R.STRAUSS:VIOLIN SONATA / RAVEL:TZIGANE, ETC (STUDIO RECORDINGS)

GINETTE NEVEU ジネット・ヌヴー

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

2,585円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
OPUS蔵
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
OPK2109
通販番号
1006288138
発売日
2014年05月28日
EAN
4582158681097
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ヌヴーのスタジオ録音
戦前のベルリンでのR. シュトラウス:ソナタ


「これまでオーパス蔵のSPやLPの復刻は一部の例外を除いて安原暉善氏の手によるものでした。今回は初めての試みでCD全部の復刻が広川陽一氏によるものです。実はまだオーパス蔵が誕生する前に安原氏が広川氏にSPの音をきちんと取り出す手順を指導しており、その後広川氏がさらに自分なりに技術を発展させております。言ってみれば師匠と弟子の関係にあるわけで、広川の音には安原のDNAが入り込んでいます。弟子の音をお楽しみいただければ幸いです。
このCDは、彼女がまだ10代だった貴重な戦前のSP録音と、LP時代から有名だった戦後のSPの名演奏を、広川氏のコレクションから御自身の復刻でまとめたものです。ヴァイオリンのオーパス蔵の評判に相応しいオーパス蔵のリアリスティックな音質で復刻されています。グルックの『メロディ』とパラディスの『シシリエンヌ』が1938年4月13日、ベルリンにおけるヌヴーの記念すべき最初のセッション録音です。翌年1939年3月、同じくベルリンでリヒャルト・シュトラウスのヴァイオリン・ソナタを録音しました。シュトラウスは2014年に生誕150年を迎えましたが、1939年は生誕75年にあたり、おそらくはその記念録音だったのでしょう。
ヌヴーの本格的な録音は戦後すぐにロンドンで始まりました。協奏曲はシベリウス、ブラームスが残されましたが(OPK2064)、ここでは小品を集めております。」(OPUS蔵 相原了/資料提供:キングインターナショナル)

【収録内容】

・グルック:『オルフェオとエウリディーチェ』~メロディ(ヴィルヘルミ編曲)
・パラディス:シチリア舞曲(ドゥシキン編曲)
ブルーノ・ザイドラー・ヴィンクラー(ピアノ)
録音:1938年、ベルリン

・R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 Op.18
・タルティーニ:コレッリの主題による変奏曲(クライスラー編曲)
グスタフ・ベック(ピアノ)
録音:1939年、ベルリン

・ラヴェル:ツィガーヌ
・ショパン:夜想曲第20番嬰ハ短調(遺作)(ロディオノフ編曲)
・スーク:4つの小品 Op.17
・ディニーク:ホラ・スタッカート(ハイフェッツ編曲)
・ファリャ:歌劇『はかなき人生』~スペイン舞曲(クライスラー編曲)
ジャン・ヌヴー(ピアノ)
録音:1946年、ロンドン

以上、ジネット・ヌヴー(ヴァイオリン)

原盤:SP Electrora HMV