毒血と薔薇 コルトレーンに捧ぐ

MASAAKI HIRAOKA 平岡正明

  • BOOK
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,200円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
国書刊行会
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
通販番号
JZ070811-04
発売日
2007年08月11日
EAN
9784336049445
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

■四六版、268頁

ジャズの黒い神様、ジョン・コルトレーンがあまりにも早く41歳で逝ってしまったのが1967年7月17日。40回忌にあたる今年7月、平岡正明が熱く書き下ろすコルトレーン論(100枚)を含む、最新のジャズ論集。
「コルトレーンのテナーの音には、彼自身が聖者になろうとする見当違いは別に、烈しい祈念力が乗り移っている。(中略)第一に黒いということ、第二に烈しいということ、第三に内面の劇ではあるが、戦っていることが、コルトレーンのジャズを黒人革命の海燕の唄にしたのである」(本書より)。
標題作を含む15篇、「平岡正明のジャズ」が詰まった、粋で伝法で革命的な一冊。

平岡正明とは・・・1941年生まれの「武闘派文筆家」。ジャズと落語と喧嘩(ストリートファイト)をこよなく愛し、『ジャズ宣言』『山口百恵は菩薩である』等々、多数の著書があるカリスマ。谷川鴈と大山倍達を師匠にもつ。

解説=菊地成孔・・・ミュージシャン。文筆家としての才能も高く、人気を博す。平岡正明の大ファン。

(以上「国書刊行会」インフォメーションより転載)

※ディスクユニオンでも現在はサイン本でのご提供となりますが、無くなり次第終了(サイン無しに切り替え)となります。御了承くださいませ。