ディスクユニオン ソウル / ブルース・SHOP's バイヤーズ・チョイス 5月

  • SOUL/BLUES/GOSPEL
  • SOUL/RARE GROOVE

2024.06.22

  • LINE

  • メール

ディスクユニオンのスタッフが最近入荷のソウル / ブルース商品の中からおすすめ商品を紹介!

今月入荷の最新作や最近入荷の準新譜の中から注目タイトルをソウル / ブルースのスタッフがまとめてレビューしました。
毎日のように新譜がリリースされる中、見逃している商品も多いのではないでしょうか?この機会に是非ご一読ください!



DABEULL / ANALOG LOVE
https://diskunion.net/black/ct/detail/1008829988


世界中のミュージック・ラヴァーが待ち望んだブギー・ファンクの大名盤誕生!

過去作全てが完売、さらにはプレミアム化しているダベルによる、今までのキャリアで築き上げた演奏力はもちろん、エンジニアでもある彼のレコーディング・テクニックを詰め込んだ濃密な愛のアルバムが完成。

こだわりのヴィンテージ機材を駆使し、マイケルの名盤「スリラー」と同じアナログ・コンソールで録音した極上のコズミック・ファンクとなっている。

(ソウル担当 黒須遊)




KARATE BOOGALOO / HOLD YOUR HORSES
https://diskunion.net/black/ct/detail/1008829542


良質な現行ファンクを産むオーストラリア、その中でも独自路線を追求するメルボルンを拠点に活動するKARATE BOOGALOOの24年新作。

アンビエント要素も感じさせるようなスロー、ミドルテンポの中に醸し出される特有のファンクネス、全編の流れが気持ちよく、架空サントラのような心地よさも味わえる彼らにとっては2回目となるインストオンリー作。

ゆるめの語りかけてくるようなギターのカッティングもオススメ。
(大阪店 江藤玄太)




SLOWE / WHERE THE MIND WANDERS
https://diskunion.net/black/ct/detail/1008840730


MOON CHILDと同レーベルのTru ThoughtsからSLOWEというアーティストがデビュー・アルバムを発表した。

MOON CHILDとなれば想像するのはチル、、そう、それで間違いないです。

彼女は元手はロックみたいでして、エモーショナルなギターがすっと入ってくるのが聴きどころの一つ。

所謂、ローファイなんですがチルかつ高揚感もあるってなんか粋。
(新宿中古センター 中沢光)




JORDAN RAKEI / LOOP
https://diskunion.net/black/ct/detail/DFN240205-006


「僕がなぜ音楽を好きになったかについて立ち返りたいと思ったんだ。」レーベル移籍や子供の誕生と日々変化し続ける生活や環境にある中、音楽的には自身の原点へ。そしてまた変化を繰り返し、新たなステージへ進んでいく人生のサイクルを『LOOP』と題して表現した今作。

マーヴィン・ゲイやカーティス・メイフィールドといった70年代ソウルを始めとする幅広い時代、ジャンルから受けた影響を随所に感じさせるサウンドに注目!
(千葉店 岡亮太)




DONNELL PITMAN & WINGS OF SUNSHINE / BRAND NEW FUNK
https://diskunion.net/black/ct/detail/1008811365


シカゴのカルトソウルスターの初LP。

キャリア50年を超えるも知る人ぞ知る存在だったDONNELL PITMAN。NUMERO発掘の未発表曲「Burning Up」が『ストレンジャー・シングス』等で使用されて脚光を浴び、名作「Love Explosion」の復刻もあり、STAR CREATUREでの新録7"連発から本作が実現。

ズバリ80Sなエレクトリックなダンサーからメロウまで間違いない内容です。
(吉祥寺店 沢野太郎)




BEYONCE / COWBOY CARTER
https://diskunion.net/black/ct/detail/1008856975


実はカントリーのカヴァーだったソウル名曲、カントリーシンガーによるソウル曲カヴァーも沢山存在し両者は深い関係を持っています。

ビヨンセも祖父の影響でカントリーやザディコを聴いて育ち、2016年にカントリー音楽を披露した際の批判がきっかけで本作を制作。影響力のあるビヨンセがアメリカのルーツを探る作品を出したのは快挙で人種、スタイルなど相反すると思われがちな人々がこの作品を通して繋がる瞬間が増えれば!
(お茶の水ソウル/レアグルーヴ館 山本奈緒)




オムニバス (CITY MUSIC TOKYO) / CITY MUSIC TOKYO transit
https://diskunion.net/black/ct/detail/1008744161


流線形での楽曲制作プロデュースにDJ、著述活動なども行い、現在のシティポップ繁栄の土台を築いてきたクニモンド瀧口が送るコンピシリーズ「CITY MUSIC TOKYO」待望の海外アーティスト編!

旅を思わせる珠玉の名曲集でありCITYPOPの源流がブラックミュージックであることを再認識させてくれる選曲!

そしてイメージ写真アートディレクションもクニモンド瀧口自身が担当。聴いて楽しい見て楽しい最高の1枚
(ソウル担当 阿部友馬)




V.A. (NIGHTTIME LOVERS) / NIGHTTIME LOVERS VOL.35
https://diskunion.net/black/ct/detail/1008854359


70年代後半のモダンソウル、NJS期のアーバン•チューン、90年代EXPANSION産UKソウルと幅広いラインナップ。

さらには、KLYMAXXやLEROY HUTSONらのメジャー楽曲も収録されており、煩雑な印象を受けてしまいますが、大らかにまとめ上げているのが老舗の為せる技。

大好きなMICHAEL STOKES手掛けるENCHANTMENT”GIVE IT UP”を聞きながら、次の20年に期待。
(お茶の水ソウル/レアグルーヴ館 野口浩生)




RAYVELLES / RAYVELLES
https://diskunion.net/black/ct/detail/1008844482


UKのファンクバンドSmith and The Honey Badgersのメンバー、FERGAL MCBRIDE とTUCK NELSONによるユニットRAYVELLESがフルアルバムをリリース!

FUNK NIGHTらしいサイケな質感のファンク・ナンバーから、ゲスト・ヴォーカルをフィーチャーしたメロー・ナンバーまで、バラエティーに富んだ10曲を収録したライブラリー・ファンク・アルバムです。

(ソウル担当 高橋一)




94 EAST FEAT.PRINCE / DANCE TO THE MUSIC OF THE WORLD
https://diskunion.net/black/ct/detail/1008852080


94 EASTが77年に録音していた楽曲が日の目を見たのは85年。『MINNEAPOLIS GENIUS』がそれだが、本作はグループリーダーのPEPE WILLIEが所有しているオリジナル・テープから新たにリマスタリングされ、より生々しく臨場感たっぷりに蘇った。

ソロデビュー前のプリンスが在籍、という事ばかり注目されがちだが来る時代を予感させる先進的でロックやポップスを内包した楽曲の出来は秀逸だ。
(お茶の水ソウル/レアグルーヴ館 鈴木諒祐)




ANOTHER TASTE / MAXX TRAXX / DON'T TOUCH IT
https://diskunion.net/black/ct/detail/1008833384


MAXX TRAXXによる名曲"DON'T TOUCH IT"をオリジナルとカバーで今回は7インチシングルでのカット!

カバーを担当したのは現行ブギー最重要バンドANOTHER TASTE。

シンセの軽やかなフレーズとタイトなリズムが印象的なブギー名曲をアップテンポに、現行のバンドならではの今なサウンドとヴィンテージサウンドの混ぜ込みで華麗にカバーしています!オリジナルももちろん最高です!
(ディスクユニオン柏店 及川遼太)




Numcha / hewantscoffeebutiamtea
https://diskunion.net/black/ct/detail/1008849685


バンコクの新進気鋭のSSWによるEP。近年、超高品質なインディ・ポップを多数輩出しているタイから新たな傑作が登場です。

全体を通して非常にポップなメロディとアレンジですが揺らぐギターと浮遊感のある歌声がジャケット通りのサイケ感を演出します。シティ・ポップからの影響に加え、リフのフレーズなどに含まれるどことない「タイ感」も相まって郷愁のような感覚が琴線を刺激します。
(新宿ソウル・ダンスミュージックショップ 山本 大騎)




BILLY VALENTINE / LADY DAY & JOHN COLTRANE
https://diskunion.net/black/ct/detail/1008825809


「Flying Dutchman」、「Acid Jazz」とのダブルネーム企画の続編ともいうべき新作が7inchでリリース。

演奏メンバーは昨年好評だったアルバムの参加メンバーで構成されており、経験豊富なミュージシャンが安定感抜群の演奏を楽しめます。原曲よりはピッチを落とし、澄みきった歌声でよりJAZZYな仕上がりも◎。

悩みごとがあればビリー・ホリデイとジョン・コルトレーンを聴いてみましょう!
(横浜関内店 横山 尚吾)




ぷにぷに電機 / 超重力幻想
https://diskunion.net/black/ct/detail/1008840726


着実且つ確実なキャリアを積み重ねている"ぷにぷに電機"が趣味が高じて制作されたコンセプトアルバム「超重力幻想」をリリース。

スペイシーなエレクトロチューン「Star Runner」、フューチャー・ファンクな「Maze Maker」、ドラムンベースの上を跳ねたシンセとクールなヴォーカルが絡みあう「Lonely Shooter」、エレクトロ・バラードな「The Veils」の全4曲を収録した激推し盤!!
(ユニオンレコード新宿 松本豪雄)



最新ニュース