入荷♪ ニューエイジ/アンビエントの生ける伝説、ララージの前作『Sun Piano』に続く3部作の2作目『Moon Piano』がアナログリリース

  • NOISE / AVANT-GARDE
  • 新着ニュース

2020.10.09

  • LINE

  • メール
LARAAJI / ララージ / MOON PIANO

MOON PIANO

LARAAJI ララージ

ALL SAINTS / IMPORT / LP(レコード) / WAST059LP / 1008196020 / 2020年10月09日

  • NOISE / AVANT-GARDE
  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

3,520円(税込)

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

1943年生まれ、ニューヨークを拠点に現在も活動を続けるニューエイジ/アンビエントの生ける伝説、ララージ。

ワシントン・スクエア・パークで演奏する彼を見たブライアン・イーノの誘いを受け、1980年にリリースされたイーノによるアンビエントシリーズ第3弾『Ambient 3: Day of Radiance』に参加し脚光を浴びることとなった。

その後はジョン・ケイル(ヴェルヴェット・アンダーグラウンド)、ハロルド・バッド、ビル・ラズウェル、ファラオ・サンダース、細野晴臣らとのコラボレーションをするなど幅広い活動を行い、オーディオ・アクティブとのアルバム『The Way Out Is The Way In』のリリースでも注目を集めた彼が、7月にリリースされた3部作の1作目、『Sun Piano』に続く最新作『Moon Piano』を〈All Saints Records〉よりリリース。

前作『Sun Piano』と同様に『Moon Piano』は、ルックリン・チャーチで録音された。
前作では高揚した即興演奏が中心であったのに対し、今作ではカート・ヴァイル、ザ・ウォー・オン・ドラッグス、メアリー・ラティモアらを手がけるジェフ・ジーグラーとクリスチャン・ハヴィンス(Dallas Acid)が編集に携わり、より内省的でミニマルなピアノ作品に完成した。

『Sun Piano』が昼間の陽気さを表現しているとすれば、『Moon Piano』は対照的な夜のメランコリックな雰囲気を表現している。

  • 前の記事へ

    RSD DROPS 2020 第3回 10月24日(土)発売分 NOISE / AVANT-GARDE リリース一覧

    NOISE / AVANT-GARDE

    2020.10.12

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    入荷♪ ニューエイジ~フュージョン~ゲーム・ミュージックをポスト・クラブ以降のエレクトロニクス使いで大胆に料理した怪作

    NOISE / AVANT-GARDE

    2020.10.05

  • 一覧へ戻る

最新ニュース