ドヴォルザーク: ヴァイオリン協奏曲 / ラヴェル: ツィガーヌ

EDITH PEINEMANN エディト・パイネマン

タワーレコード企画・TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

1,047円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
タワーレコード(CLASSIC)
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
PROA164
通販番号
1005168035
発売日
2007年12月05日
EAN
4988005499028
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

知る人ぞ知る女流ヴァイオリニスト、パイネマンのDG完全録音集!
インターナショナル初CD化のラヴェル「ツィガーヌ」も収録!

パイネマン(1937.3.3-)は知る人ぞ知るドイツの女流ヴァイオリン奏者。マインツに生まれた彼女は、父親に手ほどきを受けた後、歴史的名手マックス・ロスタルに師事しました。ロスタルのもとで研鑽を積んだパイネマンは、1956年に開催されたミュンヘン国際コンクールに出場、見事ヴァイオリン部門第1位という栄冠に輝きます。その後1965年、カーネギーホールにおいて、巨匠ジョージ・セル率いるクリーヴランド管とベートーヴェンの協奏曲を演奏、これが彼女の華々しいオーケストラ・デビューとなり、以降ミュンシュ、ショルティ、小澤征爾、カラヤンといった錚々たる指揮者たちとの共演がスタートしたのです。
セルとの共演はこの後も続き、バルトークやブラームスの協奏曲を演奏しました。このように並々ならぬ実力を持つパイネマンですが、何故か正規録音は極めて少なく、その名手がDGに唯一残した録音を今回完全復刻しました。ラヴェルの「ツィガーヌ」はこれがインターナショナル初CD化となる貴重音源です。伴奏を務めるペーター・マーク & チェコ・フィルのいぶし銀の響きにも是非ご注目ください! (資料提供:タワーレコード)

【曲目】
1. ドヴォルザーク: ヴァイオリン協奏曲 イ短調 作品53
2. ラヴェル: ツィガーヌ (ヴァイオリンと管弦楽のための狂詩曲)

【演奏】
エディト・パイネマン(ヴァイオリン)
ペーター・マーク(指揮)、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団


【録音】
1965年7月 プラハ
アナログ・ステレオ収録