■SEARCH RESULT

デーヴィッド・マークス / AMETORA(アメトラ) 日本がアメリカンスタイルを救った物語
  • AMETORA(アメトラ) 日本がアメリカンスタイルを救った物語

  • 日本人はどのようにメンズファッション文化を創造したのか?

  • デーヴィッド・マークス

  • 2,376円(税込)

  • DU BOOKS / 9784866470054 / JPN
  • 在庫あり(翌日~翌々日に発送)
  • (翌日~翌々日に発送)
この商品をカートに入れる

アメリカで出版され、話題を呼んだ書籍『Ametora: How Japan Saved American Style』の待望の翻訳版!
日本人は「憧れ」をビジネスにし、独自の文化と伝統を創ってしまった!







日本経済新聞(2017.8.17)夕刊文化面「目利きが選ぶ3冊」にて書評が掲載されました!評者は速水健朗さんです。


アイビー、ジーンズ、ストリートウェアなど戦後アメリカから輸入したスタイルを、

日本人は独自の解釈と評価を加え、研究し、マニュアル化し、継承してきた。

そして、90年代以降は、アメリカや世界のメンズファッションが、
日本を参考にしているという状況を描いた傑作ノンフィクション。

VANやマガジンハウス、メンズクラブ、小林泰彦、穂積和夫、くろすとしゆきなど……
先駆者、仕掛け人、関係者への取材と現存する資料をもとに、歴史的視点から俯瞰して、
日本の戦後メンズ服飾史に新たな光をあてる。


石津祥介、木下孝浩(POPEYE編集長)、中野香織、山崎まどか、
ウィリアム・ギブスン、ジョン・C・ジェイ(ファーストリテイリング)ほか、絶賛!


【目次】
イントロダクション 東京オリンピック前夜の銀座で起こった奇妙な事件
第1章 スタイルなき国、ニッポン
第2章 アイビー教――石津謙介の教え
第3章 アイビーを人民に――VANの戦略
第4章 ジーンズ革命――日本人にデニムを売るには?
第5章 アメリカのカタログ化――ファッション・メディアの確立
第6章 くたばれ! ヤンキース――山崎眞行とフィフティーズ
第7章 新興成金――プレッピー、DC、シブカジ
第8章 原宿からいたるところへ――ヒロシとNIGOの世界進出
第9章 ビンテージとレプリカ――古着店と日本産ジーンズの台頭
第10章 アメトラを輸出する――独自のアメリカーナをつくった国

謝 辞
注釈と出典
参考文献
索引

翻訳: 奥田祐士
1958年、広島生まれ。東京外国語大学英米語学科卒業。雑誌編集をへて翻訳業。主な訳書に『スヌーピーとチャールズ・M・シュルツの芸術』『ポール・マッカートニー 告白』『ヒップの極意』『スティーリー・ダン Aja作曲術と作詞法』などがある。


四六 / 400ページ+口絵8ページ / 並製
2017年8月発売