BEETHOVEN, MOZART, BRAHMS & TCHAIKOVSKY: VIOLIN CONCERTOS

ERICA MORINI エリカ・モリーニ

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)
  • WEB特別価格:初回入荷分のみ

2,322(税込)

25%OFF 1,742円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
MEMORIES
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
組数
2
規格番号
MR2598/9
通販番号
CL-1007665515
発売日
2018年05月30日
EAN
4562484885987

商品詳細情報

名女流エリカ・モリーニ(1904~1995)は、ウィーンの生れ、ユダヤ系だったために1938年からはアメリカに移住し、活動の拠点を移しました。何せ1916年には世界一の大指揮者ニキシュと共演している程ですから神童の名をほしいままにしました。巨匠たちの豪華な伴奏を得た協奏曲ライヴ集が登場です。

ベートーヴェンはミュンシュの剛直で男性的なベートーヴェン蔵に嫋やかなモリーニのヴァイオリンが花開きます。第一楽章が終わっての熱狂的な拍手も凄まじい。第3楽章のカデンツァ部分に目立つノイズがございますので、ご了承の上お求めください。
モーツァルトの「トルコ風」は相性の良かったセルとの共演。ザルツブルク・ライヴ。セルもつられてロマンティックなモーツァルトを聞かせてくれます。まるで泣き声のような切なさ!
ブラームスはワルターの壮大な、そしてロマンの神髄のような伴奏を得ての飛翔。既出CDは音が籠り気味でしたが改善されております。ここでも第一楽章終了後、盛大な拍手が送られております。
チャイコフスキーの伴奏がホーレンシュタインというのも感激です。華麗な芸風と瀟洒な芸風のミスマッチは必聴です。ベートーヴェン以外は良好な音質と申せましょう。(輸入元情報)

【収録内容と共演者】
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲(ミュンシュ指揮ボストン響1962年1月12日ライヴ)[24:26][9:49][9:49]
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」(セル指揮フランス国立放送響、1959年8月3日ライヴ)[10:34][10:31][9:36]
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲(ワルター指揮ニューヨークフィル、1953年12月20日ライヴ)[19:58][9:11][7:33]
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲(ホーレンシュタイン指揮フランス国立放送響、1957年12月19日ライヴ)[17:47][6:08][8:24]

【演奏者】
エリカ・モリーニ(ヴァイオリン)

ソングリスト

Disc 1

  • BEETHOVEN:VIOLIN CONCERTO IN D,OP.61
  • MOZART:VIOLIN CONCERTO NO.5

Disc 2

  • BRHAMS:VIOLIN CONCERTO IN D,OP.77
  • TCHAIKOVSKY:VIOLIN CONCERTO IN D,OP.35