EVENING ON THE CANAL FEATURING BILLY WOOTEN WITH VIDA BOLE ENSEMBLE / イヴニング・オン・ザ・キャナル・フィーチャリング・ビリー・ウッテン・ウィズ・ヴィダ・ボレ・アンサンブル (国内盤 帯 解説付 プラケース仕様)

BILLY WOOTEN ビリー・ウッテン

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,484円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
ピーヴァインレコード
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
PCD93723
通販番号
54C130425001
発売日
2013年07月03日
EAN
4995879937235
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

解説:尾川雄介(universounds / Deep Jazz Reality)

突如ビリー・ウッテン本人から送り届けられたUSB ディスク。中身を確認すると、なんとそこには未発表ライヴ音源が!!ビリー氏が掘り起こした自身の過去のライヴ音源が遂に陽の目を浴びる時が来た!総勢18 名からなるバンドを引き連れて行ったライヴは、ファンク色はやや少ないのは否めないが心地よくヴィブラフォンが鳴り響くビッグ・バンド・ジャズ・ファンク!

◆ビリー・ウッテンの伝説はまだまだ続く!
名義が異なるビリー・ウッテンのリーダー作は全て弊社からリリースし、過去には『ロスト・テープス』と銘打った未発表音源集も発掘。すべて出し尽くしたかとおもいきや、なんとまだ未CD 化のライヴ音源をビリー氏自ら発掘!95 年に録音された今作は8 名のホーン隊、3 名のラテン・パーカッションを含む総勢18 名からなるビッグ・バンドスタイルでのライヴ録音。『ライヴ』に比べればファンク色は少ないのはしかたがないところだが、ビリー・ウッテンのヴィブラフォンが鳴り響く、心地良いラテン・フレイヴァーなジャズ・ファンク。スタンリー・タレンタインの「シュガー」のカバーのM1、アール・クルーの「(If You Want To) Be My Love」のカバーのM2、ティト・プエンテのカバー曲M3以外は全てビリー氏自身のオリジナル!
(メーカーインフォメーションより)

特集ページはこちら
http://diskunion.net/black/ct/news/article/4/37548

ソングリスト

  • Sugar Man
  • Want You To Be My Love
  • Comingo De Amor
  • Mumba Caliente
  • Vocalese Majik
  • Mi Rosa Mujer
  • Shoo Bee Doo Bee
  • Don Diabloa