• CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,547円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
HD Impression(エイチディーインプレッション)
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
HDI80011
通販番号
CL-1007390890
発売日
2017年06月07日
EAN
4573159760287
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

奇跡のユニット“超チェロ組”
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校(芸高)同級生4人によるチェロカルテット「超チェロ組」

メンバーは現在オーケストラやソロで活躍中の、植草ひろみ・菊地知也・渡部玄一・渡邉辰紀(五十音順)。
芸高は1学年にチェロが4人いることが稀な上、その4人が年齢を重ねた今、第一線で活躍しているというまさに“奇跡のユニット”の名にふさわしい“超チェロ組”。

音を出せばすぐに相手に寄り添いハーモニーを形成する様は見事。それでいてそこは高校の同級生、冗談を言いあい“俺、お前”の仲が随所に見られる。レコーディングも同級生ならではの笑いの絶えない、和気藹々とした楽しい雰囲気の中行われた。
この4人が満を持して贈る曲の数々、どうぞご堪能下さい。 (HD Impression)

[1] 演奏会用ポロネーズ Op.14:ダーヴィト・ポッパー
Polonaise de Concert OP.14 : David Popper
I 渡邉辰紀 II 菊地知也 III 植草ひろみ IV 渡部玄一

[2] フィドル・ファドル:ルロイ・アンダーソン
Fiddle-Faddle : Leroy Anderson
I 渡邉辰紀 II 菊地知也 III 植草ひろみ IV 渡部玄一

[3] おくりびと:久石譲
編曲:石島栄一
Okuribito : Joe Hisaishi / Arr : Eiichi Ishijima
I 植草ひろみ II 渡邉辰紀 III 渡部玄一 IV 菊地知也

[4] 映画音楽メドレー
編曲:平部やよい 編集:林俊昭
Moive Music Medley Arr : Yayoi Hirabe/ Toshiaki Hayashi
I 渡部玄一 II 渡邉辰紀 III 植草ひろみ IV 菊地知也
4-1 エデンの東:レナード・ローゼンマン Theme from East of Eden : Leonard Rosenman
4-2 「第三の男」よりハリー・ライムのテーマ:アントーン・カラス
The Third Man : Harry Lime Theme : Anton Karas
4-3 「ティファニーで朝食を」よりムーンリバー:ヘンリー・マンシーニ
Moon River from "Breakfast at Tiffany's" : Henry Mancini
4-4 ドクトル・ジバゴ(ララのテーマ):モーリス・ジャレー
Lara's Theme from "Doctor Zhivago" : Maurice Jarre
4-5 八十日間世界一周:ヴィクター・ヤング
Around the World from "Around the World in 80 Days" : Victor Young
4-6 慕情:サミー・フェイン Love Is a Many Splendored Thing : Sammy Fain
4-7 風と共に去りぬ(タラのテーマ):マックス・スタイナー
Tara's theme from "Gone with the Wind" : Max Steiner

[5] アヴェ・マリア:ウィルヘルム・フィッツェンハーゲン
Ave Maria Op.41 : Wilhelm Fitzenhagen
I 菊地知也 II 植草ひろみ III 渡邉辰紀 IV 渡部玄一

[6] スペイン:チック・コリア
編曲:坂田桃子 Spain : Chick Corea Arr : Momoko Sakata
I 渡部玄一 II 植草ひろみ III 渡邉辰紀 IV 菊地知也

[7] 無言歌:ユリウス・クレンゲル
Song without Words Op.33 : Julius Klengel
I 菊地知也 II 渡邉辰紀 III 植草ひろみ IV 渡部玄一

[8] ポル・ウナ・カベサ:カルロス・ガルデル
編曲:石島栄一
Por Una Cabeza : Carlos Gardel / Arr : Eiichi Ishijima
I 渡邉辰紀 II 植草ひろみ III 渡部玄一 IV 菊地知也

[9] 荒城の月:滝廉太郎
編曲:石島栄一
Koujouno Tsuki : Rentaro Taki / Arr : Eiichi Ishijima
I 植草ひろみ II 渡邉辰紀 III 菊地知也 IV 渡部玄一

[10] レリジオーソ:ゲオルク・ゴルターマン
Religioso : Georg Goltermann
I 植草ひろみ II 菊地知也 III 渡部玄一 IV 渡邉辰紀

[11] 花は咲く:菅野よう子
編曲:内門卓也
Hanawa Saku : Kanno Yoko / Arr : Takuya Uchikado
I 菊地知也 II 渡邉辰紀 III 植草ひろみ IV 渡部玄一

メンバープロフィール

植草ひろみ
東京藝大音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部卒業後、1987年より10年間、新日本フィルハーモニー交響楽団に在籍。退団後、ロサンゼルス録音のピアソラ曲集のCD「Cafe 1930」をリリース。またブエノスアイレスにホセ・ブラガート氏(ピアソラの親友チェリスト)を訪ね、教えを受け多くの楽譜を持ち帰リ、日本で紹介している。国内外のアーティストとの共演も多く、 アンドレ・ギャニオン氏の日本公演、“久石譲氏と9人のチェリストのコンサート・ツアー”、ペギー葉山氏、江原啓之氏のリサイタル、また中村雅俊氏のCD“ワスレナイ”に収録の“花は咲く”に参加している。また自身2枚目のCD「いつかの美しい日のように」は、音楽誌を中心に高い評価を得た。
2014年、早川りさことのライブ・ハイレゾサラウンド・アルバム「Song of the Heart」をダウンロード販売のみでリリース。
2015年、作曲家でピアニストの中村由利子とユニット“リベロバ”を結成しCD「This is Liberoba」をリリース。同年ハープの早川りさことの「Sound of the Sky」もCDとハイレゾサラウンドでリリースした。ラジオ番組、ベジタブル&フルーツアドバイザーの資格を持つなど活躍の幅を広げている。
オフィシャル・サイト: http://www.U1.sokei.co.jp/Hiromi/

菊地知也
東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部卒業。
第6,8回霧島国際音楽祭にて奨励賞受賞。東京藝術大学にて安宅賞受賞。
1991年、第60回日本音楽コンクール第1位、併せて増沢賞、特別賞受賞。
1994年、第4回日本室内楽コンクール第1位、併せて東京都知事賞受賞。第1回全日本ビバホールチェロコンクール第1位。
霧島国際音楽祭、宮崎国際音楽祭、湯布院音楽祭、木曽音楽祭、ひろびろ音楽祭、オホーツク音楽祭、沖縄ムーンビーチ・ミュージック・フェスティバルなど多くの音楽祭に参加している。
また、紀尾井ホール室内管弦楽団、アンサンブル・ノマド、アクロス弦楽合奏団、カルテット・プラチナム、バロック21、アンサンブル・ロココのメンバーとしての室内楽活動やソリストとしても活躍。
全国各地のコンクールの審査員も務め、東京芸術大学、桐朋学園大学、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師として後進の指導にもあたっている。
現在、日本フィルハーモニー交響楽団ソロ・チェリスト。日本チェロ協会評議委員。
所属事務所(ミリオン コンサート協會)によるプロフィール http://www.millionconcert.co.jp/artist/strings/profile/kikuchi_t.html

渡部玄一
東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、桐朋学園大学卒業。同校研究科卒。
1993年、NYのジュリアード音楽院卒。NY在住中には国連総本部やリンカーン・センターなどで数度に渡りリサイタルを開催、好評を博す。インディアナ大学でさらに研鑽を積んだ後、帰国。以来、NHK-BS、NHK-FM出演をはじめ、ソリスト、室内楽、オーケストラ奏者として幅広く活躍している。
2003年より文化庁海外派遣員として一年間ドイツのミュンヘンにて研修。
2008年、(株)東京アンサンブルギルド設立。通常のコンサート活動の他、日本各地を訪れ300校以上の学校を訪問、また介護施設、養護学校、少年院等の訪問演奏も積極的に行っている。
現在、読売日本交響楽団団員、及びフェリス女学院講師。著作に「ワタナベ家のちょっと過剰な人びと」海竜社出版などがある。
2011年にファーストアルバム「It’s Peaceful Here ここは良きところ」リリース。
2014年よりDHCシアターにて自身がホストを務める音楽番組「音の教養」の放送がスタートし、翌年には同番組コンサートを開催。
2015年2月、ドラゴンクエストの作曲家として知られている、すぎやまこういち氏プロデュース番組「日いづる国より」にゲストとして出演。
オフィシャルサイト: http://tokyo-eg.wixsite.com/genichi-watanabe

渡邉辰紀
東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部卒業。
在学中は優秀な学生に贈られる「安宅賞」を受賞したり、日本音楽コンクールにも入賞する等華々しい成績を修めるが、驕ることなく2年間も修学期間を延長し、それでもあきたらずドイツはデトモルトに留学。カリーネ・ゲオルギアン女史の薫陶を受ける。
6年に及ぶ研鑽の締めくくりに、ドイツ国家演奏家試験でフリードリッヒ・グルダのチェロ協奏曲を演奏し、特別賞付きで合格。同時に北西ドイツフィルハーモニーにソロ・チェリストとして入団。10年間在籍し「ドイツ国家室内楽奏者」の称号を獲得。
2006年夏、16年間のドイツ生活にピリオドを打ち完全帰国。東京フィルハーモニーに首席チェリストとして入団。
オーケストラはもとよりソロ、室内楽、果てはジャズ、ロック、民族音楽と多彩な音楽活動は高く評価されている

ソングリスト

  • 1. ポッパー:演奏会用ポロネーズ Op.14
  • 2. L.アンダーソン:フィドル・ファドル
  • 3. 久石譲:おくりびと
  • 4. 映画音楽メドレー(エデンの東/ハリー・ライムのテーマ/ムーンリバー/ララのテーマ/八十日間世界一周/慕情/タラのテーマ)
  • 5. フィッツェンハーゲン:アヴェ・マリア
  • 6. チック・コリア:スペイン
  • 7. クレンゲル:無言歌
  • 8. ガルデル:ポル・ウナ・カベサ(首の差で)
  • 9. 滝廉太郎:荒城の月
  • 10. ゴルターマン:レリジオーソ
  • 11. 菅野よう子:花は咲く