入荷♪ 日本各地の祭りや神楽といった民俗芸能とB-BOY的感性がケミストリーを起こしたSUGAI KENの最新作

  • NOISE / AVANT-GARDE
  • 予約ニュース
  • 2018.04.25

    • LINE

    • メール

    [Artist] SUGAI KEN [Title] TELE-N-TECH-DA / てれんてくだ

    日本各地の祭りや神楽といった民俗芸能とB-BOY的感性がケミストリーを起こした最新作!!



    RVNG Intからアルバム「UkabazUmorezU (不浮不埋)」をリリースしたばかりのSUGAI KENが、早くも新作をリリース! 今度はチベットや中国雲南省などのフィールドレコーディングを素材にした作品でおなじみのKINK GONGのニュー・アルバムをリリースしたばかりのDISCREPANTから。

    SUGAI KENも日本各地の祭りや神楽といった民俗芸能の現場に足を運び、自ら採集したフィールドレコーディングを素材としていますが、対象への畏怖やエキゾチシズムというよりはその「間」や「空気」をある種SUGAI KEN流のシーケンスに落とし込むことのほうが彼にとって重要なのかな~という印象を受けます。つまり「祭りヤバい」「神楽ヤバい」というよりは、現場で感じた違和を彼の脳内で再現する触媒としてのフィールドレコーディングという感じでしょうか。 なのでフィールドレコーディングされた具体音も、生々しさを感じる電子音も、矢継ぎ早に浮かんでは消えて行く。決してダンサブルなビートが入っているわけではないですが、このアルバムはメディテーション用のものではなく、小躍りしながら聴くべきと思います。日本土着のファニーさ (唐突に挿入されるウグイスの鳴き声♪) や、彼がライブで見せるB-BOY的感性の発露(鉦を叩きながら観客席を練り歩くなど)が、今までの作品の中で最も良く表れている1枚です。
    • 前の記事へ

      予約♪ 米国西海岸ミニマリスト重鎮シャルルマーニュ・パレスタインの74年未発表音源が限定LPリリース

      NOISE / AVANT-GARDE

      2018.04.26

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      予約♪ スペイン産パワーエレクトロニクス新鋭がTESCO ORGANISATIONからデビュー作をリリース

      NOISE / AVANT-GARDE

      2018.04.24

    • 一覧へ戻る