JAZZ KISSA 2022-2023 - 2022年-2023年のジャズ喫茶

KATSUMASA KUSUNOSE 楠瀬克昌

2022年から2023年までの2年間に撮影した日本全国のジャズ喫茶、34軒を紹介する写真集

  • BOOK
  • 新品在庫取寄せ
  • (5日~3週間後に発送)

2,640円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
JAZZ CITY
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
4991343100
通販番号
1008844226
発売日
2024年04月30日
EAN
9784991343100
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

※変型A4判(W210mm×H278mm) / 無線綴じ / フルカラー / 貢数:152ページ


2022年から2023年までの2年間に撮影した日本全国のジャズ喫茶、34軒を紹介する写真集。


――本書「あとがき」より――

 『JAZZ KISSA 2014』Vol.1&Vol.2、『JAZZ KISSA 2015-2019』と3冊の写真集をこれまで発行してきた。ジャズ喫茶のみをただ写しただけという写真集はそれまで日本にもなく、これが世界初の試みとなったわけだが、このような風変わりな本がここまでの反響を呼ぶとは自分でもまったく予想もしていなかった。『JAZZ KISSA 2022-2023』は4作目になるが、『JAZZ KISSA 2020-2021』というタイトルがこのシリーズに欠けているのは、この期間はコロナ禍のために私が1軒のジャズ喫茶も取材できなかったためである。2020年から2021年の2年間、私はジャズ喫茶だけでなく、一般の喫茶店やレストランにも一度も入らなかった。それは自分や家族、そして高齢化した店主たちへの感染を恐れたからだが、2024年のいま、それを気にする人はもはやほとんどいなくなった。Covid19が絶滅したわけではないし、この世界が元通りになったわけではないのだが、どうやら2019年以前のようにジャズ喫茶を訪ねて写真を撮ることができるようになった。コロナ禍で世界中の飲食店が大きなダメージを受け、閉店した店もたくさんあるが、日本のジャズ喫茶にかんしていえば、Covid19が原因で閉店した例はわずかで、店主の高齢化や建物の老朽化のほうがはるかに大きな問題だ。ただ、幸いにも、若い世代や店の常連有志たちによって生まれた新しいジャズ喫茶も少しずつ増えていて、この本に掲載した34店のうちのおよそ三分の一は、ここ数年のうちに現れた新しい経営者たちによる店だ。

これまでは各店を2ページずつ掲載していたのだが、今回は掲載店数を半分にして、その代わりに1店を4ページで掲載することにした。これによって、それまでの3冊に比べるとこの本はよりパワフルになり、訴求力が増したのではないだろうか。


2022-2023年のジャズ喫茶 掲載店(計34店)

《岩手》ジャズタイムジョニー

《宮城》パラゴニアン

《東京》スローボート/Player’ s Bar R /レトロ喫茶エラ&ルイ/tonlist

《新潟》JAZZ FLASH/SWAN/ A7/J BIRD

《静岡》マムゼル

《愛知》青猫/グッドベイト /バリレラ/ロンドンハウス

《三重》ボガート/スイング(2024年閉店)/どじはうす

《奈良》エリントン

《京都》YAMATOYA/Hachi Record Shop and Bar /トレイン/ HANAYA

《大阪》 ロングウォークコーヒー/Sway/チッポグラフィア/SUB/ディアロード

《兵庫》ステージ/ M&M

《岡山》ごじとま

《愛媛》マニアナ/JUG/ ロン