NEWS

  • NEWS一覧を見る

2017.05.02

【PUNK担当オススメの1枚!!】 月刊特集「俺の~シリーズ(EMO編)」

「俺のEMO」

ディスクユニオン各店パンク・スタッフが「思い入れ」だけでセレクトした"EMO"

【5/3 (水・祝)~】EMO特集2017開催!
詳細はコチラ↓↓


※画像クリックで商品をご覧いただけます。
ARTIST : EVERSOR ARTIST : YOU BLEW IT!
TITLE : BREAKFAST CLUB
TITLE : GROW UP, DUDE
 担当者 : 渋谷パンク・へヴィメタル館 / 小林  担当者 : お茶ノ水駅前店 / 川角

後にTHE MILES APARTへと発展するイタリアン・バンド。1998年に10インチでリリースされたミニアルバムが、LOVEMENとのSPLIT収録の2曲と、DOGPRINT RECORDSからの単独7インチの3曲を追加収録し、300枚限定のLPサイズでアナログ再発。久々に聴きましたが、やはりいいですね。所謂EMOバンド等とは一線を画す、歌心あるボーカルと、疾走感溢れる楽曲が素晴らしい。注目は来日時の写真をフルカラーで多数掲載したブックレット。初来日からもう20年ですか、早いものですね。THE MILES APARTの1stアルバムもボーナスを加えアナログ再発されましたので合わせてどうぞ。


 
もはや説明不要の名レーベル、TOPSHELF RECORDS からリリースされたフロリダ産 90's エモリバイバルバンドYOU BLEW IT!の1stアルバム。一見インディーロック感の強いアルバムかとおもいきや、所々にこれぞエモ!なアルペジオが散りばめられていて、グッドメロディ。尚且つ歌もめちゃくちゃうまくて目頭が熱くなる1枚。この作品の次からInto It. Over ItのEvan Weiss によるプロデュースによってよりバンドとしての完成度もどんどん上がっていくわけですが、最新作にはないようなこの作品の初期衝動というか荒っぽさがまた最高なんです。ALGERNON CADWALLADERからAMERICAN FOOTBALLまで、あらゆるエモ好きにおすすめしたいバンド。2017年夏前に来日ツワーも決まっているのでお見逃しなきよう!エモリバイバルムーブメントの重要なバンドになること間違いなしです!

ARTIST : BLUEBEARD
ARTIST : CAP'N JAZZ
TITLE : BLUEBEARD(REMASTER REISSUE)
TITLE : ANALPHABETAPOLOTHOLOGY
 担当者 : 営業部 / いまきん  担当者 : 新宿パンクマーケット / 中村
高校時代はGOING STEADYと銀杏BOYZに全てを捧げ、その後は西荻ワッツ辺りをフラフラ。そして二十歳くらいで完全なる後追いで衝撃を受けまくったMAN★FRIDAYやTHERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUT(もちろんSWIPEも!)、envy、ninedayswonder、kularaといった90年代後半のハードコアシーン。この"bluebeard"というバンドは、その界隈で活動しており自分が初めて『emo』という言葉を意識したバンド。ゼアイズが発行していたシンキョウというファンジンでは何度も同じインタビューを読み、愛するが故に音源をコンプリートし、あとはとにかくヒくくらい聴き狂った(髪型もマネしたし今思えばなかなかの気持ち悪さだなと思う)。パンクというジャンルでは語弊があるかもしれないけど、その圧倒的な"歌唱力"は他のバンドとは違うベクトル(表現方法)の"emo"を感じることができたし、やりすぎない展開の中で拘り抜いたアイデアの数々(というかメンバー各々の個性か。ほぼ一人で曲を作っていたらしいけれども…!)、大きく影響を受けたというTEXAS IS THE REASON, Sunny Day Real Estate系譜ながら日本人らしい耳に残るメロディまで…、全く隙のない世界観が確立されている。今聴いても古臭さを感じることはないし、美しいだけではなくどこか儚いうえにしっかりとパンク感を内包しているところまでグッとくる。期間限定の再結成(2015年)での再評価云々ではなく、この作品は後世まで語り継がれてほしいジャパニーズエモの金字塔でしょう。初期の単独7インチも、ninedayswonderとのスプリット7インチもまた違ったテイストでかっこいいのでチェックしてみてほしい。自分が特に影響を受けたギター/ボーカルの高橋良和氏は、AS MEIASを経てRENAを結成し、今も現役バリバリ。再結成以外で見ることができなかった自分としては、ゼアイズ&クララ復活の日にAS MEIASで1曲だけブルビをカバー?コピー?をしたのを目撃できたのはいい思い出。さらに余談だけど、なかなかレアいデモテープ(2曲入り)には名曲「room501」の歌詞が載っているとかいないとか。My room is at the end of this corridor....... EMOとは何なのか。近年エモという言葉が市民権を得てそう考えることがしばしばあります。何なんでしょうかね?今回EMOを語る上で欠かせないバンド、私はCAP’N JAZZを挙げさせていただく。先日再結成も発表されましたね。キンセラ兄弟を始め、promise ringやGhosts and Vodkaと言ったバンドを後に結成していく面々のルーツとなるバンドそれがCAP’N JAZZ。今更何を評価しろって話だが、00年代半ば以降に訪れたエモリヴァイヴァルムーブメントは間違いなくCAP’N JAZZに影響を受けているバンドで溢れていた。90年代への憧れ、2010年代後半も尚も抱き続けている人は多いであろう。数多のCAP’N JAZZスタイルのバンドが出てきて、どのバンドもカッコよかったが、オリジネーターには敵わない、このディスコグラフィー聞いとけばいいだろ感はあった。1曲目から青臭さ全開のlittle leagueシンガロング必至で、その後も疾走感溢れっぱなし、こちとらよだれを垂らしっぱなしですよ。EMOを聴かないでエモい、エモいって単語使うやつは取り敢えずこのCAP’N JAZZのディスコグラフィー聴いとけって話です。

EMPIRE! EMPIRE! (I WAS A LONELY ESTATE) / You Will Eventually Be Forgotten
ARTIST : GET UP KIDS ARTIST : EMPIRE! EMPIRE! (I WAS A LONELY ESTATE)
TITLE : FOUR MINUTE MILE TITLE : You Will Eventually Be Forgotten
 担当者 : 新宿パンクマーケット / 石谷  担当者 : 渋谷パンク・へヴィメタル館 / 牧野
密かに片想いしていた1個上の先輩と付き合うことができ、浮かれてた19歳の頃。家族が寝静まった夜中、こっそり家を抜け出し親の車を勝手に拝借して、毎日のように片道30分かけて会いにいく若さが成す生活。持ち始めたばかりのPHSで到着したことを伝えると、部屋着にマフラーをまいた彼女が寒そうにしながら小走りで車にやってくる。どこに行くわけでもなく、ただただ止まった車の中で馬鹿な話で笑ったり、喧嘩したり、あんな事やこんな事、冬場には窓が曇るなんて事もしばしば。あっという間に過ぎていく時間。そんな中。2年程たった頃。大好きで大好きでしかなかったが為に、彼女には自分よりもっとふさわしい人がいるんじゃないかという、今では到底考えつかない青さ故の思考回路に陥り別れを決意。いつもの助手席に座る彼女は泣きじゃくり、嫌われるよう悪者を演じるも演じきれず、振り切るように彼女を降ろし、車を走らせる。カーステから流れる"NO LOVE"。"I don't want you love me anymore"に我慢できず路肩で停車。 90年代のEMOやキンセラ兄弟を中心としたシカゴ音響がなければリバイバルも糞もなく、様々な解釈、語彙も生まれなかったのです。定番を格好良いと言えない風潮はどこにでもあるし、EMOとはなんぞやなんてのはどうでも良いのです。YOU HAVE YOUR PUNK,I HAVE MINE。これが僕のEMOです。 「EMO」という言葉はなかなか言葉じゃ言い表せなくて、それこそ、その文字通り「EMOtional」な気持ちを表すものであり、それには種類もあり、ますます一言では言えないよなあとも思う。そんな感情の高ぶりを身をもって知ったのは、USはミシガン州のエモ・インディーロックバンドEMPIRE!EMPIRE!(I Was a Lonely Estate)の2ndにしてラスト作「You Will Eventually Be Forgotten」(15年)を聴いたときだ。国内盤は名古屋の超優良レーベルstiffslackからのリリース。作品は1曲1曲が「あるテーマ」(聴いて感じて欲しい)に基づいた短編小説のようになっている。しっとりと語り口調で歌われる歌詞に情景をプラスするのは、心をぐわっと抉るような感情を、そのまま音にしてしまったような2本のギター。時にEMO王道のアルペジオでそっと優しく、時に感情のままに激しくかき鳴らす。この感情の高ぶりこそがEMOというのかもしれない。そしてメンバーKeithの憧れのアーティストであるBRAIDのBOB NANNA、そしてMINERALのChis Simpsonがゲストヴォーカルで参加。この2人のヴォーカルパートでまたも涙。この作品は、まさしくサッド・エモの頂点。そしてこの作品を最後にバンドは解散。ショックでまたも涙。この作品を聴くならば、出来れば誰も居ない部屋で、ハンカチとティッシュを用意して聴くことをおすすめしたい。

ARTIST : AMERICAN FOOTBALL
TITLE : AMERICAN FOOTBALL (DELUXE 15 YEAR ANNIVERSARY EDITION)
担当者 : 営業部 / いまきん
自宅の風呂場で行うという謎のプレイ"チングリガエシ"で狂った性癖が露わになり、ラグビー強化選手ガチムチ芋っ子野郎でスタイリッシュ感ゼロの友人A。ある日、某高級住宅街に住むA宅へ遊びに行ったときの話。いつものようにくだらないボーイズトークをしていると、おもむろに窓際に座り、煙草を吸いだし、(かっこつけてるのか知らないけど)ウイスキーを飲み始めた。「最近オーウェンにハマってるんだよね。」「え?ああ、イングランドのワンダーボーイ??ウイイレだとオーネンだよね。」と、なんともゲーム脳丸出しの返事。「違うよ。アメフトの人がやってるやつ。知らない?」「いや、お前好きなのラグビーちゃうんかい。」という見当違い甚だしい会話をしていた20歳の夏。2年が過ぎ、大学の卒業旅行で香川に行くことになった。一人でフラフラしているとレコード屋を発見。ハンパなく見づらいLPゾーンを見ていると"american football"と書かれたレコードが!しかも2枚!!「これアイツが好き言うてたヤツのアレやんけ!せっかくだし買うたろ。青盤と緑盤あるやんけ!」てな感じだったので自分用とA用に購入。もちろんCAP'N JAZZは好きだった、けど一聴して、なぜ今まで聴いていなかったのか、なぜあのとき興味を持たずにスルーしたのか、果てしない後悔の念に駆られたのを今でも思い出す。歌詞を読まずともイメージされる哀愁の風景や、どの景色にもマッチしてしまう流麗で純然たる音選び、適度な緊張感で緩やかなサウンドかと思いきやグルーヴィーでタメの効いたリズム、核となるマイク・キンセラの歌心。パンクやハードコアが大好きだったのに、違和感無く耳にスッと入ってくるうえ、再生する度に見つかる聴きどころの多さに痺れた。もちろん来日公演では拝み倒し、emoのオールタイムフェイバリットとして今も愛聴している。ちなみにAは結婚し、もうすぐパパになる。おめでとう。


過去のシリーズはコチラ↓↓
「俺の~シリーズ(メロディック編)」
「俺の~シリーズ(サイコビリー編)」
「俺の~シリーズ(UK 80'S ハードコア編)」
「俺の~シリーズ(POWERVIOLENCE編)」
俺の~シリーズ(GARAGE PUNK編)」

NEWS一覧はこちら


5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

お支払い方法

当店ではオンラインクレジットカード決済、PayPal決済、佐川急便の代金引換をご選択いただけます。

■クレジット決済の場合
以下のクレジットカードがご利用いただけます。

クレジットカード

■PayPal決済の場合
ペイパルにクレジットカード情報を登録しておけば、IDとパスワードだけで決済完了。クレジットカードのポイントは通常通り付与されます。

PayPal

■代金引換の場合
代金引換は佐川急便株式会社のe-コレクトとなります。代金は商品お届け時にお支払いください。

詳細を見る

配送方法

■ 佐川急便(宅配便)
安心、確実、信頼の佐川急便にてお届けします。
以下の配達希望時間帯をご指定可能です。

お届けの時間帯

■ メール便
メール便はお客様の受領印を必要としない為、荷物をポストに投函させていただきます。
ポストがない場合、ポストが小さすぎて投函できなかった場合チャイムを鳴らしお客様へ手渡しとなりますが、お客様が不在の場合は不在票を残し商品は持ち帰らせていただきます。
但し宅配BOXがあれば宅配BOXに入れ不在票を残します。※不在票を残した荷物の再配達は翌日以降となります。

詳細を見る

送料について

■宅配便の場合全国一律309円(税込)、メール便の場合は全国一律205円(税込)の送料を頂いております。 5,000円(税込)お買い上げのお客様は、宅配便送料を無料とさせて頂きます。

■代金引換の場合
代金引換は佐川急便株式会社のe-コレクトとなります。代金は商品お届け時にお支払いください。 代引手数料は以下のように計算されます。

商品代金+送料 代引手数料(税込)
税込1万円未満 324円
税込1万円~3万円未満 432円
税込3万円~10万円未満 648円
税込10万円~30万円未満 1,080円


酒類の販売について

お酒は20歳になってから。
未成年者への酒類の販売は固くお断りしています。
「酒類販売管理者標識」はこちらからご確認いただけます

ページTOPへ戻る