• CD
  • 売切
  • (注文不可)

1,980円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
  • 試聴可能
レーベル
FONOMATIC
国(Country)
BRA
フォーマット
CD
規格番号
BMGV001
通販番号
BR4098
発売日
2010年02月24日
EAN
0789847752005
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

 再生と同時に一聴して走るサウダージ。トニーニョ・オルタを彷彿させるメロウなギター・フレーズの、飾らないアコースティック・アレンジで彩られた美しいな旋律・・・。この音を司るのは、ブルーノ・マンゲイラなる気鋭ギタリスト/コンポーザー。名前からして、リオのサンバ関係ミュージシャンを連想させるが、そうではない。プレイヤー・レベルでMPB/ブラジル・インストを愛するリスナーでも、その名前を知るのはごく僅かであろう新進気鋭のパウリスタである。これまで、Gilson Peranzzetta, Nelson Ayres, Alaíde Costa, Jamelão, Filó Machado, Mauro Seniseといったアーティストのサポートを中心にセッション・ミュージシャンとして活躍。多くの先輩プレイヤーからもその実力を認められ、遂にリリースするデビュー・アルバムが本作だ。
 ボサ・ノヴァ~ジャズのマナーを根幹に据え、ミナス的な浮遊感、リオのリズミカル・テイスト、そしてサンパウロの都会的洗練を絶妙なバランスで配し、名だたるブラジル・インスト・シーンのプレイヤーたちと構築している。1曲を除き、全曲ブルーノのオリジナルによるメロディの優しさと共に、楽曲のテーマを膨らます各パートのインプロ・ワークも完璧。サンパウロ・インスト界の重鎮プロヴェータに捧げたM9、そして敬愛するトニーニョ・オルタ(もゲスト参加)へのオマージュで締めるラストもハイライト。ありがちな「ブラジリアン・ジャズ」風情に留まらない奥ゆかしさを持つ、稀有の1枚と高く評価したい。ギター・サウンドの宝庫ブラジルから、また素晴らしい才能が発掘されようとしている。こう書くと、いかにもマニア向けなアイテムと取られがちだが、もし初めてこのアルバムを聞いたとしても、心地よくならないことは、まずないはずだ。

【Musicians】
Bruno Mangueira (guitar)
Toninho Horta (guitar)
Robertinho Silva (percussion)
Nailor Proveta (saxofone, clarinet)
Toninho Ferragutti (accordion)
Léa Freire (flute)
Tiago Costa (piano)
Paulo Paulelli (contrabass)
Edu Ribeiro (drums)
Gabriel Grossi (harmonica)
& others.

▼ミナス特集のNEWSはこちら http://diskunion.net/latin/ct/news/article/2/39421

ソングリスト

  • 1. Cristina
  • 2. Canavial
  • 3. Choro no5
  • 4. Devaneio
  • 5. Fim de verao
  • 6. Terra batida
  • 7. Bianca
  • 8. Fazenda Santa Maria
  • 9. Segunda-feira com Proveta
  • 10. O picadeiro
  • 11. Samba pro Toninho