BRAHMS & BEETHOVEN: VIOLIN CONCERTOS

GINETTE NEVEU ジネット・ヌヴー

南西ドイツ放送音源リマスタリング

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

2,090円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
SWR MUSIC
国(Country)
GER
フォーマット
CD
組数
2
規格番号
SWR19018CD
通販番号
CL-1007237732
発売日
2016年10月27日
EAN
0747313901883
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

フランスのヴァイオリニスト、ジネット・ヌヴー(1919-1949)。フリッツ・クライスラー、ジャック・ティボーと並ぶ才能の持ち主で、将来を嘱望されていましたが、わずか30歳の時に飛行事故で非業の死を遂げます。
彼女は音楽一家に生まれ、7歳でブルッフの協奏曲第1番を演奏しパリ音楽院に入学、11歳で首席卒業と、幼い頃から抜群の才能を発揮しました。そして1931年、ウィーンのコンクールに参加した際、カール・フレッシュの目に留まり、13歳でベルリンに留学。4年間に渡り師の教えを受け、1935年にはヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールで第1位を獲得します(この時の第2位はオイス卜ラフでした)。
その後、第二次世界大戦の間は活動を中断するも、ヨーロッパ全土のみならず、南北アメリ力、オーストラリアまで演奏旅行を行い、1949年にはイギリスのエディンバラ国際フェスティバルに出演するなど、洋々たる未来が開けていたのです。しかしその年の10月27日、彼女の乗ったエールフランス機はサンミゲル島の山中に墜落、以降彼女のライヴ演奏を聞く事は永遠に不可能となってしまいました。

このブラームスとベートーヴェンは早すぎる晩年の演奏ですが、そんな悲劇は微塵も感じさせない力強さに溢れたものです。ジャケットにはこれまでに発表されたことのない若きヌヴーの秘蔵写真と、彼女が師カール・フレッシュに宛てて書いた手書きのメモがデザインされています。 (資料提供:ナクソス・ジャパン)


【収録内容】
DISC1

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.77

DISC2
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.61

【演奏者】
ジネット・ヌヴー(ヴァイオリン)
ロジェ・デゾルミエール(指揮) フランス国立放送管弦楽団 [DISC1]
ハンス・ロスバウト(指揮) バーデン=バーデン南西ドイツ放送交響楽団 [DISC2]

【録音】
1948年4月25日 [DISC1]、1949年9月25日 [DISC2]
以上、バーデン・バーデン クアハウスにて収録

ソングリスト

  • 1. BRAHMS:VIOLIN CONCERTO IN D,OP.77
  • 2. BEETHOVEN:VIOLIN CONCERTO IN D,OP.61