入荷♪ 2018 年よりスタートしたメルツバウの未発表/発掘音源を収めたアーカイブ・シリーズ 、7 つ目のシリーズ6 作をまとめたボックス『Green & Orange』が登場

  • NOISE / AVANT-GARDE
  • 新着ニュース

2020.10.16

  • LINE

  • メール
MERZBOW / メルツバウ / GREEN & ORANGE

GREEN & ORANGE

MERZBOW メルツバウ

/ JPN / CD / SDRSW104 / 1008187540 / 2020年10月16日

  • NOISE / AVANT-GARDE
  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

6,600円(税込)

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

2018 年よりスタートしたメルツバウの未発表/発掘音源を収めたアーカイブ・シリーズ、その 7 つ目のシリーズは 1996 年から 1998 年にかけての発掘音源を収めた『Cat Of Shell Vol.1』『Cat Of Shell Vol.2』『Tauro-O1』『Tauro-O2』『Medamaya-O』『Spring Harp-O』の 6 作であった。
そしてそれらをまとめたボックス作品がこの『Green & Orange』である。

1996~97 年の未発表音源は過去に 10 枚組 CD ボックス『Merzmorphosis』(Youth Inc. 2012 年 ) に数多く収録されたが、本シリーズでは同じ時期に制作されたもののそちらに含まれなかった『1930』(Tzadik) や『Tauromachine』(Relapse / Release) に関連する音源を収録している。

1998 年の音源としては 3 枚組 Box『Last Of Analogue Session』(important records)に含まれている『Medamaya』と『Spring Harp』のアウトテイクを収録。
ちなみに『Last Of Analogue Session』は 98 年に制作されたものの同時期に『Merzbox』の制作で多忙となったため一旦未発表となり、後の 2004 年にリリースされている。
この時期のメルツバウの作風の特徴としては、94 年後半に EMS Synthi ‘A’ を購入して以降試みられてきたシンセサイザーの使用がより手広く本格的なものとなっており、それによる高密度のノイズサウンドが強力な聴きどころとなっている。

本シリーズでは EMS Synthi ‘A’ 以外にも EMS VCS3、そして作品によっては Moog Rogue、Novation Bass Station、TR606、BIAS ROCKAKU-KUN EXD Electronic Drum Unit などベースシンセやリズムマシンの類も使用されているが、こういった使用機材にも表れている通りこの時期はメルツバウがテクノやドラムンベースなどの影響を取り入れた時期でもあり、本シリーズの収録作では特に『Tauro-O1』『Tauro-O2』における低音を強調したり、フィルターを多用した音作りにその影響が垣間見える。

また、この当時秋田氏は近代建築 ( 主に東京の関東大震災復興建築 ) に凝っており、この時期にリリースされた作品のアートワークにはそれらの写真が多く用いられ、作品のヴィジュアル面で欠かせない要素となっていた。そのため本シリーズのアートワークにも全て 1998 年頃に秋田氏が撮影した建築物などの写真が使用されている。
  • 前の記事へ

    入荷♪ NOCTURNAL EFFIGYのダンジョン・シンセ・コンピレーションアルバムがアナログ・リリース

    NOISE / AVANT-GARDE

    2020.10.16

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    入荷♪ メルツバウ・アーカイブ・シリーズは第 10 弾 に突入。今回のシリーズでは主にライブ用のリハーサル音源を編集したものが収められた『1633+』と『Sphere Sessions』がCDで登場

    NOISE / AVANT-GARDE

    2020.10.16

  • 一覧へ戻る

最新ニュース