興行師列伝 愛と裏切りの近代芸能史 (新潮新書)

笹山敬輔

  • BOOK
  • 売切
  • (注文不可)

902円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
新潮社
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
4106108453
通販番号
1008225116
発売日
2020年01月16日
EAN
9784106108457
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

やるか、やられるか――。
それが興行の世界だ!


華やかな舞台での熱演、鳴り止まぬ大歓声……しかしその裏では、血と汗と金にまみれた争いがあった――。情熱と野望で大衆芸能の発展に貢献した、松竹・吉本・大映・東宝の創業者たち。その波瀾万丈の人生やライバルとの仁義なき戦いを、膨大な資料からドラマチックに描く。ヤクザや官との癒着、札束攻撃、二枚舌……昔も今も芸能界は、グレーゾーンだらけの弱肉強食の世界。注目の演劇研究者による、おもろうてやがて哀しき興行師たちの物語。


【目次より】
はじめに


第一章十二代目守田勘弥――近代興行の父
興行師の明治維新/借金大王/守田座移転問題/劇場の視覚・聴覚・嗅覚/カブキ資本主義/歌舞伎の戦争報道/櫓のない劇場/改革者の闇落ち/興行専門代言人田村成義/芸能界談合事始/座元のプライド/敵に回してはいけない男
 

第二章大谷竹次郎――経営と道楽の超克
青い眼の菊五郎/松竹のファミリーヒストリー/竹次郎、劇場を買う/竹次郎の野望/関東vs.関西/前門の松竹、後門の帝劇/木挽町陥落歌舞伎座は我が手中にあり/松竹無双一騎当千/新たなる敵/誰が歌舞伎を救ったか/血と水の相克/興行師はつらいよ
 

第三章吉本せい――やがて哀しき興行師
首領の死/朝ドラヒロイン全開/すばらしい新世界/吉本のブランド戦略/だいおおさかばんざい/吉本の民衆娯楽論/大阪アンタッチャブル/漫才師は戦場へ行った/大阪代理戦争/浅草電撃作戦/おもろうてやがて哀しき興行師
 

第四章永田雅一――ヤクザとグランプリ
ヤクザからディズニーまで/永田雅一はそこにいる/ヤクザが作ってヤクザが売る/裏切りの序曲/太秦の熱い日/悪魔的奇手/私の大事なだんな様/神話の国の人だもの/世界の永田、千本組の雅一/花待ち得たる今日の対面/一縷の幻想/恩讐の彼方に
 

第五章小林一三――大実業家の最後の〝夢〟
河童の国/箕有電車で行こう/国民をプロデュース/興行改革のマニフェスト/巨大劇場への対処法/有楽町に建てましょう/特命支配人秦豊吉/東宝vs.松竹三大劇場興行界最大の決戦/東宝vs.松竹THE MOVIE/大東亜の純真/時代の流れに身をまかせ/赤い東宝「/国民劇」繚乱/宝塚の救世主/神なき時代の演劇
 

おわりに
参考文献&ブックガイド