予約♪ テクノやエレクトロニカ、現代のエレクトロニック・ミュージックの出発点

  • NOISE / AVANT-GARDE
  • 予約ニュース
  • 2018.09.05

    2018.09.05


    カールハインツ・シュトックハウゼン / アドヴェンチャーズ・イン・サウンド (3CD BOX)

    テクノやエレクトロニカ、現代のエレクトロニック・ミュージックの出発点と言える初期電子音楽の重要作品をコンパイルした3CD BOX!!

    日本語解説は、ノイズ / インダストリアル専門ディスク・ガイド『INDUSTRIAL MUSIC FOR INDUSTRIAL PEOPLE!!!』の著者にして、“あなたの聴かない世界”代表、持田保氏。

    ※参考音源


    シュトックハウゼンの影響力はとてつもない。 彼は音楽の構造 (形式) に新たなる可能性を見出し、わたしたちの音楽における時間、形式の概念を一変させた」ピエール・ブーレーズ

    ミュージック・コンクレート / 電子音楽における最重要コンピ『 ADVENTURES IN SOUND 』に、シュトックハウゼンとピエール・ブーレーズの代表曲を網羅した『NEW DIRECTIONS IN MUSIC』、そして『ELECTRONIC MUSIC FOR THE MIND AND BODY』と、テクノやエレクトロニカ、現代のエレクトロニック・ミュージックの出発点と言える名作群を纏めた3CD BOXが登場!!

    帯ライナー付国内盤仕様
    解説:持田保


    『ADVENTURES IN SOUND 』…
    仏ミュージック・コンクレート / 電子音楽の礎を作り出した重要作家ピエール・シェフェール"5つの騒音のエチュード"、"スタジオ"に迎えられた後の電子音楽家としての事実上の処女作品ともいえるカールハインツ・シュトックハウゼン『習作』、ヴォーカルとエレクトロニクスが一体となった『少年の歌』、クセナキス電子音響を語る上で欠かせない名作『ディアモルフォーズ』、『コンクレP-H』、フランク・ザッパが絶大な支持を寄せるなど、現代音楽に留まらない大きな影響力を持った偉大なる作曲家ヴァレーズの電子音楽を代表する 「ポエム・エレクトロニーク」などなど、ミュージック・コンクレート / 電子音楽における重要ばかりを収録。


    『NEW DIRECTIONS IN MUSIC』…
    現代音楽 / 電子音楽のパイオニア、シュトックハウゼンとピエール・ブーレーズの代表曲をコンパイルした作品集。シュトックハウゼンのミュージック・コンクレート作品"ETUDE CONCRETE"と"NR.5 ZEITMASSE(TIME-MEASURES) FOR FIVE WOODWINDS"、DAVID TUDORの演奏による"KLAVIERSUCK"4楽章、ピエール・ブーレーズによるフランスのシュルレアリスム詩人ルネ・シャールのテクストを用いた9楽章からなる"THE HAMMER WITHOUT A MASTER(主なき槌)"を収録。


    『ELECTRONIC MUSIC FOR THE MIND AND BODY』…
    電子音楽の古典ともいえる5曲を収録したEL編集のコンピレーション。テクノやエレクトロニカのまともなガイドブックならば「はじめに」のパートに必ず記載されている電子音楽の出発点。シュトックハウゼンの"コンタクテ"は文字通り「世界初の電子音楽」として有名な1曲。所謂「電子音」を想像すると肩透かしを食らいますが、奇妙なリヴァーヴと独特な暗さが衝撃的な1曲です。その他、クセナキスのオリエンタル電子パーカッションが楽しめる名曲"ORIENT-OCCIDENT"や現在のエレクトロニカとの共通点を多く見出すことのできるハンガリーのジェルジュ・リゲティの"ARTIKULATION"、ジョン・ケージの古典である"CARTRIDGE MUSIC"(この曲は世界初のライヴ・エレクトロニック・ミュージック)や"ARIA WITH FONTANA MIX"を収録。

    • 前の記事へ

      予約♪ 91年アウトサイダー・コンクレート、真のアンダーグラウンド・マスターピースが初LP再発

      NOISE / AVANT-GARDE

      2018.09.05

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      予約♪ アンドリュー・チョーク、ロバート・ヘイ、鈴木大介激賞!! マルコム・フィッシャーのピアノ・アンビエント初期作品

      NOISE / AVANT-GARDE

      2018.09.05

    • 一覧へ戻る