタカ独特の哀愁あるコードワークとメロディーが、TGMXの音楽的でキャッチーなアレンジと絶妙に混ざり合いまさに二人にしか作りえない作品となっている。そして、今作品は、ボーナストラックとしてDEMO音源を収録。内容はまだ不明だが、過去の秘蔵音源DEMOから、最新曲DEMOまで多数楽曲が収録される予定。ファンマストの作品になること間違いなし。
今年の1月にリリースした2ndアルバムから1年足らずの新作音源。LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSのサポートギターリストとして、2017年は数々のフェス、イベントに出演。11月には、FRONTIER BACKYARDのリリースツアー東北、北海道、宇都宮に参加する。シングルリリース直後にはSHELTER 3DAYSのライブも行われ、1月には新木場コーストにてソロ5周年、音楽キャリア20周年を記念した一大イベントを開催する。今後の活動にもこうご期待。詳細は、フルカワユタカ HPまで。

<New title>                                     
アーティスト : フルカワユタカ
タイトル : days goes by
発売日 : 2017/11/08
価格 : 1,700円 + 税
レーベル / 品番 : Niw! Records (NIW136)
フォーマット : CD

<Biography>                                      
フルカワユタカ
1997年にDoping Pandaを結成し、2005年フロントマンとしてメジャーデビュー。通称ドーパメイニアと呼ばれるファンから「ロックスター」の愛称で親しまれた。4枚のアルバムリリースと全国ツアー、海外を含む数々のロックフェスに出演するなど、2000年代後半を代表するバンドとしてシーンを牽引。惜しまれながら2012年解散。
翌年2013年1月に渋谷クワトロで初のソロ・3daysライブを行い、11月にはソロファーストアルバム「emotion」をリリースし全国TOURも開催する。BaseBallBear、LOW IQ 01にてサポートギターリストとして参加や、Charisma.COMへの楽曲提供など、活動の幅を広げる中、2017年ソロ2枚目となるフルアルバム「And I'm a Rock Star」(NIW128)を3年ぶりにリリースし、同時にリリースツアーとして、全国7か所のTOURも3年ぶり開催した。渋谷クワトロよりちょうど5年後にあたる、2018年1月28日には、ソロ活動5年×ミュージシャンキャリア20年のAnniversary企画とし、新木場Studio Coastにて初の主催フェス【フルカワユタカ presents「5×20(ファイブ バイ トゥェンティー)」】の開催が決定している。