DRUNK DRIVING / ドランク・ドライヴィング

DRUNK DRIVING ドランク・ドライヴィング

封入特典:ステッカー / 伝説的ジャンク・ノイズバンド、ミッシング・ファウンデーションの基盤となったバンド 1983年幻のカセットテープを世界初再発CD化

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

1,650円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 再入荷
レーベル
SLUG TAPES
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
SLUG008
通販番号
1008815644
発売日
2024年04月03日
EAN
4988044848481
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

封入特典:ステッカー



伝説的ジャンク・ノイズバンドであるMissing FoundationのフロントマンPeter Missing、Missing FoundationのオリジナルドラマーであるChris Egan、Sonic Youth,Pussy GaloreのBob Bertが結成し、Missing Foundation以前に活動、Missing Foundationの基盤となったバンド”DRUNK DRIVING” 、その”DRUNK DRIVING”が1983年に1本だけ残した幻のカセットテープを世界初再発、CD化


略歴
ピーター・ミッシングとクリス・イーガン、ボブ・バート等によりニュージャージー州ホーボーケンにて1980年結成。1981年よりニューヨークに活動拠点を移し、毎週ニューヨークでSWANSやSONIC YOUTH、HEART ATTACK等と共にライブを行いニューヨークアンダーグランドの一翼を担う。やがてボブ・バートはソニック・ユース・プッシーガロアでの活動に専念するため脱退したがピーターとクリスはメンバーを入れ替えDRUNK DRIVINGを継続、1983年にファースト・アルバムであり唯一の音源となる今作をニューヨークのダブウェイ・スタジオでレコーディングし自主でカセットリリースした。
その後間も無くピーター・ミッシングとクリス・イーガンはDRUNK DRIVINGを解散し、1984年にMissing Foundationを結成する事となる。
DRUNK DRIVINGの情報は極端に少なくアーティスト公式の写真はただ一枚しか現存せず、唯一の録音作品であるこのカセットも幻の商品としてコレクターの間で100$前後で取引されて来た。


コメント
1980年代初頭のNYのアンダーグラウンドシーンは狂っていた。
当時のNYシーンはごく小さなアンダーグラウンドがあり、スカム、パンク、ハードコアがごった煮になっていた。俺は当時CHOP SHOPというバンドに在籍していて、SCRATCH ACIDやBUTTHOLE SURFERS、SONIC YOUTH等とタイバンしていたんだ。
そこでDRUNK DRIVINGに出会ったんだ。
彼らはステージ上で非常に激しく、また非常に雑な演奏だったが本当に強烈だった。
Peter Missingは素晴らしいフロントマンだったよ。
ライブパフォーマンスを例えるなら、ハードコア、パンク、ブルースの融合でPUSSY GALOREにとても似ていた。音はとても騒々しいが演奏は集中していた。パンクシーンの一部でありながら外見はGlenn Brancaが居たRAT AT RAT RやHI SHERIFFS OF BLUEに近かった。
時にはほとんどNO WAVEに近い演奏もあった。観客との交流も多く、「不法占拠者パンク」の雰囲気だった。
しかし、アウトサイダー/エクスペリメンタル・ロックの枠組みの中では誰よりも攻撃的だった。
当時の音で最も近いのはSWANSとRAT AT RAT Rだろう。
まだどちらも当時は全く人気がなかったけどね。
DRUNK DRIVINGは真のアンダーグラウンドだった。そしてとてもアウトサイダーだった。

Joe Truck (The Black Scorpio Underground)


日本のクリエイティブなリスナー達へ。
私たちの音楽をサポートしてくれて特別に感謝しています。
私の最初のレコーディングをCDでリリース出来ることを大変嬉しく思います。
ノイズ、政治、そして音楽への愛を発信するHumanity RecordsとSLUG TAPESに注目してくれ。

Peter Missing (Missing Foundation)


Photo by Ellen rosenholtz

ソングリスト

  • 1. Warsaw Jack
  • 2. Laughing Killer
  • 3. Hero Of Our Time
  • 4. Into Light
  • 5. Animal Lover
  • 6. Jah Blah Blah