ONOMATOPEYA / MARIMBA DE CHONTOKIO

MUMBIA Y SUS CANDELOSOS ムンビア・イ・スス・カンデローソス

日本のみならず全世界のクンビア・コミュニティが待ち焦がれたムンビア・イ・スス・カンデローソスの最高傑作がついに登場! 『東京クンビア三部作』の完結編にして、東京発トロピカル・ミュージックの新たな幕開けを告げる超重要作!!

  • レコード
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

1,980円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 再入荷
  • 試聴可能
レーベル
オクラ印
国(Country)
JPN
フォーマット
7"(レコード)
規格番号
OKRA204
通販番号
1008582495
発売日
2022年12月08日
EAN
2299991217321
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

日本のみならず全世界のクンビア・コミュニティが待ち焦がれたムンビア・イ・スス・カンデローソスの最高傑作がついに登場! 東京発トロピカル・ミュージックの新たな幕開けを告げる超重要作!!
『東京クンビア三部作』のフィナーレとして、ライヴでも大人気の曲「Marimba de ChonTokio」に加え、日本発のクンビア+ラップの基軸を決定付ける新録のフロア・バンガー「Onomatopeya」をカップリングした超強力ダブルサイダー!!





ついに時代がムンビアに追いついた!! 「Marimba de ChonTokio」を含む『東京クンビア三部作』のレコーディングはなんと2018年。色あせるどころかますます輝きを増すムンビアの作品群。リーダーである小林ムツミの、国を問わず、ボンゴひとつで満場の会場を熱狂させるパーカッショニストとしての腕前は民謡クルセイダーズ等での活躍で広く知られるところ。しかしその才能と進化は演奏家としてだけに留まらない。作曲、プロデュースはもちろん、今回はトラックダウンも自身で行い、さらにフランキー・メリットによるマスタリング、マテオ・リバーノによるアートワーク...5年の歳月と情熱をかけて仕上げた渾身のリリース。

ムンビアの新章の幕開けを告げるA面の新録「Onomatopeya」は、クラシックとなった「Hokkori Time」に続き、ZTMZや流線Kグルーヴ等で活躍する西東京を代表するMC、HYDRO as BNJのラップをフィーチャー。つづみや琴を模したシンセなど随所に「和」を盛り込みつつも、ブリンブリンに跳ねるベースとHYDROのキャッチーなラップをドライヴァーに、最期まで濃密にバウンスするフロア・バンガー。藤枝伸介のフリーキーにブロウするサックスと梅澤伸之によるトランペットのカオスでスリリングな絡みも聴き応え満点。小林ムツミがムンビアで目指した東京発の「クンビア+ラップ」の頂点!

カップリングは『東京クンビア三部作』セッションから、フィナーレとなる傑作「Marimba de ChonTokio」。これまでコロンビア本国でもあまり知られておらず、ニディア・ゴンゴーラらの活躍でここ最近ぐっと世界的に注目を集めることになったコロンビア太平洋湾岸部(パシフィコ)の音楽にインスパイアされたアフロ色の濃いクンビア。キーとなる楽器=マリンバに、コロンビアの伝統音楽とジャズをフューズするバンド、レディル・クアルテートのリーダーであり、パシフィコのカルチャーを体験するツアー型ワークショップ=マリンベア(Marimbea)の主催者としても耳目を集めるコロンビア人ギタリスト/マリンバ奏者/プロデューサーのアドリアン・サボガルをフィーチャー。レコーディングが行われた2018年の時点でこのサウンドに注目、取り組んでいたとは...ムンビア恐るべし! 本作のアートワークを担当し、コロンビアのポピュラー音楽の歴史を掘り起こすDJ&映像プロジェクト=ロス・グアケロスで、マリオ・ガレアーノ(フレンテ・クンビエロ)と共に活動するマテオ・リバーノも驚愕、絶賛したマスターピース。

フレンテ・クンビエロやクアンティック等のアートワークでお馴染み、クンビア・イ・スス・カンデローソスの名付け親でもあるコロンビア人アーティスト、マテオ・リバーノが今回もスリーヴを担当。



【ムンビア・イ・スス・カンデローソス/MUMBIA Y SUS CANDELOSOS】 民謡クルセイダーズのパーカッショニストとして大活躍中の小林ムツミが、ROOTSTRIBEの久保祐一朗(ベース/録音)やシンスケ・フジエダ・グループの藤枝伸介(サックス/フルート)ら名手を率いて、「東京オリジナル、東京発信のクンビア」を発信するハイブリッド・クンビア・バンド。 2020年『Hokkori Time/Cumbia Ducha』でオクラ印よりデビュー7"をリリース。ボゴタやメキシコ・シティ、ニューヨーク、LA、シカゴ、バルセロナ、メルボルンといった都市のショップからも問い合わせが相次ぎ、世界的な話題作となった。 言葉の壁を易々と越えてグルーヴを共有できる小林ムツミの演奏能力とキャラクターゆえ、フレンテ・クンビエロやロンペラージョといったボゴタのアーティストからもプロップを得ている。 この11月には、日本レゲエ界のレジェンド、ピアニカ前田とDUB MASTER Xを迎えたコラボ作『おすべらかし/ベロン・ベロン』をリリース予定。ある意味これは「日本版オンダトロピカ」とも言える快挙。さらにはボゴタの新進気鋭のアコーディオン/鍵盤奏者=コンフント・メディア・ルナことイバン・メデジンとのコラボ作も啓作完了。快進撃を続ける小林ムツミ~ムンビアに今後も注目!

ソングリスト

  • A1.ONOMATOPEYA
  • B1.MARIMBA DE CHONTOKIO