ディスクユニオンがお届けする大好評のR&B発掘&復刻シリーズ『RNB MADNESS』第7弾!

  • SOUL/BLUES/GOSPEL
  • ニュース
  • 2018.01.09

    2018.01.09

    RNB MADNESSシリーズ第7弾はシリーズ初の女性シンガー!

    DIONYZA / QUITE LIKE ME

    80'S BOOGIE CLASSICS「We'll Make It」でお馴染みの夫婦デュオMIKE & BRENDA SUTTONの実娘DIONYZAが2008年に放った激レア盤『QUITE LIKE ME』をオーディオ・プレス盤仕様で再発決定!

    RASHOD HOLIDAY & SAUCE (NE-YO), DAVID FRANK (THE SYSTEM), JARED GOSSLIN (MACY GRAY) AND NATE BUTLER (3LW)などを手掛けたスタッフ達とコラボレーションし、CHRISTINA AGUILERA、SHANICE、JON .Bなどの超一流アーティスト達のツアーにもバック・ボーカルとして大抜擢された経歴を持ち、2008年『DIONYZA』をリリース後に満を持して発表したフル・アルバム『QUITE LIKE ME』が待望の再発です!


    先行シングルでアナログ・カットもされたリード・トラックTR-1『I Told Myself』は、ラッパーSCARFACEがKANYE WESTをプロデューサーに招き2002年に大ヒットさせた名曲「Guess Who's Back」を丸々ネタ使いした1曲、インディながら一部のメインストリーム界隈でちょとした話題になっていました。
    「Guess Who's Back」の元を辿ると、サンプリングされたネタはMOTOWN所属のコーラス・グループTHE ORIGINALSが放った『DOWN TO LOVE TOWN』(1977年)収録の「Sunrise」を使っており、その曲のライティングを行ったのがそう!DIONYZAの父MIKE SUTTONと言う事実が判明。
    その他にも父MIKE SUTTONがTHELMA HOUSTONに楽曲提供したソウルフルな名曲TR-7「Today Will Soon Be Yesterday」の泣きのカバー収録と、その内容の素晴らしさから近年、再評価の声が高まり探す人が続出した当アルバム。

    CD-R盤しか存在しないにも関わらず市場価格は高騰、たちまち入手困難な1枚として語り継がれておりましたが、今回はオーディオ・プレス盤へ完全パワーアップして再発いたします!

    インディ・レディ・ソウルの最高峰を是非お楽しみ下さい!








    WHAT'S ? 『RNB MADNESS』

    2017年始動、R&Bの発掘から復刻までをフォーカスする新シリーズ。

    今後も『内容の伴ったレアリティ』をテーマに数々のR&Bプロジェクトを進行予定!

    第1弾はこちら
    第2弾はこちら
    第3弾はこちら
    第4弾/5弾はこちら
    第6弾はこちら
    第8弾はこちら
    第9弾はこちら

    • 前の記事へ

      DJ daddykayのKeep On Spinnin' VOL.24『Diamonds T-Groove Works Vol. 1』

      SOUL/BLUES/GOSPEL

      2018.01.09

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      ディスクユニオンがお届けする大好評のR&B発掘&復刻シリーズ『RNB MADNESS』第6弾発売!

      SOUL/BLUES/GOSPEL

      2018.01.06

    • 一覧へ戻る