2018/03/08

豪華ヴォーカリスト4名が奏でるジャズの祖国アメリカから発する音楽と自由への讃歌

音楽を通じ自由を求め輝く3人の女性アーティスト――愛することの自由を作品にしたジョニ・ミッチェル、個性と人種の自由を歌に込めたアビー・リンカーン、そして歌により政治的自由を求めたニーナ・シモン――への敬意を通じ、グラミー賞ドラマーユリシス・オーウェンスJr.が指揮を執るジャズ・ヴォーカル・プロジェクト「Songs of Freedom」がその精神を体現する初のアルバムを完成させた。
ルネ・マリー、セオ・ブレックマンによるベテランのソウルフルな深み、そして新世代から現代を代表するヴォーカリストへ駆け上がり来日公演も人気を博すアリシア・オラトゥージャ、ジョアンナ・マジョコのボーダーレスなヴォーカリズム。今この時代にあらためて噛みしめたい楽曲とアーティスト・ソウルのコラボレーションが実現した。

<New title>                                         
アーティスト : ULYSSES OWENS JR.
タイトル : SONGS OF FREEDOM
発売日 : 2018/04/11
価格 : 2,500円 + 税
レーベル/品番 : SOMETHIN'COOL (SCOL1028)
フォーマット : CD

Vocal: Rene Marie, Theo Bleckmann, Alicia Olatuja, Joanna Majoko
Band: Allyn Johnson(piano), David Rosenthal(guitar), Reuben Rogers(bass), Ulysses Owens, Jr.(drums)

Track List
01. EVERYTHING MUST CHANGE (Bernard Ighner) by Alicia Olatuja
02. MISSISSIPPI GODDAMN (Nina Simone) by Rene Marie
03. BALM IN GILEAD (Traditional) by Theo Bleckmann
04. FREEDOM DAY (Max Roach & Oscar Brown Jr.) by Joanna Majoko
05. BE MY HUSBAND (Andy Stroud) by Alicia Olatuja
06. BALTIMORE (Randy Newman) by Theo Bleckmann
07. BOTH SIDES NOW (Joni Mitchell) by Alicia Olatuja
08. DRIVA’ MAN (Max Roach & Oscar Brown Jr.) by  Rene Marie
09. BORDERLINE (Joni Mitchell) by Theo Bleckmann
10. OH FREEDOM (Traditional) Band Feature