200

ステレオサウンド

創刊50周年特集=誌面を飾った名スピーカー200選/特別付録ベルリン・フィルSACD/CD

  • BOOK
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,800円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
ステレオサウンド
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
通販番号
1007183784
発売日
2016年09月01日
EAN
9784880733876
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

●創刊50周年特集
誌面を飾った名スピーカー200選
小野寺弘滋/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳

スピーカーの極めて多様な表現力こそが
人々をオーディオの楽しさに駆り立てる 柳沢功力

●表紙で振り返る『ステレオサウンド』誌50年のあゆみ

●創刊50周年企画 ステレオサウンド誌の基礎を築いた人たち 柳沢功力

●米国マッキントッシュ・ラボラトリー訪問記
現代に息づくクラフツマンシップ 黛 健司

●独オクターブ社訪問記
もっと愛機の秘密を知りたい 山本浩司

●付録SACD連動企画
世界最高のオーケストラが起ち上げた
ベルリン・フィル・レコーディングス
宮下 博/城所孝吉

●パーヴォ・ヤルヴィ N響とのR.シュトラウス:交響曲チクルス 小野寺弘滋

●仲道郁代 デビュー30周年に寄せて 宮下 博

●創刊50周年企画 Japan Brand 探求
・アキュフェーズ 黛 健司
・オーディオ・ノート 和田博巳
・イクリプス 和田博巳
・エソテリック 小野寺弘滋
・マランツ 黛 健司
・メルコ/デラ 藤原陽祐
・TAD 山本浩司
・ヤマハ 小野寺弘滋

●SS Interview 聞き手 小野寺弘滋/三浦孝仁/山本浩司
・アイオン=ゲルハルト・ヒルト氏
・バング&オルフセン=ジェフ・マーティン氏
・オーシャンウェイ・オーディオ=アラン・サイズ氏、リック・プルシュナー氏、アーニー・ウッディ氏
・プラタナス=助廣哲也氏
・PSオーディオ=ポール・マクゴワァン氏、テリ・マクゴワァン氏、スコット・マクゴワァン氏
・レガ=ロイ・ガンディ氏

●モニターオーディオ「プラチナム・シリーズII」に導入されたテクノロジー 三浦孝仁

●忘れがたい真夏の衝撃体験 山本浩司
リンのEXAKTがJBLとKEFに対応

●マジコM3完成直前情報 三浦孝仁

●連載 続・ニアフィールドリスニングの快楽 和田博巳

●連載 聴く鏡 菅原正二

●連載 レコード音楽随想 ~音盤の向こう側~ 嶋護

●秋の新着モデル徹底試聴 Exciting Components
・アキュフェーズ=DP950+DC950 三浦孝仁
・フォーカル=Sopra No3 柳沢功力
・ヤマハ=NS5000 傅 信幸
・モニターオーディオ=PL200II/PL100II 和田博巳
・ソナス・ファベール=Venere Signature 宮下 博
・マランツ=SA10 小野寺弘滋
・マークレビンソン=No.526 柳沢功力
・コンステレーション・オーディオ=Centaur II 傅 信幸
・エソテリック=F03A/F07 和田博巳
・DSオーディオ=DS Master1+DS Master1専用イコライザー 三浦孝仁

●速報 ついに登場するB&Wのシリーズ最上級機800D3 三浦孝仁

●New Components Review 2016 AUTUMN
話題の新製品を聴く
小野寺弘滋/高津 修/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁/宮下 博/柳沢功力/山本浩司/和田博巳

●試聴ディスク一覧

●JUST NEW COMPONENTS

●SS Sound Accessory Information

●SSインフォメーション

●連載 SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生
ポピュラー=小林慎一郎/和田博巳

●連載 The Best Sounding CD 嶋護の一枚

●連載 名盤深聴 高橋健太郎

●連載 名曲が染みる 小林慎一郎

●連載 現代の名演奏家たち 舩木篤也

●エソテリック名盤復刻シリーズ カラヤン、ポリーニの傑作登場 宮下博

●ピチカート・ファイヴ 初期2作品をLP、ハイレゾなどで復刻 和田博巳

●SSオーディオ名盤シリーズ「SACD+CD」で始動 嶋護

●ハリー・ベラフォンテの名作ライヴが2枚組SACDで甦る 山本浩司

●SS HOT NEWS
KISOアコースティック=HB-G1 三浦孝仁
ソナス・ファベール=SF16 山本浩司

●連載 音楽の誘拐 許光俊

●続編決定 松田聖子SACDプロジェクト再び 嶋護