入荷♪ 1981 年に Vanity Records よりカセットテープでオリジナルがリリースされた SALARIED MAN CLUB『GRAY CROSS』が初の単独 CD 化

  • NOISE / AVANT-GARDE
  • 新着ニュース

2020.09.18

  • LINE

  • メール
1981 年に Vanity Records よりカセットテープでオリジナルがリリースされた SALARIED MAN CLUB『GRAY CROSS』が初の単独 CD 化。

SALARIED MAN CLUB は京都 dee-Bee’s でのライヴ活動やイーレムのコンピレーション・アルバム『沫』への参加が知られる 3 人組のユニットである。
1978 年に設立され、パンク以降の価値観で活動する新たなバンドや、バンド活動を経た音楽家のオルタナティブなアプローチなど、同時代の先鋭的な音楽動向をいくつかの側面から捉えてみせた Vanity Records であるが、1981 年からのリリースでは “INDUSTRIAL MYSTERY MUSIC=工業神秘主義音楽” という方向性が強く打ち出される。

この方向性を宣言したのがロック・マガジン編集部に送られてきた多数のカセットテープから厳選された音源を収録した 1980 年 12 月リリースのコンピレーションアルバム『MUSIC』であり、単独の作品としてそのヴィジョンを示してみせたのが 1981年3月にLPでリリースされた tolerance『divin』であったが、以降のレーベル作品では時代の先端の音楽動向をよりスピード感を持って伝えるためカセットでのリリースが選択されることとなり、本作もこの文脈と形態で発表された。

本作のオリジナルは単独でのリリースもなされたが、“時代の風景としての騒音群” という意味を込め発表された『ノイズ・ボックス』という6本組のカセット・ボックスの一部としても世に出ている点が興味深い。
このノイズ・ボックスに含まれる 6 作の中で本作は最初のテープという位置付けであり、SALARIED MAN CLUB というユニット名はテープに刻印されたスーツ姿のアイコンへ、タイトルの『GRAY CROSS』はグレイで統一された装丁への結びつきが見い出せ、Vanity が試みる新たな時代の音楽のプレゼンテーションの具体的な着想源となったのではないかと伺わせる。

規則的に並ぶ建造物を思わせる音の羅列、そこにほの暗い影を落とす抽象化された声やヒスノイズという構成も “工業化された時代の背景音” たるクールな質感に効果的に奉仕している。
  • 前の記事へ

    入荷♪ Kyou Records からリリースされた Vanity Records 関連や、Slowdawn Records からリリースされている Merzbowのマスタリングを担当しているKENTARO HAYASHIのアルバムが登場

    NOISE / AVANT-GARDE

    2020.09.18

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    入荷♪ 『Music』や『Tapes』( ノイズ・ボックス ) などへ収録された3アーティスト(SALARIED MAN CLUB、ONNYK:Anode/Cathode、DEN SEI KWAN)から新たに提供された当時のデモ音源を編集したコンピレーションがリリース

    NOISE / AVANT-GARDE

    2020.09.18

  • 一覧へ戻る

最新ニュース