ミニマルミュージック:ミニマルの奥義

STUDIO VOICE スタジオ・ボイス

  • BOOK
  • 売切
  • (注文不可)

700円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
INFASパブリケーションズ
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
SV200905
通販番号
CM-0027416
発売日
2009年04月08日
EAN
4910154370590
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ミニマルミュージック : ミニマルの奥義 
それはひとつの発見だった。リピートされる一音一音はシンプルなのに、流れる時間のなかで音楽はときにうつくしく、ときに不可思議な響きになる。60年代、アメリカのアートシーンでひとつの潮流をつくった「ミニマル」のコンセプトは隣り合った音楽に飛び火し、瞬く間にひとつのジャンルへ成長した。起点をもち、物語とともに展開し、カタルシスへ収束する西洋音楽への反動として、初期のミニマリストたちが非西洋圏にヒントを求めたのはよくしられた話だ。いまではミニマルの方法論はポップスやロック、ダンスミュージック、あるいはファッションの1タームにまで広がり、あらゆる場所に偏在する概念となった。いまはどうだろうか?私たちのまわりには情報が渦巻いていて、誰もが日々選択を迫られている。チョイスのポイントは多様だが、「文脈」や「物語性」が幅をきかせているのはいなめない。だからもう一度ミニマルを聴く。古典に耳を傾け、ディープ・ミニマルが響くフロアに身を置き、何気なく聴いているロックやポップスのミニマリズムを抽出してみる。それは音楽を聴く行為のなかから、みずからの耳で考える方法をつかみだすことだ。