■SEARCH RESULT

David Toop
英国のミュージシャン/音楽評論家。
1970年代から、フリージャズ、ニューウェイヴ、ヒップホップ、アンビエント、テクノイズなど作風を変化させてきた先鋭的なミュージシャン。ブライアン・イーノ、デイヴィッド・カニンガム、ジョン・ゾーン、細野晴臣などとの共作もあり、トゥープは音楽シーンにおいて、一種の触媒としての働きをしてきた。
多くの著書(ヒップホップ研究の先駆けとなった『Rap Attack』、エキゾチックミュージックの研究書『Exotica』、サウンドアートについての『Haunted Weather』など。邦訳には『音の海』がある)、コンピレーション『Ocean of Sound』などを通して、ジャンルを横断した自由なリスニングスタイルを提案、世界中の音楽リスナーに大きな影響を与えた。

1件中1-1件目
デイヴィッド・トゥープ / フラッター・エコー 音の中に生きる
  • フラッター・エコー 音の中に生きる

  • DAVID TOOP / デイヴィッド・トゥープ

  • 先鋭的かつジャンルレスなミュージシャンにして、世界で最もボーダーレスな音楽評論家、デイヴィッド・トゥープ。彼が自ら著した、サウンド、音楽、そして人生。  ...
1件中1-1件目