RELEASE NEWS

  • NEWS一覧を見る

2018.03.22

野崎良太(Jazztronik)が主催するカルチャープロジェクト『Musilogue』始動!一挙7タイトルがリリース!

FUJITANI ICHIRO / 藤谷一郎 / Ichiro Fujiya & Takeshi Kurihara Taroma Koshida / 越田太郎丸 / TSUBASA / ツバサ 紅雪 / 田ノ岡三郎・紅雪・高橋弥歩 Hizuru / 飛鶴 / Hizuru / 飛鶴
Frog of fog / フロッグオブフォグ / Frog way back / フロッグウェイバック BRASSIC / Patina of Brassic YURAI / 88888888  

Musilogue レーベルについて
Musilogue(ムジログ)とは、野崎良太(Jazztronik)が中心となりスタートした新しい音楽カルチャープロジェクトです。様々なジャンルで現在活躍する音楽家(ミュージシャン、作曲家、クリエイター等)が集まり音楽を研究・制作し、そして音楽を必要としている全ての方々に提供していくという目的のもと始まりました。2018年1月の時点で約80名の音楽家が賛同しています。
その最初の目的に加え、現在は幾つかのプロジェクトがMusilogue内で企画されています。その中でも1番注目されているのがMusilogueのレーベルとしての活動です。新たな分野にチャレンジした音楽を世の中に出していく事は昨今そう容易ではありません。しかし音楽家が新たな事にチャレンジしていくというのは絶対に必要な事で、尚且つそういう活動の中から新たな音楽カルチャーが生まれてくるとMusilogueは考えています。その考えに賛同する音楽家同士が集まり、ジャンルを問わず様々な音楽を創造し発表していくのがこのMusilogueレーベルです。

Musilogue レーベル発売記念企画
2018年3月21日発売の下記7タイトルから、2タイトルお買い上げで
購入特典サンプラーCD-Rプレゼント!
※Musilogue音源を使った未発表remix (Jazztronik,Ryo Kawahara)も収録。

対象タイトル
ML001 Ichiro Fujiya & Takeshi Kurihara / Elephant and a barbar
ML002 Taroma Koshida / TSUBASA
ML003 田ノ岡三郎・紅雪・高橋弥歩 / 秘色の雨
ML004 Hizuru / 飛鶴
ML005 Frog of fog / Frog way back
ML006 BRASSIC / Patina of Brassic
ML007 Yurai / 88888888
▼▼リリースタイトルはこちら▼▼
FUJITANI ICHIRO 藤谷一郎
Ichiro Fujiya & Takeshi Kurihara

FUJITANI ICHIRO / 藤谷一郎 / Ichiro Fujiya & Takeshi Kurihara

野崎良太(Jazztronik)が主催するカルチャープロジェクト『Musilogue』始動!!
日本発、アンビエントミュージックやポストクラシカルの雰囲気を漂わせるディープなアンビエント・ジャズの誕生!!
音楽の進化と可能性を感じる1枚。

Musilogue第1弾アルバムとしてベースプレイヤーの藤谷一郎、SAX奏者の栗原健による“Elephant and a barbar”を制作しました。元々は彼らのLive会場のみでの販売目的で作られましたが国内外で大変好評の為CDをリリースする事になりました。藤谷一郎はこの10年ほどJazztronikサウンドを支えそして様々なJ-POPの現場でも活躍している名プレイヤー。栗原健は様々な活動を経て、現在は自身の活動に加えSoil&pimp sessions、Kyoto Jazz Sextet、Jazztronik等で活躍している要注目プレイヤーです。野崎良太はpianoとrhodesで参加。その他に89では作曲を担当しています。空間系のギターを担当するのは東京のアンダーグラウンドシーンで活動を続ける井上新。Bonus trackには若手のクリエーター川原亮を起用。
全体を通してdeepでjazzyでそして心地の良いアンビエントミュージックやポストクラシカルの雰囲気を感じる事が出来る、彼ら流のAmbient Jazzアルバムに仕上がっています。そんな音楽の進化を感じる1枚です。

【Member】
Bass: Ichiro Fujiya 藤谷一郎
Sax: Takeshi Kurihara 栗原健
Erectric guitar: Arata Inoue 井上新
Piano: Ryota Nozaki 野崎良太
Remix: Ryo Kawahara 川原亮

インタビュー:https://musilogue.amebaownd.com/posts/2700895

【Credits】
Recorded Shinjiro Ikeda
Mixed  Shinjiro Ikeda
Masterd Shinjiro Ikeda
Recorded at Monogram sounds


Taroma Koshida 越田太郎丸
TSUBASA / ツバサ

Taroma Koshida / 越田太郎丸 / TSUBASA / ツバサ

野崎良太(Jazztronik)が主催するカルチャープロジェクト『Musilogue』始動!!
センスと技術を併せ持つ日本人ミュージシャンの見事な折衷技による新たな『Japanese Brazilian』サウンドの誕生。

Musilogue第2弾アルバムはギタリスト越田太郎丸を中心に、ヴァイオリンに沖増菜摘、ドラムに大槻KALTA英宣、ピアノ&キーボードに野崎良太(Jazztronik)というメンバーで制作されました。アルバム全体を通して越田自身が得意とするブラジル音楽を土台としたサウンドとなっています。ギターとヴァイオリンが交互に奏でる親しみやすく綺麗なメロディー、そこにブラジル音楽を真似るだけではない独自のビートが加わり新しいサウンドを作り上げています。アルバム中盤にはsolo pieceと題したギターソロ曲3曲も収録されています。こちらはMusilogue第1弾アルバム『Elephant and a barbar』でMusilogueが提示したアンビエントジャズといった心地よいサウンドを披露しています。また今作ではremixに、前作にも参加の新進気鋭の若手クリエイター川原亮、そして宇宙科学技術館に楽曲提供をするなど活躍している鎌塚順二を起用。本編の延長上にふさわしいサウンドを披露してくれています。技術とセンスの両方を持つ日本人ミュージシャンの見事な折衷技により新たな『Japanese Brasilian』サウンドとして昇華されたアルバムです。

【Member】
Guitar: Taroma Koshida 越田太郎丸
Violin: Natsumi Okimasu  沖増菜摘
Piano&Rhodes :Ryota Nozaki 野崎良太
Drums: Hidenobu KALTA Otsuki  大槻KALTA英宣

インタビュー:https://musilogue.amebaownd.com/posts/2712234

【Credits】
Recorded Shinjiro Ikeda
Mixed  Shinjiro Ikeda
Masterd Shinjiro Ikeda
Recorded at Monogram sounds


紅雪
田ノ岡三郎・紅雪・高橋弥歩 

紅雪 / 田ノ岡三郎・紅雪・高橋弥歩

野崎良太(Jazztronik)が主催するカルチャープロジェクト『Musilogue』始動!!
アコーディオン・箏・SAXの美しいアンサンブルによって日本のインストゥルメンタルミュージックの歴史が新たな幕を開けた。

幅広いフィールドで活躍するアコーディオン奏者の田ノ岡三郎、海外でも活動をする箏奏者の紅雪、"題名のない音楽会"等への出演で注目を集めるSax奏者の高橋弥歩、この3人が集まり和洋折衷の新たな音楽を目指し『秘色の雨(ひそくのあめ)』が制作されました。
非常に稀なこの組み合わせから生みだされた音楽は決して奇を衒ったものになるのではなく、その新しく刺激的なサウンドは既に国内外で非常に高い評価を得ています。Jazz、World music、nujazz、古典音楽、そしてアンビエントミュージックまでも消化したこの3人の音楽によって日本発の新たなインストゥルメンタルミュージックが誕生しました。

【Member】
箏: 今西紅雪
アコーディオン:田ノ岡三郎
Sax:高橋弥歩

インタビュー:https://musilogue.amebaownd.com/posts/3108806

【Credits】
Recorded Shinjiro Ikeda
Mixed  Shinjiro Ikeda
Masterd Shinjiro Ikeda
Recorded at Monogram sounds


Hizuru 飛鶴
Hizuru / 飛鶴

Hizuru / 飛鶴 / Hizuru / 飛鶴

野崎良太(Jazztronik)が主催するカルチャープロジェクト『Musilogue』始動!!
日本の美。音楽によって描かれた自然と精神。飛鶴の奏でる音楽は失われつつある美、そして、受継がなくてはならない美を具現化している。

Hizuruとは、野崎良太(Jazztronik)の提案により始まった”純邦楽と現代の音楽との融合により新しい音楽を創造する”音楽プロジェクトです。ロックやJポップの世界でも見る機会が多くなってきた純邦楽器。しかしまだまだ純邦楽には可能性があるのではないかという思いからこの『飛鶴 / Hizuru』は制作されました。そのメンバーも多彩な顔ぶれとなっています。箏の世界でその名を馳せる吉崎克彦氏の長女であり箏奏者としての活動を行う明日佳。尺八奏者の田辺頌山氏を父に持ち自身も尺八奏者として様々な活動を続ける田辺しおり。三味線には、日本各地の神楽や祭礼を取材しその旋法・リズムなどを取り入れた独自の音楽を作り続けている木村俊介。SaxにJazztronikやSoil & Pimp Sessions, Kyoto Jazz Sextet等で活躍する栗原健。ベースには長年ヴァイオリニスト葉加瀬太郎氏のサポートを続けJazzやタンゴなどのシーンでも活躍を見せる西嶋徹。コーラスには初期JazztronikのvocalをつとめたYurai。ギターには東京のアンダーグラウンド音楽カルチャーシーンで活動を続け独自のスタイルを貫く井上新。ドラムにはポップスからジャズまで幅広いシーンの第一線で活躍する波多江健。DJの沖野修也氏曰く「日本の音楽史における事件なのではないだろうか?」との今作は、今を生きる音楽家による新しい純邦楽で、奇を衒うことなく日本人が日本人らしく音楽を作ったアルバムになっている。

【Member】
ピアノ、キーボード、シンセサイザー:野崎良太
箏: 明日佳
尺八:田辺しおり
三味線:木村俊介
Sax:栗原健
Cho : Yurai
Electric guitar:井上新
Bass : 西嶋徹
Drums 波多江健

インタビュー:https://musilogue.amebaownd.com/posts/3513985
沖野修也ライナーノーツ:https://musilogue.amebaownd.com/posts/3514072

【Credits】
Recorded Shinjiro Ikeda
Mixed  Shinjiro Ikeda
Masterd Shinjiro Ikeda
Recorded at Tago Studio


Frog of fog フロッグオブフォグ
Frog way back / フロッグウェイバック

Frog of fog / フロッグオブフォグ / Frog way back / フロッグウェイバック

野崎良太(Jazztronik)が主催するカルチャープロジェクト『Musilogue』始動!!
Jazzの王道からアンダーグラウンドまで、様々なバックボーンを持ったミュージシャンが集い到達したnujazz sound。

若手注目トランペット奏者の真砂陽地を中心にドラムに狩野丈二、ギターに井上新、ピアノに田中和音、ベースに石原雄介の5人で結成されたユニット"Frog of fog"の1st Albumとなっています。Musilogueとしては珍しく全体を通してFunkyなサウンドとなっています。この5人は大きく分けて2つのタイプに分かれます。バークリー音楽大学に通っていた石原のプレイはもちろん、真砂、田中の3人のプレイはJazzを基本にしています。しかしそこに絡む狩野丈二が刻む独自のビート、Musilogueサウンドを支え続ける井上新によるone and onlyな空間系ギターがこの”Frog of fog”のサウンドをただのJazzでは終わらせずNext levelに昇華させています。真砂陽地は過去に”オーサカモノレール“に所属していた事もあります。狩野丈二はJazztronikの初代ドラマーとしても知られています。そして日々東京のストリートでもその演奏を披露し自身の鍛錬に励んでいます。このアルバムでは真砂の作曲家としての才能も存分に発揮されています。

【Member】
Trumpet: 真砂陽地 Yochi Masago
Piano: 田中和音  Kazune Tanaka
Electric guitar: 井上新  Arata Inoue
Bass: 石原雄介 Yusuke Ishihara
Drums: 狩野丈二  George Kano

インタビュー:https://www.musilogue-showcase.com/interview

【Credits】
Recorded Shinjiro Ikeda
Mixed  Shinjiro Ikeda
Masterd Shinjiro Ikeda
Recorded at Studio TLive




BRASSIC
Patina of Brassic

BRASSIC / Patina of Brassic

野崎良太(Jazztronik)が主催するカルチャープロジェクト『Musilogue』始動!!
Jazz, Funk, Club, Latinの各シーンで活躍するトップミュージシャンが集結して創り上げたBrass & Beats アルバム。聞いた人を皆Happyにさせる1枚。

BRASSICとは、Musilogue第6弾アルバムへ向けて結成されたブラス&ドラムのバンドです。Saxには「Jazztronik」や「Soil&Pimp Sessions」などをレギュラーでサポートし続ける一方、自身の活動にも力を入れている栗原健、管楽器3人組の「Fire Horns」で活動を続ける近藤淳也、そしてMusilogue第3弾アルバム『秘色の雨』にも参加をした高橋弥歩。トランペットには、Musilogue第5弾アルバム『Frog way back / Frog of fog』でnujazzサウンドを披露、そしてファンクバンド「オーサカ=モノレール」に所属した経験も持つ真砂陽地。トロンボーンにはオルケスタ・デ・ラ・ルスの現メンバー前田大輔。スーザフォンには、ニューオリンズサウンドの新たな形を追求し続ける平木真由子が参加しています。ドラムには人気バンド「Cro-Magnon」より大竹重寿。この7人による斬新かつFunkyでJazzyでnujazzなサウンドをお届けします。

【Member】
Sax: 栗原健 Takeshi Kurihara
Sax: 近藤淳也 Junya Kondo
Sax: 高橋弥歩 Takahashi Hiromu
Trumpet: 真砂陽地 Yochi Masago
Trombone: 前田大輔  Daisuke Maeda
Sousaphone: 平木真由子  Mayuko Hiraki
Drums: 大竹重寿  Shigekazu Otake

YURAI
88888888

YURAI / 88888888

野崎良太(Jazztronik)が主催するカルチャープロジェクト『Musilogue』始動!!
唯一無二の声の持ち主が創り出す無限に広がる音楽の世界。ここには人間の声の魅力そして可能性が存分につまっている。

唯一無二のVocalistとして活躍するYuraiのソロアルバム『88888888』。無限大と題されたこのアルバムの名前の通りYuraiは彼女自身の声のみによって無限に広がる宇宙を感じさせる音楽を創り上げました。Yuraiの作り上げるハーモニーというのは、楽譜に表記できない、12音では解決できない、そんな民族音楽の持つ独特な要素を感じさせます。今作は、人間の声の魅力そして可能性を存分に表現したアルバムであり、まさに彼女でしか創り上げられない作品となっています。時折聞ける効果音はMusilogue発起人の野崎良太とMusilogueからリリースされる作品の録音&ミックスを全て担当しているエンジニア池田新治郎によるものです。

【Member】
Yurai : Vocal
Ryota Nozaki : SE
Shinjiro Ikeda : SE
(全10曲収録予定)

1976 年山形県生まれ。 祖父は宮城県古川市(現在大崎市)の俳句会会長。母はクラシックピアノと歌の教師であったので、母のお腹の中でレッスンを受けた。母には「好きな事を一生懸命やりなさい」と言われ育てられる。幼少から好きな歌があるとコピーして歌うのが好き。小学5年生の時には久保田利伸のアルバム全曲を完コピした。その後メジャーな洋楽に没頭。高校時代からJazz Dance、バレー、Street Danceに夢中になる。音楽はBlack Music、Hip Hop、R&B、Asid Jazz に没頭。大阪で開催されている Japan Dance Delight Vol.2 全国大会に東北・北海道代表として参戦。
1996年から2000年までNYに住む。Faizil Studio、Faretta Studioで、House、African Dance、 African Jazz Dance等のDance Lessonを受ける。当時全盛期のNY House、Neo Soul他幅広い音楽に出会い没頭する。97年全米の日本人のコンテスト、Go East ContestでErykah Baduの“Tyrone”を歌い3位、賞金1000$を獲得。98年アミューズプロダクションとアーティスト専属契約。NYのExecutive Director大橋慶子にYuraiと名付けられる
2000年、Haitian House Producer Jephte GuillaumeのTet Kale Recordsより12inch “Love Light”を Release。2001年にはNYでFreedom L Lyles、Rufus Blaq、Mike Warner、Jephte Guillaum ProduceのMini Album “Heaven”を製作もサンプルのみでReleaseならず。2000年秋より東京に移住。2001 年 Jazztronik Remix Album “Tender Vision”に参加。 その後7年に渡り様々な作品、Live、ツアーに関わる。2003年Producer Ide KojiとのユニットDe La Funkeとして、Album “Orientarhythmo”、Jazztronik、Joe Claussell Remixの12inchをRelease。同年、青山Club Loopの営業時間外にDJ Mochizukiを含む7人のMusicianが集まり毎週Free Sessionを続けバンドLoop Sessionを結成。2005年3月にIncognito Bluey、Mark De Clive-LawとのGuest Session曲も収録したAlbum、“Bad Soup Hidden”を Release。2003年から2005年まで全米Jazz Chart9位“So Far Away”を作曲したSax奏者神崎ひさあきのLiveに出演。 2006年より鍵盤&Producer堀越昭宏Band、”XS”のVocalとしてLive、Session、アルバム作品に参加。2010年9月Mini Album ”Vimana The Spaceship”がReleaseされる。
2012年よりDancerやBeatboxer、DJ、Musician、映像クリエーター等様々なアーティストが出演するイベント”EN”に出演。他多数のアーティストの作品、Liveに参加。ツアーバックコーラスやボーカルレッスンなどのサポートととしての仕事や、CMや劇場版、ゲーム音楽など様々な所へ声を提供している。

NEWS一覧はこちら


5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

お支払い方法

当店ではオンラインクレジットカード決済、PayPal決済、佐川急便の代金引換をご選択いただけます。

■クレジット決済の場合
以下のクレジットカードがご利用いただけます。

クレジットカード

■PayPal決済の場合
ペイパルにクレジットカード情報を登録しておけば、IDとパスワードだけで決済完了。クレジットカードのポイントは通常通り付与されます。

PayPal

■代金引換の場合
代金引換は佐川急便株式会社のe-コレクトとなります。代金は商品お届け時にお支払いください。

詳細を見る

配送方法

■ 佐川急便(宅配便)
安心、確実、信頼の佐川急便にてお届けします。
以下の配達希望時間帯をご指定可能です。

お届けの時間帯

■ ネコポス
ネコポスはお客様の受領印を必要としない為、荷物をポストに投函させていただきます。
ポストがない場合、ポストが小さすぎて投函できなかった場合チャイムを鳴らしお客様へ手渡しとなりますが、お客様が不在の場合は不在票を残し商品は持ち帰らせていただきます。 但し宅配BOXがあれば宅配BOXに入れ不在票を残します。※不在票を残した荷物の再配達は翌日以降となります。

詳細を見る

送料について

■宅配便の場合全国一律432円(税込)、ネコポスの場合は全国一律292円(税込)の送料を頂いております。 5,000円(税込)お買い上げのお客様は、宅配便送料を無料とさせて頂きます。

■代金引換の場合
代金引換は佐川急便株式会社のe-コレクトとなります。代金は商品お届け時にお支払いください。 代引手数料は以下のように計算されます。

商品代金+送料 代引手数料(税込)
税込1万円未満 324円
税込1万円~3万円未満 432円
税込3万円~10万円未満 648円
税込10万円~30万円未満 1,080円


酒類の販売について

お酒は20歳になってから。
未成年者への酒類の販売は固くお断りしています。
「酒類販売管理者標識」はこちらからご確認いただけます

ページTOPへ戻る