予約♪ キャバレー・ヴォルテールの発展の歴史を綴った7LPボックスセット

  • NOISE / AVANT-GARDE
  • 予約ニュース
  • 2019.11.01

    • LINE

    • メール

    ※限定商品の為、現在のところ入荷数未定となります。お渡しはご予約先着順とさせて頂きます。
    ※ご予約頂いても商品がご用意できない場合がございます。予めご了承のほどよろしくお願いいたします。
    ※こちらの商品は入荷日が前後する場合がございます。あらかじめご了承下さい。



    キャバレー・ヴォルテールの発展の歴史を綴った7LPボックスセットが限定リリース!!

    「METHODOLOGY '74-'78. Attic Tapes』ヴァイナル・ボックス・セットはキャバレー・ヴォルテール発展の歴史を綴ったものだ。この作品は'74年から'75年にかけて、つまり彼らの初期における実験音楽期からスタートしている。彼らの代表曲「Nag Nag Nag」や「No Escape」「The Set Up」、「Baader Meinhof」や「Here She Comes Now」そして「Do The Mussolini (Headkick)」は初めて録音された当時の音源そのままに収録されている。これらの楽曲はのちに新しい機材で再録音され、70年代後期にラフ・トレードによってリリースされた。

    キャバレー・ヴォルテールは70年代を通して英国エレクトロニック・ムーブメントの筆頭アーティストであった。最初はRichard H. Kirk、Stephen Mallinder そしてChris Watsonの3人が1973年、故郷シェフィールドにおいてオープンリールのテープレコーダーに自分らで作り出したサウンドを録音しながら遊んでいたことから始まった。彼らのやっていたことが時代的にあまりに早すぎたのか、1975年になってようやく彼らのセンスが形となって、それらの実験的サウンドを、ダダイズムや前衛芸術に触発され、チューリッヒにあるクラブの名前から取ったキャバレー・ヴォルテールという名前を使って、初めてのライヴで披露した。今回の初期レコーディング作品はその後の彼らのパワーと比べても全く劣っていない。特に比較的粗末な機材を当時使っていたと考えてもその熱量はものすごいものだ。

    『METHODOLOGY '74-'78. Attic Tapes』は、このバンドがあのパンクムーヴメント以前からその最中においてどのように進化していったか、またこのバンドの音楽が時が経つ毎に構成もよりしっかりとリズミカルな形をとるようになっていったかがわかる、非常に貴重な資料なのである。

    Pitchfork - 8.6 



    7 x standard weight clear vinyl box set
    Includes art print, designed and signed by Richard H Kirk
    Limited to 500 copies
    High definition audio download
     

    • 前の記事へ

      予約♪ カナダ発アンビエント・エレクトロニクス / ニューエイジ要注意人物C.R. GILLESPIEの傑作

      NOISE / AVANT-GARDE

      2019.11.06

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      予約♪ 第4弾!いよいよ、TG リイシュー・シリーズ完結

      NOISE / AVANT-GARDE

      2019.10.31

    • 一覧へ戻る