TALK is LOFT 新宿ロフトプラスワン事件簿

平野悠

  • BOOK
  • 売切
  • (注文不可)

1,760円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
ロフトブックス
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
4907929220
通販番号
1007459063
発売日
2017年07月31日
EAN
9784907929220
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

1995 年7 月、世界初のトークライブハウスとして新宿にオープンした『ロフトプラスワン』。音楽、映画、文学マンガ、アニメ、お笑い、アイドル、エロ、政治経済、社会問題など、ありとあらゆるテーマのトークイベントを20 年以上にわたり開催し、“タブーなき言論空間”としてトークライブの文化を日本に定着させてきたサブカルチャーの総本山だ。そんなロフトプラスワンの黎明期に巻き起こったスキャンダラスな事件の数々を、創始者である「ロフト席亭」こと平野 悠が透徹した視点と筆致で自ら語り尽くした一大回想記。

「 新宿サブカル御殿」(中森明夫)
「 オタクの聖地」(唐沢俊一)
「 乱闘、襲撃酒場」(鈴木邦男)
「 文化のドブさらい」(リリー・フランキー)

などと呼ばれ、そのテーマが面白そうなことなら有名無名にかかわらずどんな人にでも表現の場を提供し続けてきたロフトプラスワンはどんな経緯でオープンに至り、サブカルチャーの発信基地となっていったのか。波乱含みで筋書きのないトークライブの醍醐味とは何なのか。90 年代日本のサブカルチャーを語る上でも資料的価値の高い一冊。