無縁のメディア 映画も政治も風俗も

三田 格

  • BOOK
  • 売切
  • (注文不可)

2,090円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
Pヴァイン
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
4906700738
通販番号
DI170308-239
発売日
2013年03月08日
EAN
9784906700738
  • LINE

  • メール

商品詳細情報


3.11以降から2年、世界はどのように変化しているのか……そして、私たちはこの乱世をいかに生きるのか。思想家と音楽ライターがタッグを組んで、深刻な過渡期に切り込んだ渾身の一冊、ついに登場!


「社会主義」は、「社会」の終わりから始まった。それは、資本主義の危機でも あったが、資本主義はそれを取り込んで生き 延びてきた。だから、いまの資本主義にとっては、「社会的なもの」は不要なのである。(粉川哲夫「序文」より)

3.11から2年、原発問題、金融危機、などなど、激動する社会に生きる私たちに見える世界の正体とは……? デジタル・メディアが社会に行き渡った21世紀、すべてが「正しく」「オープン」になる社会がなぜ息苦しいのか? なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか? なぜ人は「なぜ?」と思わなくなっていくのか?
自らの身体感覚を手がかりに生きてきた老人(思想家)と中年(音楽ライター)が戦後のサブカルチャーから政治までを俯瞰しつつ、映画や音楽を手がかりに世界の見方とその可能性について語る!