【連載コラム】The Conscious of R&B - aimi : Vol.5 『Mahalia』

  • SOUL/BLUES/GOSPEL
  • SOUL/RARE GROOVE

2021.05.28

  • LINE

  • メール


毎月第4金曜更新の連載コラムを担当しています、R&Bシンガーソングライターのaimiです!

『The Conscious of R&B』と題して、2021年注目すべきR&Bアーティストを紹介しています。今ホットなR&Bアーティストが何を考え、何を感じ音楽を作っているのか、作品に隠された “意識”に注目して、勝手な私の解釈も交えながらお伝えするコラムです。






この記事で紹介するのは、イギリス・レスター出身の若干23歳の女性シンガーソングライター『Mahalia(マヘリア)』です。YouTube Musicが注目すべきアーティストを選出する「One To Watch」の2019年UK 版では1位に輝き、BRITアワードではクリティックス(評論家)・チョイス賞に選ばれた唯一のミュージシャンとなり、さらに英BBC放送による新人登竜門「BBC Sound」においては2019年版の最終候補者まで残るなど、世界的に注目されているアーティストのひとりです。

▲マヘリアの家族、3人兄弟

▲マヘリアのお父さんはバンドマンだった

マヘリアはイギリス人の父とジャマイカ人の母の間に生まれ、レスターにある小さな町で育ちました。白人コミュニティとインド人コミュニティでくっきり分かれているような町で、幼い頃は自分の居場所を見つけるのに苦労していたそう。11歳の時、通っていた学校の音楽の先生にアドバイスを受け、ギターとピアノのレッスンを受けるようになり、ソングライティングに没頭していきました。当時一緒に楽曲制作をしていた人の紹介で、大ファンだったエドシーランのライブで本人に挨拶する機会があり、その後エドがマヘリアのことをツイートしたことがきっかけで、メジャーレーベルの目に留まり、13歳という若さでレコード契約を勝ち取りました。地元の友達はレスターに残る中、14歳で主要都市のバーミングハムの学校に進学し、学生生活を送りながら制作を続けていました。2019年、18歳で大都会ロンドンへ引っ越し、遂にデビューアルバム『Love and Compromise』をリリースしました。

▲マヘリアがエドシーランのツアーに参加した時の写真

マヘリアの初期作品を聴くと、アコースティックギターと歌だけで構成されている曲が多く、ソウルフルな歌声は今と変わらずですが、弾き語りシンガーソングライター感が強い。アコースティックなポップミュージックとでも言えばいいのでしょうか。今の音楽性にたどり着くまでに、かなり長い時間がかかったんだとか。

いわゆる、“ギタ女” だったマヘリアが周りの強力なサポートを受けながらR&Bアーティストに転身して、ソロでUSツアーするまでに成長し、世界的に注目されるアーティストになったわけです。私も元々はギター弾き語り女子だったので、自分に重ねてワクワクしてしまいますね。

ここからは彼女の魅力である歌詞を和訳しながら、アイコニックな曲を紹介していきます。



2018年にリリースされ、デビューアルバムにも収録された『I Wish I Missed My Ex』。この曲でマヘリアを知った人も多いかもしれません。内容としては、別れた後に未練たらたらの元彼に対して、彼女は“元彼を恋しく思えたらよかったのに” とすっかり前に進んでしまっている曲です。

Every time the weekend comes, yeah
(週末が来るたびに)
I know that it won’t be long, yeah
(そんなに長くないことを知ってる)
'Til you‘re gonna call my phone, yeah
(あなたが私に電話かけてくるまで)
You’ll be like "Babe, come over"
(あなたは “ベイビー、うちにきたら”っていうでしょ)
I know how this goes, yeah
(どうなるかはわかっているの)
Talk about you need closure
(ちゃんと別れが必要だって話をするんでしょ)
Too many missed calls, too many texts
(多すぎる不在着信にメール)
Damn, I wish I missed my ex
(あ〜、元彼を恋しく思えたらよかったわ)


最近、元彼にたまたま会う機会があったのですが、その人とは別れて以来一度も会ってなくて。余計なことを思い出したくなかったので会いたくないなって内心思っていたのですが、顔を見ても何一つ思い出すことできない自分にビックリしました。過去は引きずるタイプだと思っていたけど、私も上書き系女子でした(笑)



デビューアルバムに収録されている『Regular People』。UKのシンガーHamzaa、USのR&B
スターLucky Dayeをフィーチャリングに迎えた楽曲です。

マヘリアは “ボディ・ポジティビティー”を伝えることを大切にしていて、「痩せた体型=美しい」という従来の価値観を捨て、どんな体でもありのままに愛そうというムーブメントに賛同しているアーティストのひとりです。この楽曲は “普通の人” であることを祝福している歌で、とても背中を押される内容になっています。

Put your hands up if you love your body
(自分の体を愛しているなら手を上げて)
Put your hands up if you love your mommy
(あなたのお母さんを愛しているなら手を上げて)
Put your hands up if you love your skin
(自分の肌を愛しているなら手を上げて)
What you wear are the clothes you're in
(着ているのはあなたが身を包んでいるお洋服)
Do you ever feel there's no way out
(道はないと感じるの?)
Raise 'em if somebody let you down
(誰かがあなたを下げるようなことをするなら上げるの)
This one here is for the kind and the peaceful
(これは優しくて平和的な人のためよ)
Put your hands up for the regular people
(普通の人なら手を上げて)


決して自分は特別だとか、全員平等だとかそんなことを主張する必要はない、私たちはただ普通の人たちであるだけというシンプルなメッセージが素敵ですよね。



2020年リリースのシングル『Isolation』に収録されている『BRB』は “Be Right Back” の略で付き合っている彼に対して綴る手紙のような曲で、言葉ハメがとても気持ち良い曲。手作りのMVも最高です。

I'm here in the studio and you're in the club
(私はスタジオにいて、あなたはクラブにいる)
Wonder if you miss me, baby?
(私のこと恋しく思っているの?ベイビー)
You know I get jealous when you're out gettin' drunk
(あなたが外で酔っ払っていると私がヤキモチやくって知っているでしょ)
And I ain't there to hold you, baby
(そこにいてあなたを抱きしめられないし)
I'm holdin' a miracle, I'm tryna make my album
(私は奇跡を握っていて、アルバムを作ろうとしてるの)
I want you to hear it, baby
(あなたに聴いてほしいよ、ベイビー)
Maybe when I come back to the ends, we can catch up
(最後までいったら、あなたとキャッチアップできるかな)
I can't wait to kiss you, baby
(あなたにキスできるのが待ち遠しい)

I don't mind if you've had enough of this lonely life
(あなたがこの寂しい生活はもう沢山だと思っていてもどうでもいいわ)
Baby, sometimes, I feel it, too, too, huh
(時々、私もそう感じる、そうね)
I don't mind if you're tired of the days when we don't get to facetime
(Facetimeできない日々にうんざりしていたとしても気にしないわ)
'Cause most of my life is split between you and a red-eye
(だって、私の人生は大体あなたと赤くなった目にわかれるの)

I know you never ask for much when we're together at home
(家で一緒にいるとあなたはそんなに求めてきたりしなかった)
And, baby, I like that, yeah
(私はそれが好きなの)
Gotta hold it down for a little bit
(だからもう少しの間だけ落ち着いて)
Longer, we'll be together for life, uh
(私たちは人生を共にするんだから)
Yeah, I'll be right back, yeah, yeah
(もうすぐ戻るからね)


歌詞を中心に紹介していきましたが、マヘリアのもうひとつの魅力は歌声そのもの・唯一無二のトーンと、頭に残るキャッチーなメロディだと思います。これを言葉で伝えるのは難しいので、YouTubeや各配信サイトで他の曲も是非チェックしてみてくださいね!

『Sober』


『Grateful』


『What You Did feat. Ella Mai』


『Jealous feat. Rico Nasty』


『マヘリア』という名前は “tender one(柔らかい/優しい子)” という意味があり、ヘブライ語に由来しています。彼女はとても明るい性格で、幼い頃から誰とでも仲良くなるようなタイプで、周りに光を与えるようなオープンさ、親しみやすさを持っています。それが作品やライブパフォーマンスなどにも出ていて、それがファンやチームを惹きつけているのでしょうね。

この記事がもしも気に入ったらシェアしてもらえたら嬉しいです!

2021/5/28


< INFO>
マヘリアのように自分のバックグラウンドを書きたいなと思って作った曲があります。 “日の目を見るまで、この波に乗ってどこまでもいこう” という思いを北海道のシンガーソングライター Furui Rihoと歌った『The Wave feat. Furui Riho』という曲。日本語字幕をONにして和訳と一緒によかったらチェックしてください。



aimiがデビューEP『Water Me』をリリースして今月末でちょうど1年になります。やっとR&Bシンガー2年生。ありがたいことにフィーチャリングや遠方からライブオファーをいただく機会が増えてきて、一年前とは少し景色が変わってきました。自分名義の制作も進めているので楽しみに待っていてもらえたら嬉しいです!




『Changed 4 Good』

  発売日:2021年2月24日
 ▼配信音源はこちら
  https://orcd.co/changed4good
 < 収録曲 >
 1. Fight No More
 2. On You
 3. The Wave feat. Furui Riho
 4. Back In Luv
 5. KMHH


2nd EPから『Fight No More』のRemix EPもリリースしました!



『Fight No More (Remix EP)』

   発売日:2021年4月14日
 ▼配信音源はこちら
 https://orcd.co/fightnomoreremixep
   <収録曲 >
 M1. Fight No More (grooveman Spot Remix)
 M2. Fight No More (Shingo.S Remix)
 M3. Fight No More (DJ AKITO Remix)
 M4. Fight No More (Sam is Ohm Remix)
 M5. Fight No More (ggoyle Remix)
 
※コラムの特別編でリミックス集についてセルフライナーノーツも公開中!



aimi初のアナログ盤のリリースは【6月2日】。ディスクユニオンでぜひチェックお願いします!



『Fight No More』

  発売日:2021年6月2日
  ▼オリジナルバージョンの配信音源はこちら
  
https://orcd.co/bxjvddj
   <収録曲>
   1. Fight No More
   2. Fight No More (grooveman Spot Remix)






<Profile>



aimi

コンテンポラリー R&B シンガーソングライター。千葉県成田市出身。幼少期にソウルやディスコミュージックを聴き始め、90's, 00's R&B に影響を受ける。
学生時代に留学先のイギリスマンチェスターでライブオーディションに出場し、アジア人として初優勝。歌手の道に進むことを決意する。
長年のライブ活動と自主制作を経て、2020 年『aimi』として新たなプロジェ クトを始動。
2019 年、音楽プロデューサー Shingo.S との出会いをきっかけに、楽曲制作をスタート。
2020 年5 月にリリースしたデビュー EP「Water Me」が iTunes R&B / ソウルチャートで初登場 1 位を獲得。リード曲「Sorry」が J-WAVE の SONAR TRAX に選ばれ、パワープレイされる。
楽曲は 英語と日本語両方で制作しており、国境を越えた音楽活動を目指し、精力的に活動している。
2021年 1 月より block.fm にて DaBook と DJ AKITO (Chilly Source) と R&B プログラム『Vibe-In Radio』のパーソナリティを務める。
また disk union 公式サイトにて R&B 楽曲を紹介する連載コラムも担当。

▼SNS
Twitter https://twitter.com/aimi_music
Instagram https://www.instagram.com/aimimusicofficial/
Facebook https://www.facebook.com/aimimusicofficial
SoundCloud https://soundcloud.com/aimimusic-com

▼Spotify
https://open.spotify.com/artist/4YejPGH3QAUl4dj1ZZk6e7?si=nE-oiV9fT-mZoqviouqM_g
▼Apple Music
https://music.apple.com/jp/artist/aimi/1511042749



〈Back Number〉