FRANZ SCHMIDT: VARIATIONS ON A HUSSER'S SONG / ETC

ALEXANDER RUMPF アレグザンダー・ルンプ

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,640円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
CAPRICCIO
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
C5274
通販番号
CL-1007181833
発売日
2016年08月29日
EAN
0845221052748
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

フランツ・シュミット(1874-1939)といえば、多くの人はオラトリオ「七つの封印の書」を思い起こすことでしょう。1937年に作曲されたこの曲は第2次世界大戦の開戦を暗示するような不穏な空気に満たされており、彼自身の作曲活動の集大成の意図を持って書いたとされています。このアルバムには、そんなシュミットの1930年代初頭の作品が2曲と、ピアノと管弦楽のための「幻想曲」(世界初録音)が収録されています。憂鬱な序奏の後に出現する軽快な主題が楽しい「軽騎兵の歌による変奏曲」は1931年にクレメンス・クラウスによって初演され、その後もブルーノ・ワルターをはじめとした大指揮者たちが繰り返し演奏している人気曲です。シャコンヌは元々オルガンのための曲でしたが、「軽騎兵」と同じ年にオーケストレーションを施され、やはりクレメンス・クラウスが初演しています。
このアルバムの一番の注目作である「ピアノと管弦楽のための幻想曲」は、シュミット25歳の頃に書かれた作品で、この曲の素材は、彼の代表作の一つとなる歌劇「ノートル・ダム」の"間奏曲"と"謝肉祭の音楽"にそのまま用いられています。この作品は結局出版されることもなく、そのまま忘れられてしまい、2013年11月になってようやく初演されました(ファビオ・ルイージ指揮ウィーン交響楽団、ピアノ…ヤスミンカ・スタンチュル)。華やかなピアノのパッセージが際立つ、明快かつ穏やかな曲想は、後のシュミットのシリアスな作風とは一線を画したロマンティックを持ち、聴き手に強い印象を残します。 (資料提供:ナクソス・ジャパン)

【収録内容】
フランツ・シュミット:

[1] 軽騎兵の歌による変奏曲(1930-1931)
[2] ピアノとオーケストラのための幻想曲 変ロ長調(1899)
[3] オーケストラのためのシャコンヌ ニ短調(1931)

【演奏者】
アレグザンダー・ルンプ(指揮) ラインラント=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団
ヤスミンカ・スタンチュル(ピアノ) [2]

【録音】
2016年3月29日-4月1日 フィルハーモニー(ルートヴィヒスハーフェン、ラインラント=プファルツ州、ドイツ)