予約♪ 1990年のブライアン・イーノとジョン・ケイルとのコラボ作『Wrong Way Up』が、リリース30周年を記念し、待望のCD、LP再発決定!

  • NOISE / AVANT-GARDE
  • 予約ニュース

2020.06.26

  • LINE

  • メール
ブライアン・イーノが90年代に世に送り出したコラボレーション作品の名盤、ジョン・ケイルとの『Wrong Way Up』(1990)が、リリース30周年を記念し、待望の再発決定!
CDとLPで再発されるのは15年振りとなる。

ロキシー・ミュージックとヴェルヴェット・アンダーグラウンドというレフトフィールド音楽を語る上で欠かせない両革新的バンドにおいて、創作の中心として活躍した二人のアイコンによる共作となった1990年の『Wrong Way Up』。

1974年にお互いのレコードにゲスト・ミュージシャンとして参加し、また同年ケヴィン・エアーズ、ジョン・ケイル、ニコ、ブライアン・イーノによる伝説のライヴ・アルバム『June 1, 1974』を発表、それ以来二人は交流を続け『Wrong Way Up』の前年にも、イーノがケイルのアルバム『Words For The Dying』をプロデュースしている。

長年に渡って育まれた二人の信頼関係が結実した本作は、ブライアン・イーノにとって1977年の『Before and After Science』以来のボーカル作品という点でも大きな注目を集め、「Spinning Away」と「Been There Done That」というシングルヒットを生んだ。今回のリイシュー盤ではオリジナルの収録曲に加えて、シングル「Spinning Away」のB面としてリリースされた「Grandfather’s House」と「Palanquin」がボーナストラックとして追加収録される。

・国内盤CDは、高音質UHQCD(Ultimate High Quality CD)&オリジナルのアナログ盤のデザインに忠実な紙ジャケ仕様
・輸入盤デラックスCDはケースバウント仕様

※LP仕様はボーナス・トラックがDLカードに追加収録となります。
  • 前の記事へ

    予約♪ 1995年 ブライアン・イーノとジャー・ウォブルとのコラボ作『Spinner』がリリース25周年を記念し、待望のCD、LP再発決定!

    NOISE / AVANT-GARDE

    2020.06.26

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    予約♪ ローレン・コナーズの新作10インチが限定リリース

    NOISE / AVANT-GARDE

    2020.06.26

  • 一覧へ戻る

最新ニュース