CSO - IN THE TWENTIETH CENTURY-COLLECTOR'S CHOICE

CHICAGO SYMPHONY ORCHESTRA シカゴ交響楽団

シカゴ響自主制作・直輸入盤 / 国内流通仕様・ブックレット邦訳付き

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)
  • WEB特別価格

15,444(税込)

15%OFF 13,127円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 限定品
  • 注文数限定
レーベル
CHICAGO SYMPHONY ORCHESTRA
国(Country)
US
フォーマット
CD
組数
10
規格番号
CSOCD0010
通販番号
CL-1007785700
発売日
2018年11月24日
EAN
4909346309371

こちらの商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。

  • LINE

  • メール

商品詳細情報

限定生産BOX・CD10枚組、国内流通仕様・日本語解説(ブックレット邦訳)付き
※入荷数には限りがあります。
※WEBからの発送は入荷日以降となります。
※制作元完売の際は何卒ご容赦ください。


※中古品は、付属していた日本語帯・日本語解説書が欠損している場合がございます。
ご購入前に特記事項をご確認くださいますよう、お願いいたします。



★1891年創立のシカゴ交響楽団の貴重なアーカイヴ録音集。前世紀に行われた、歴代の豪華客演指揮者による、シカゴのオーケストラ・ホール、およびラヴィニア・フェスティヴァルでの貴重な演奏記録の中から、丁寧にマスタリングしています。どの演奏をとっても語り尽くせぬことばかり、きわめて価値あるボックスの登場です!


★録音が少ないフリッツ・ブッシュによる、快速にして格調高きベートーヴェンの交響曲第1番([CD1])。ステレオ・美音の、キリル・コンドラシンによる力強いプロコフィエフの交響曲第3番([CD3])。[CD4&5]のマルティノンによるマーラーの第3番は、シカゴ響にとっての初演でした(ベルリン・フィルの初演は1969年、バルビローリ指揮)。 [CD7]で収録されているサージェントは、シカゴ響には2度しか客演しませんでした。しかも彼はヴォーン・ ウィリアムズの交響曲第9番やオーボエ協奏曲を初演した人物にも関わらず、ヴォーン・ウィリアムズの交響曲の録音はありませんでした。当時72歳のサージェントのエレガンスは楽団員を魅了したといいます。この1967年の演奏が最晩年の演奏となり、この後ロンドンにからくも戻り、プロムスでスピーチを行いましたが、同年10月に亡くなりました。また、同じく[CD7]の小澤征爾は、1964年から5年間、ラヴィニア・フェスティヴァルの音楽監督を務めておりましたが、この音源は他では見られない貴重なもの。[CD9]には、ショルティに指名されて1972年にコンサートマスターに就任(入団は1958年、25歳)、以降2007年までコンサートマスターとして活躍したサミュエル・マガドとショルティによるバルトークという貴重音源も収録。どれも入念なマスタリングが施された優秀音質。これは見逃せません。


★なお、オリジナル・ブックレットは、トラック表を含めて60ページを超えるもので、それぞれの演奏についてのエピソードなども記載された興味深い内容です。また、ラヴィニア音楽祭に颯爽と登場するモントゥーなど、興味津津の写真も多数掲載。このたびこのブックレットの日本語訳も同封致します。


★【パッケージ仕様】ディスクは2枚組のデジパック(スリーブ仕様)に収められています。デジパックが計5つとブックレット(64ページ)が、布張り の三方背ケースに収納されている仕様となります。シカゴ交響楽団の自主制作品(CSOR品番の《CSO Resound》レーベルとは異なります)。
演奏終了後の拍手は、入っているものと入っていないものがあります。

(資料提供:キングインターナショナル)


【収録内容】
[CD1]
・ワーグナー:"歌の殿堂を讃えようHail, Bright Abode"~『タンホイザー』第2幕 より[MONO] フレデリック・ストック(指揮)、フェスティヴァル・コーラス(Festival Chorus) 【録音:1933 年 5 月27日/オーケストラ・ホール(シカゴ)(A Century of Progress)】
・ベートーヴェン:交響曲第1番 ハ長調 op.21[MONO] フリッツ・ブッシュ(指揮) 【録音:1949年2月3日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】
・シューベルト:交響曲第8番 ロ短調 D759「未完成」[MONO] ブルーノ・ワルター(指揮) 【録音:1958年3月13日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】
・シューマン:マンフレッド序曲 op.115 [MONO] ブルーノ・ワルター(指揮) 【録音:1956年2月1日/WGN-TV Studios】
・J=F.ラモー:ダルダニュス組曲(ヴァンサン・ダンディ版)[MONO] シャルル・ミュンシュ(指揮) 【録音】1963年2月27日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】


[CD2]
・ワーグナー:『ローエングリン』第3幕への前奏曲 [MONO] アルトゥール・ロジンスキ(指揮) 【録音:1948年4月21日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】
・ベートーヴェン:交響曲第2番 ニ長調 op.36 [MONO] レオポルト・ストコフスキ(指揮) 【録音:1962年10月7日/WGN-TV Studios】
・ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 op.92 [STEREO] ヤーノシュ・フェレンチク(指揮) 【録音:1979年3月22,24日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】


[CD3]
・チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調 op.36 [MONO] フリッツ・ライナー(指揮) 【録音:1957年11月21日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】
・プロコフィエフ:交響曲第3番 ハ短調 op.44 [STEREO] キリル・コンドラシン(指揮) 【録音:1976年4月8,9,11日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】


[CD4]
・ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調より第1楽章 [STEREO] パウル・ヒンデミット(指揮) 【録音:1963年4月7日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】
・R.シュトラウス:「町人貴族」組曲 op.60 [MONO] ハンス・ロスバウト(指揮) 【録音:1960年11月13日/WGN-TV Studios】
・マーラー:交響曲第3番 ニ短調(第1部)[STEREO] ([CD5]につづく)


[CD5]
・マーラー:交響曲第3番 ニ短調(第2部、CD4からの続き) [STEREO] ジャン・マルティノン(指揮) レジーナ・レズニック(メゾ・ソプラノ) シカゴ交響楽団女声合唱団 (マーガレット・ヒリス:合唱指揮) シカゴ児童合唱団(クリストファー・ムーア:合唱指揮) 【録音:1967年3月23-25日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】
・ラルフ・シェイピー(1921-2002): オーケストラのための儀式 (Rituals for Symphony Orchestra) ラルフ・シェイピー(指揮) 【録音:1966年5月12-13日/オーケストラ・ホール(シカゴ)※世界初演】


[CD6] ・ワーグナー:『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第3幕への前奏曲 [MONO] ピエール・モントゥー(指揮) 【録音:1961年1月1日/メディナ・テンプル】
・ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調 [STEREO] クラウス・テンシュテット(指揮) 【録音:1984年5月31日、6月2日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】


[CD7]
・ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第2番(「ロンドン交響曲」)[STEREO] サー・マルコム・サージェント(指揮) 【録音:1967年7月6日/ラヴィニア音楽祭】
・アーロン・コープランド:荘厳な儀式のための序言 [STEREO] 小澤征爾(指揮) マリアン・アンダーソン(ナレーター) 【録音:1968年6月27日/ラヴィニア音楽祭】
・ウィリアム・シューマン:交響曲第3番 [STEREO] レナード・スラットキン(指揮) 【録音:1986年2月6,8日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】


[CD8]
・ビゼー:序曲「祖国」[MONO] デジレ・デフォー(指揮) 【録音:1947年1月22日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】
・ドビュッシー:6つの古代墓碑銘(アンセルメによる管弦楽版)[STEREO] エルネスト・アンセルメ(指揮) 【録音:1968年1月25-26日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】
・ドビュッシー/ラインスドルフ編:歌劇『ペレアスとメリザンド』より前奏曲と間奏曲 [STEREO] エーリヒ・ラインスドルフ(指揮) 【録音:1986年11月26,29日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】
・コープランド:バレエ音楽「ビリー・ザ・キッド」組曲 [STEREO] ジェイムス・レヴァイン(指揮) 【録音:1981年7月4日/ラヴィニア音楽祭】


[CD9] ・アルベール・ルーセル:交響曲第3番 ト短調 op.42 [STEREO] シャルル・ミュンシュ(指揮) 【録音:1967年2月16,18日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】
・ジョン・コリリアーノ:ラヴェロの鐘(ショルティ75歳記念オーケストラ委 嘱作品/世界初演録音) [STEREO] ケネス・ジーン(指揮) 【録音:1987年10月9日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】
・バルトーク:2つの肖像 op.5 [STEREO] サミュエル・マガド(ヴァイオリン) サー・ゲオルク・ショルティ(指揮) 【録音:1987年9月24,26日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】
・エリオット・カーター:オーケストラのための変奏曲 [STEREO] サー・ゲオルク・ショルティ(指揮) 【録音:1982年1月26日/ドロシー・チャンドラー・パヴィリオン、ロサンジェ ルス、カリフォルニア】
・ブゾーニ:序曲「喜劇」[STEREO] ダニエル・バレンボイム(指揮) 【録音:1996年1月4日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】


[CD10] ・モーツァルト/ブゾーニ編:『後宮からの誘拐』序曲 K.384 [STEREO] ダニエル・バレンボイム(指揮) 【録音:1996年2月8日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】
・モーツァルト:ディヴェルティメント第11番 ニ長調 K.251より(第1,2,3&5 楽章)[STEREO] レイ・スティル(オーボエ) カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮) 【録音:1967年3月2-3日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】
・ベートーヴェン:オリーヴ山上のキリスト op.85 [STEREO] ローラ・エイキン(ソプラノ) ベン・ヘップナー(テノール) ルネ・パーペ(バス) シカゴ交響楽団合唱団(ドゥエイン・ウォルフェ:合唱指揮) ダニエル・バレンボイム(指揮) 【録音:1996年2月15-16日/オーケストラ・ホール(シカゴ)】


管弦楽:すべてシカゴ交響楽団