EARTH HORNS WITH ELECTRONIC DRONE (3LP) / アース・ホルン・ウィズ・エレクトロニック・ドローン (3LP)

YOSHI WADA ヨシ・ワダ

6/19(金)~開催!EM Recordsフェア2020: 対象商品1点ご購入で非売品MIX-CDプレゼント

  • レコード
  • 売切
  • (注文不可)

5,500円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
  • 特典付
レーベル
エム・レコード (em RECORDS)
国(Country)
JPN
フォーマット
LP(レコード)
規格番号
EM1081LP
通販番号
RY121228-YW-01
発売日
2013年01月29日
EAN
4560283219811
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

3LP版2013年リプレス:
新たにインナースリーブ6 面にわたって未発表写真(カラー写真も!)と貴重な関連図版を掲載した新装版!



天知る地知る、人ぞ知る、これこそ冥界から人類救済のためにもたらされた福音の音楽である ! ヨシ・ワダ探索の最後を飾る最終兵器 『アース・ホルン』。アルプスホルン風 (というにはジャンクな印象だが) の3~10Mの特殊な自作管楽器4本と電子音ドローンによる、展開もほとんどなく一定の長さの持続音をそれぞれの奏者が奏でるこの驚愕の内容は、まさにラモンテ・ヤングの70年代初頭までの演奏風景の延長にあるものだ。例えばラモンテの63年の作品 「高圧線トランスの第2の夢」 の84年の改作のCD (GRAMMAVISION R2-79467)を聴いてみればあまりに自明。しかも、CD版ではダイジェストになっている、およそ3時間の演奏すべてを収録したLP3枚組 ! 本作は1972年のコンポジションであるから、まさしくラモンテの共同体にいた時期であり、その影響をマトモに受けたことがうかがえる。

アルプスホルンという楽器での演奏というのも絶妙だ。その姿はすでに作品の本質を示している。まだ後年の 「ラメント・フォー・ザ・ライズ・アンド・フォール・・・」 のディープ・ヴォイスのような空間への眼差しは見られないが、バグパイプに移る前段階であることは間違いない。むしろ楽器として完成されたバグパイプに対して、本作の挑発的とさえ言える珍奇な楽器群とその演奏風景にはシアター的要素も感じられ、このあたりもラモンテの影があるのかもしれない。

このあまりにも極北な作品は、中途半端なつきあい方を拒絶するであろう。その素晴らしさに涙し、抱いて寝るしかない ! 35年の時を経て抱かれる日がやってきたヨシ・ワダは、本当に幸せ者である。

およそ3時間の演奏すべてを収録したLP3枚組の本作を頭から終いまで全部聴くことの価値はいうまでもなく、当時の記録写真はその大判サイズでこそ鑑賞に値する。

★伝説の1974年録音、世界初リリース
★96KHZ/24BIT デジタル・リマスター
★日本語・英語解説/貴重写真資料掲載
★ジョージ・マチューナス作の1975年のイベント用ポスター(デザイン最高 ! )の複製封入(LPエディションは原寸大サイズ)

特典詳細情報

6/19(金)~開催
♪em recordsフェア2020♪
Soi48非売品MIX CD『Saiyo at Home』プレゼント・キャンペーン!


エム・レコードの商品をお買い上げ方に、もれなくSoi48のサイヨーのみのスペシャル非売品MIX CD『Saiyo at Home』をプレゼント!枚数不問!1枚からでも差し上げます!

※商品の発送は6/19(金)以降となります

貴方はタイで開発された必殺のEDM<サイヨー>を体験したか?

今回、エムのスペシャル・ラインで制作したのは、Soi48初のサイヨーのみのロング・ミックスかつサイヨー史上初のCD(プレスCD)『Saiyo at Home』だ。(注:基本、サイヨーはプロデューサーかDJのHD内に秘められ、サブスク上にもない)

コロナ禍以降、もう以前の世の中に戻れなくなったことは受け入れるしかないし音楽現場にも変化は不可避。しかし!それでもわたし達はダンスミュージックが、ベースミュージックが死ぬほど好きだ!ただ無心で浸っていたい!その欲求不満を少しでも晴らすべくSoi48に協力を要請。自粛期間中に突如開催された伝説的なSoi48のサイヨー・インスタ・ライブMIXのマスター音源に、更にもっと高純度な覚醒音源をボーナスに付けた非売品CDを制作した。

このミックスには自粛期間中のタイで作られたCOVID-19ネタ(コロナ~!連呼のアレ)、カンボジア発でタイに到来しフューチャー・ベースからピン・プラユックの現場まで伝播した人気曲「NEW MELODY」、大量のヴァージョンを生み、サイヨー箱で必ずかかるビック・チューン通称「KB」(日本だとTIK TOK内でCeline「手振りダンス」として流行)などサイヨー定番の数々に、Soi48がサイヨー・プロデューサー達から直ゲットした闇チューンをミックス。サイヨー・グルメのダンサーやDJは、サイヨーの音が刻々変化していることも発見するだろう。

サイヨーを家で聞くのはバカだ。と最初思った。でも、やってみなきゃ分からないことはある。いまだ現地で最下層の聴く音楽と蔑まれハイソーエリアでは禁止されているサイヨーを家で聴くスリリングさ、そんな下品で贅沢な時間をお届けできればと思います。再びクラブに入り浸れるのはいつ?タイに行けるのはいつ?イメージと音感覚を忘れないようお手元においてお楽しみ下さい!OMKチャス!!

▼対象商品はこちら