ROOTS(ルーツ)

YASUTO KASUGA 春日保人

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

3,240円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
オクタヴィア・レコード
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
OVCL00657
通販番号
CL-1007628582
発売日
2018年03月21日
EAN
4526977006570
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

春日保人は東京藝術大学及び大学院を卒業。大学院ではバロック専攻で、その後バッハ、モンテヴェルディ、シャルパンティエをなど、多くの宗教作品で活動。また、オペラでの活動も目立つなか、現代の邦人作品にもレパートリーを拡充し、徳山美奈子、樹原涼子などの作曲家から作品を献呈され、初演を行っていることも特筆されるでしょう。アルバムの前半、20世紀中期にかけて活動した2人の邦人作曲家では、時代の背景や作品の特質に焦点を置き、それらを誠実に歌い上げることで、夭逝の天才たちへのオマージュとしています。後半のラテンの熱さを秘めた歌声が、想いをひそめたガルデルで閉じられるこのデビュー盤は、秀抜な呉のピアノを得て、このバリトンの「今」を鮮やかに伝えています。

<春日 保人>
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院古楽科バロック声楽専攻修了。バロックジェスチャーによってヘンデルの歌劇《リナルド》(日本初演)アルガンテ役、《アグリッピーナ》クラウディオ役に出演し各音楽誌で好評を受ける。またフィリドールの音楽舞踏喜劇《太ったカトスの結婚》(世界初蘇演)にてタイトルロール役で出演、そのユニークでコケティッシュな演奏は多くの人の心に刻み込まれた。邦人作品にも出演は多く、信時潔作曲の交声曲《海道東征》のバリトンソロや、安藤由布樹作曲《この灯は永遠に》の青年達雄役に出演している。'01年よりアントネッロのヴォーカルとして活躍し、'06,'07年に『目白バ・ロック音楽祭』に出演。ニコラウ・デ・フィゲイレド氏と共演を果たす他、東京国立博物館のダ・ヴィンチ展開催に伴い、NHK-BSHiにて『受胎告知』の前でダ・ヴィンチ作曲の歌曲などを演奏する。熊本市「人づくり基金」の助成を受けトリノに留学中、レッジョ・エミリア『ポリフォニー音楽祭』に招聘されリサイタルを開催、好評を博した。バッハの各受難曲やカンタータ、ベートーヴェン《交響曲第9番》、ブラームス《ドイツ・レクイエム》やフォーレ《レクイエム》などそのレパートリーは広く、中世・ルネサンスからバロック、古典派から現代曲までと各分野で高く評価されている。日本ヘンデル協会会員。  (資料提供:オクタヴィア・レコード)

【曲目】
貴志康一:
かごかき
さくらさくら
藝者
船頭唄
富士山

早坂文雄:春夫の詩に拠る四つの無伴奏の歌
1 うぐひす
2 嫁ぎゆく人に
3 孤独
4 章州橋畔口吟
ピアソラ:バチンの少年

ファリャ:7つのスペイン民謡
1 モーロ布地
2 ムルシア地方のセギディーリア
3 アストゥリアス地方の歌
4 ホタ
5 子守歌
6 カンシオン
7 ポロ

ガルデル/呉恵珠 編:想いの届く日

【演奏】
春日保人 (バリトン)
呉 恵珠 (ピアノ)

【録音】
2017年8月28-31日
神奈川・相模湖交流センター