■SEARCH RESULT

ジェシー・フィンク / AC/DC評伝
  • 在庫あり(翌日~翌々日に発送)
  • (翌日~翌々日に発送)
この商品をカートに入れる

追悼 ジョージ・ヤング&マルコム・ヤング

全世界史上2位のアルバム売上数(『Back in Black』(1980))を誇る
モンスターバンド・AC/DCはどう生まれ、その栄光を掴みとったのか。
(※1位はマイケル・ジャクソン 『Thriller』)

Metal Master Metalにて紹介されました!
NME JAPANにて紹介されました!

amassにて紹介されました!

ニューヨーカー誌からMOJOまで、
幅広い媒体で絶賛、14年度米で最も評価された音楽書。


MUSIC BOOK OF 2014 - AllMusicBooks.com (USA)、1位
ROCK BESTSELLER - USA, UK, Denmark, Italy and Germany、1位


評論家の辛辣なコメントには耳を貸さず、
40年以上同じスタイルで、
ひたすら無骨でシンプルなハード・ロックを奏で続けてきたバンド、AC/DC。

そのロゴを使ったTシャツやグッズは、今なお、市場に溢れているものの、
バンド自体、日本では過小評価されている。

本書では、AC/DCを創設した3兄弟、
ジョージ・ヤング(プロデューサー)、マルコム・ヤング(リズム・ギター)、アンガス・ヤング(リード・ギター)、
に焦点を当て、AC/DCをスターダムにのし上げるために、一役かった人物たちへの圧倒的な取材数を経て、音楽的背景と、ビジネス的成功の裏側を読み解く1冊。

兄弟は、AC/DCの前身とも言えるイージービーツ(The Easybeats)の失敗から、
多彩な音楽性を捨て「絶対にブレない」路線を追求していく。

そんな彼らの背景を紐解くとともに、
70年代以降のオーストラリア・ロックシーンのみならず、
当時の世界の音楽事情も垣間見ることができる。

本書を読みながら、実は“奥深い”AC/DCの音楽の世界を味わって欲しい。



翻訳: 中山美樹
 
 
A5 / 392ページ (カラー口絵16ページ)  / 並製

2018年6月発売