「三美神」 ラモー・ロワイエ・デュフリ クラヴザン作品集

KAZUNE OKI 大木和音

レコ芸・準特選

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

3,000円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
ana/records
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
ANCD10001
通販番号
1006736394
発売日
2015年06月24日
EAN
4580481392710
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

★《レコード芸術》誌2015年8月号・器楽曲部門において【準特選】に選出されました !

同誌の録音評でも<90-93点>と高ポイントを獲得、【今月の優秀録音】にも選ばれました。


 DSD11.2MHz/1bit マルチ録音によって、ホールの響き・楽器の音色・そして大木和音の息づかいまでが一つに切り取られた、完全無編集作品

ラモー、ロワイエ、デュフリを一人の作曲者のように描写した時代を超えて伝わるフレンチバロック音楽
 
ラモーのドラマティックな音楽性は、類を見ないゴージャスさと、色彩豊かな和声の世界に、私たちを引き込んで行く。それは、作曲された時代を超えて、むしろ未来から来る音を聞いているように思える。
ラモーの呼びかけに応じたように、二人の音楽家が現れ、音楽にまた異なる方向から光を当てた。
同一の肖像でも、光の当たる方向で全く別の物に見えるように、その表現は、時間が過ぎ行く感覚までも変えた。緻密に構築される芸術は、多種多様な表現をあるテーマに沿って、壮大な美の世界を私たちに見せてくれる。
今回の録音は、一般的な、バロック時代の作曲家の伝記でも、百科事典の様な歴史の学習のための物でもない。生きた、また脈絡と生き続けて、ますます力を増す彼ら (ラモー、ロワイエ、デュフリ) のフィロソフィーと演奏家 大木和音のコラボレーションなのです。 (製作元提供資料に基づく)


【収録内容】
大木和音 ラモー / ロワイエ / デュフリクラヴサン作品集『三美神』 Les Grâces
1. 三美神 Les Grâces (4'31") J.デュフリ
2. ラ・ドゥ・ブロムブル La de Belombre (4'05") J.デュフリ
3. タンブランI, II Tambourin I et II (1'45") P.ロワイエ
4. 無関心 L'Indifférente (2'00") J-Ph.ラモー
5. メヌエットI,II Menuet I et II (2'31") J-Ph.ラモー
6. 未開人 Les Sauvages (2'07") J-Ph.ラモー
7. 優しい感情 Les tenders Sentiments (7'26") P.ロワイエ
8. 気まぐれ Le Vertigo (5'57") P.ロワイエ
9. フォルクレ La Forqueray (7'19") J.デュフリ
10. アルマンド Allemande (5'52") P.ロワイエ
11. 敏感 La Sensible (5'33") P.ロワイエ
12. スキタイ人の行進 La Marche des Scythes (7'39") P.ロワイエ
13. ラ・ドゥ・シャムレ La de Chamlay (7'26") J.デュフリ
14. 三美神 Les Grâces ~Pianino version~ (4'41") J.デュフリ  [Total (69'03")]


■大木 和音(おおき かずね)プロフィール■

東京藝術大学チェンバロ科、同大学院修士課程修了。山田貢、鈴木雅明、シーベ・ヘンストラの各氏に師事。「群馬県新進芸術家・海外派遣員」としてオランダ・ユトレヒト音楽院に留学、ソリスト・ディプロマを得て卒業。藝大「安宅賞」受賞。帰国後、同大に推薦され、旧奏楽堂にてデビュー・リサイタルを行う。
第9回古楽コンクール第3位、第38回ブルージュ国際古楽コンクール・ディプロマ賞受賞。
霧島国際音楽祭(ゲスト・アーティスト)、イタリア人ピアニスト、アンドレア・パドヴァ氏とのジョイント・コンサート(第一生命ホール)、ラモーのみの楽曲を演奏する画期的なリサイタル『オール・ラモー』(所沢市民文化センターミューズ)、CD発売記念コンサート『DramaticLatin Baroque!!』(白寿ホール)、東京都交響楽団定期演奏会(東京文化会館、サントリーホール)等に出演。
高崎市少年科学館プラネタリウム秋番組では、音楽およびナレーションを担当、中島ノブユキ書き下ろしの楽曲『星々の瞬き』を、チェンバロとプリペアード・ピアノの二重奏という世界初のコラボレーションで披露した。昨年は1月より、「スペースにはたづみ」(東京・銀座)において月1回のチェンバロライヴを成し遂げた。またラモー没後250周年にちなみ、全国各地でCDリリース記念リサイタルを展開した。
ラモー作品集『ため息の風景』(eweイーストワークスエンターテインメント)、バッハ・アルバム『イタリア協奏曲』(セシルレコード)、『The Flight of TheBumble Bee』(ana)等のCDが発売され、各音楽専門誌で大絶賛を集める。
現代に生きるチェンバリストとして、バロック作品だけでなく、ジャンルを超えたさまざまな作品に挑み、多くのファンの心をつかむ。