BEETHOVEN: VIOLIN CONCERTO

ERICA MORINI エリカ・モリーニ

1967年ライヴ・ステレオ収録

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

1,944円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
MEMORIES
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
MR2597
通販番号
CL-1007669434
発売日
2018年05月16日
EAN
4562484885970
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ファン垂涎。これぞ女流の品格!!
エリカ・モリーニ+ジョージ・セル/クリーヴランド
高貴、典雅のベートーヴェン!!ステレオ録音


名女流エリカ・モリーニ(1904~1995)は、ウィーンの生れ、ユダヤ系だったために1938年からはアメリカに移住し、活動の拠点を移しました。何せ1916年には世界一の大指揮者ニキシュと共演している程ですから神童の名を恣にしました。名声に比して録音が少ないために幻扱いされることもありますが、実際は晩年まで精力的な活動を展開。単に録音に関心がなかっただけのようです。
芸風は繊細な美音を生かした高貴、典雅そのもの。ウィーンのエレガンスを体現できる名女流です。伴奏がセルというのも泣かせます。セルは古くはウィーンフィルを指揮してフーベルマンの伴奏でこのベートーヴェンスタジオ録音しており、後々まで演奏会、録音を繰り返しました。セルはこのヴァイオリン協奏曲を交響曲と並ぶ管弦楽作品の傑作と考えていた模様です。ここではふくよかで丸みのある、深深たる抒情溢れる名バッキング!セルはソリストの選定にやかましく、お気に入りの人としか共演しておりませんが、モリーニとはザルツブルク音楽祭にも遠征参加するくらいで、息の合ったところを見せます。第一楽章終了時に熱狂的な拍手が30秒も続きます。このライヴが音質良好なステレオ録音で収録されていたことに感謝の念が深まるばかりです。  (輸入元情報)

【曲目】
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 OP.61

【演奏】
エリカ・モリーニ(ヴァイオリン)
ジョージ・セル(指揮) クリーヴランド管弦楽団

【録音】
1967年5月11日 セヴェランス・ホール(クリーヴランド)におけるライヴ
アナログ・ステレオ収録