LA DIVINA MARIA CALLAS (BEST OF 2CD)

MARIA CALLAS マリア・カラス

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)
  • OUTLET

2,915(税込)

30%OFF 2,041円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • BEST ALBUM
  • レーベル
    WARNER CLASSICS
    国(Country)
    IMPORT
    フォーマット
    CD
    組数
    2
    規格番号
    5419766491
    通販番号
    1008727030
    発売日
    2023年10月20日
    EAN
    5054197664915
    • LINE

    • メール

    商品詳細情報

    マリア・カラス生誕100年!カラスの名唱による2CDベスト盤

    マリア・カラス生誕100年、最後のオペラ公演から約60年、そして亡くなって45年以上経った今でも、マリア・カラスはオペラの歴史に欠かせない存在です。音楽的な完全性と劇的な真実性をおそらく前例のないほど重視し、19世紀初頭のベルカント・レパートリーに対する認識を一変させ。オペラの歴史を変えたと言われるマリア・カラス。プリマドンナ・アッソルータとして知られる彼女は、最高の芸術家として、また女性として、そしてスタイルの象徴として魅了し続けています。彼女の解釈は、その音楽的な完全性だけでなく、ドラマティックな真実のための説得力があり、彼女の声は、並外れた音域を持ち、そのフレーズに対する絶対的なセンスと同様に独特なものといえましょう。彼女はオペラのヒロインたちに生き生きとした命を吹き込み、魔法のように音色を整え、色付けし、リブレットのテキストを洞察的に活用した歌唱で、現在においても魅了してやみません。
    このアルバムでは、彼女のユニークな声と悲劇のヒロインの心憎い描写を披露した、オペラを代表する名曲のきらびやかなセレクションです。CD1はスタジオ録音音源から、CD2はライヴ録音音源から、名歌唱を選りすぐった2枚組です。
    全てオリジナル・マスターテープより、2014年、2017年リマスター音源を使用。

    ※こちらの輸入盤のブックレットにはマリア・カラスについての解説のみ(欧文のみ)で、歌詞・対訳は掲載されておりません。2CDデジパック仕様。
    (ワーナーミュージック)

    【収録予定】
    《CD1:スタジオ録音より》
    1) ベッリーニ:歌劇『ノルマ』~「清らかな女神よ」(1960年録音)
    [演奏]ミラノ・スカラ座合唱団、管弦楽団、トゥリオ・セラフィン(指揮)
    2) ビゼー:歌劇『カルメン』~「恋は野の鳥」(ハバネラ)(1964年録音)
    [演奏]ルネ・デュクロ合唱団、パリ国立歌劇場管弦楽団、ジョルジュ・プレートル(指揮)
    3) ロッシーニ:歌劇『チェネレントラ』~「悲しみと涙のうちに生まれて...もうとりみだしません」(1964年録音)
    [演奏]パリ音楽院管弦楽団、ニコラ・レッシーニョ(指揮)
    4) プッチーニ:歌劇『蝶々夫人』~「ある晴れた日に」(1954年録音)
    [演奏]フィルハーモニア管弦楽団、トゥリオ・セラフィン(指揮)
    5) プッチーニ:歌劇『ボエーム』~「私の名はミミ」(1954年録音)
    [演奏]フィルハーモニア管弦楽団、トゥリオ・セラフィン(指揮)
    6) プッチーニ:歌劇『ジャンニ・スキッキ』~「私のお父さん」(1954年録音)
    [演奏]フィルハーモニア管弦楽団、トゥリオ・セラフィン(指揮)
    7-10) ヴェルディ:歌劇『椿姫』~「ああ、多分、あの方なのよ」「どうかしてる!どうかしてる!」「いつも自由で、快楽から快楽」「さようなら、過ぎ去った日よ」(1953年録音)
    [演奏]フランチェスコ・アルバネーゼ(テノール)、トリノRAI交響楽団、 ガブリエーレ・サンティーニ(指揮)
    11) ベッリーニ:歌劇『夢遊病の女』~「ああ、信じられない」(1957年録音)
    [演奏]ニコラ・モンティ(テノール)、ミラノ・スカラ座管弦楽団、アントニーノ・ヴォットー(指揮)
    12) プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』~「この宮殿の中で」(1954年録音)
    [演奏]フィルハーモニア管弦楽団、トゥリオ・セラフィン(指揮)
    13) ヴェルディ:歌劇『シチリア島の夕べの祈り』~「ありがとう、愛する友よ」(1954年録音)
    [演奏]フィルハーモニア管弦楽団、トゥリオ・セラフィン(指揮)
    14) ポンキエッリ:歌劇『ジョコンダ』~「自殺!」(1959年録音)
    [演奏]ミラノ・スカラ座管弦楽団、アントニーノ・ヴォットー(指揮)
    15) ヴェルディ:歌劇『運命の力』~「神よ、平和を与えたまえ!」(1954年録音)
    [演奏]ミラノ・スカラ座管弦楽団、トゥリオ・セラフィン(指揮)
    16) ヴェルディ:歌劇『マクベス』~「ここに、まだしみがある」(1958年録音)
    [演奏]フィルハーモニア管弦楽団、ニコラ・レッシーニョ(指揮)
    17) ドニゼッティ:歌劇『ランメルモールのルチア』~「あの方は、この上もなく燃える情熱に」(1959年録音)
    [演奏]マルグレータ・エルキンス(メゾ・ソプラノ)、フィルハーモニア管弦楽団、トゥリオ・セラフィン(指揮)

    《CD2:ライヴ録音より》
    1) プッチーニ:歌劇『ジャンニ・スキッキ』~「私のお父さん」(1963年パリ録音)
    [演奏]フランス放送国立管弦楽団、ジョルジュ・プレートル(指揮)
    2) ヴェルディ:歌劇『トロヴァトーレ』~「恋はバラ色の翼に乗って」(1957年アテネ録音)
    [演奏]アテネ・フェスティヴァル管弦楽団、アントニーノ・ヴォットー(指揮)(アテネ、1957年)
    3) プッチーニ:歌劇『トスカ』~「歌に生き、愛に生き」(1958年パリ録音)
    [演奏]ティト・ゴッビ(バリトン)、パリ・オペラ国立歌劇場管弦楽団、ジョルジュ・セバスティアン(指揮)
    4) ビゼー:歌劇『カルメン』~セギディリャ「セビリャのとりでのほとり」(1962年ロンドン録音)
    [演奏]コヴェント・ガーデン・ロイヤル・オペラ管弦楽団、ジョルジュ・プレートル(指揮)
    5) ドリーブ:歌劇『ラクメ』~鐘の歌:「若いインド娘はどこへ」(鐘の歌)(1954年トリノ録音)
    [演奏]RAIローマ交響楽団、オリヴィエロ・デ・ファブリティース(指揮)
    6) ロッシーニ:歌劇『セビリャの理髪師』~「今の声は」(1959年ハンブルク録音)
    [演奏]北ドイツ放送交響楽団、ニコラ・レッシーニョ(指揮)
    7) ヴェルディ:歌劇『仮面舞踏会』~「私は死んで参りましょう。でも、その前にこの願いを」(1957年ミラノ録音)
    [演奏]ミラノ・スカラ座管弦楽団、ジャナンドレア・ガヴァッツェーニ(指揮)
    8) ドニゼッティ:歌劇『ポリウート』~「甘い感動の涙が」(1960年ミラノ録音)
    [演奏]ミラノ・スカラ座管弦楽団、アントニーノ・ヴォットー(指揮)
    9) ヴェルディ:歌劇『リゴレット』~「グァルティエ・マルデ~いとしいみ名をきいただけでも(慕わしきみ名)」(1952年メキシコ録音)
    [演奏]カルロス・サガルミナーガ(テノール)、アルベルト・ヘレーラ(バリトン)、フランシスコ・アロンソ(バス)、メキシコ・シティ・ベラス・アルテス劇場管弦楽団、ウンベルト・ムニャーイ(指揮)
    10) ドニゼッティ:歌劇『アンナ・ボレーナ』~「邪悪な二人よ、だが最後の復讐の言葉は」(1957年ミラノ録音)
    [演奏]ガブリエラ・カルトゥラン(メゾ・ソプラノ)、ジャンニ・ライモンディ(テノール)、プリニオ・クラバッシ(バス)、ミラノ・スカラ座合唱団、管弦楽団、ジャナンドレア・ガヴァッツェーニ(指揮)
    11) シャルパンティエ:歌劇『ルイーズ』~「その日から」(1954年サンレモ録音)
    [演奏]RAIローマ交響楽団、アルフレード・シモネット(指揮)
    12) ロッシーニ:歌劇『セミラーミデ』~「麗しい光が.」(1956年ミラノ録音)
    [演奏]RAIミラノ交響楽団、合唱団、アルフレード・シモネット(指揮)
    13) ワーグナー:歌劇『トリスタンとイゾルデ』~「おだやかに、静かに」(イゾルデの愛の死)(イタリア語歌唱)(1957年アテネ録音)
    [演奏]アテネ・フェスティヴァル管弦楽団、アントニーノ・ヴォットー(指揮)
    14) ヴェルディ:歌劇『シチリア島の夕べの祈り』~「アッリーゴ!ああ、心に語れ」(1951年フィレンツェ録音)
    [演奏]フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団、エーリヒ・クライバー(指揮)
    15-16) ベッリーニ:歌劇『海賊』~「突然、私の夫が私の前に現われて...不幸な女、私は空しい愛情に」(1959年ニューヨーク録音)
    [演奏]レジーナ・サーファティ(メゾ・ソプラノ)、グレイド・ピーターソン(テノール)、ピエール・ミランダ・フェラーロ(テノール)、アメリカ・オペラ協会管弦楽団、合唱団、ニコラ・レッシーニョ(指揮)
    17) マスネ:歌劇『マノン』~「さようなら、私たちの小さなテーブルよ」(1963年パリ録音)
    [演奏]フランス放送国立管弦楽団、ジョルジュ・プレートル(指揮)