かくしてモスクワの夜はつくられ、ジャズはトルコにもたらされた

ウラジーミル・アレクサンドロフ

  • BOOK
  • 新品在庫取寄せ
  • (5日~3週間後に発送)

4,620円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
白水社
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
通販番号
1008001940
発売日
2019年09月26日
EAN
9784560097229
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

アメリカン・ドリームをモスクワで叶えた黒人
すべてを乗り越える、差別も、言語も、革命の激震も
 

アメリカン・ドリームをモスクワで叶えた黒人フレデリック。ナイトクラブの興行で巨万の富を築いた彼を革命が襲う――その栄光と破滅。解説:沼野充義
 

この生涯もまた、彼がプロデュースしたスペクタクルなのか?
 

厳酷な黒人差別社会に見切りをつけたミシシッピ生まれのフレデリックは、海を越えて旧大陸へ渡り、帝政時代のモスクワでアメリカン・ドリームを摑むのだが……ロシア文学の碩学による、まるで物語(フィクション)のような歴史ノンフィクション。アメリカ南部の社会、爛熟する帝政末期のモスクワの夜、そして、第一次世界大戦とロシア革命の勃発――激動の時代を背景に描かれる、不屈な男の、凄まじくも痛快で爽快な魂の遍歴。
とはいえ本書の面白さは、われらが「主人公」フレデリックの波瀾万丈な人生を追うことだけにとどまらない。彼がモスクワで成り上がる過程は、じつは帝政末期ロシアにおけるミドルクラスの勃興と軌を一にしている。マクレイノルズ『〈遊ぶ〉ロシア』(法政大学出版局刊)で分析されたようなこの時代のロシアのミドルクラスの余暇の過ごし方――劇場、スポーツ、ツーリズム、ナイトライフ、映画――と、フレデリックが活躍した娯楽庭園やナイトクラブは、切っても切れない関係にある。フレデリックや、彼を取り巻いた人びとの姿を通して、大衆文化の揺籃期特有の熱気をも感じることができるのだ。
巻末に沼野充義氏(スラヴ文学者)による解説を収録した。
 

[原題]The Black Russian

 

白水社