ブラームス: 交響曲第4番、他

OTTO GERDES オットー・ゲルデス

TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION +plus

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

1,257円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
タワーレコード(CLASSIC)
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
PROC-2253
通販番号
CL-1008047338
発売日
2019年12月11日
EAN
4988031364062
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION +plus

こちらの商品はタワーレコード様企画商品ですが、限定販売期間が解除されましたので、ディスクユニオンでも新品のご注文を承れます。

カラヤンの黄金時代を支えた名プロデューサー、ゲルデスがBPOを振った稀少音源を最新復刻!
優秀録音盤 / ワーグナーも2曲を収録
本国オリジナル・アナログ・マスターテープより新規で復刻


★DGの名プロデューサーにして、カラヤンの右腕としても活躍したオットー・ゲルデスが指揮者として初めてDGレーベルに録音を行なった1961年収録の「ブラームス:交響曲第4番」と、同じくベルリン・フィルとの63年の「マイスタージンガー第1幕への前奏曲」、そして最後のDG録音となったバンベルク交響楽団との1971年のワーグナー2曲の、計4曲を復刻。ベルリン・フィルとの2曲は、2011年にリリースされた「カラヤン60s」の韓国盤BOXのボーナス盤としてCD化されたのみで、今回が国内初CD化となる貴重なアルバムです。また、「ファウスト」序曲は国内盤でCD化済でしたが、今回、「リエンツィ」序曲は世界初CD化となります。CD時代ではほぼこれまで再発されてこなかった稀少な音源を、ゲルデス生誕100年、没後30年という機会に最新で復刻いたします。

★ゲルデスは元々、ケルン音楽院でアーベントロートに師事した指揮者であり、DG入社後も指揮活動を続けていました。チェコ・フィルとのスプラフォン音源や、ライプツィヒ放送交響楽団との録音も残っています。DGでは今回の音源の他に、ドイツ語歌唱の「オネーギン」抜粋、「オテロ」抜粋といったローカルなものから、ベルリン・フィルとの新世界、ウィーン交響楽団とのヴォルフや、ニルソン、ヴィントガッセンとの「タンホイザー」全曲、ピエール・ティボーの伴奏盤など、実は何枚も録音を行なっていました。ブラームスを得意としていたのか、1973年11月には東京都交響楽団の招きで来日し、ブラームスの交響曲第4番を含むブラームス・プロを指揮しています。

★ギュンター・ヘルマンスと組んだカラヤンのDG録音は1959年の「英雄の生涯」から始まりますが、僅か2年後に単独でベルリン・フィルと、カラヤンを差し置いてブラームスを録音したというのは面白い状況です。録音の経緯は不明ながらも当時のベルリン・フィルは重厚なドイツ的音色をまだ有しており、このブラームスでも当時のDG録音の特徴であった骨太で力強い響きを聴くことができます。バンベルク交響楽団とのワーグナーも覇気ある演奏であり、ゲルデスが指揮者としても非凡な才能を持っていたことがわかる出来です。

★今回の復刻のために新規で本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから、ハイスペックでハイビット・ハイサンプリング化(192kHz/24bit)を行っています。また、増田良介氏による新規序文解説を掲載。オリジナル・ジャケット・デザインも採用しています。 (タワーレコード)

※世界初CD化(4)
※日本初CD化(1,2)
※本国のオリジナル・アナログ・マスターよりハイビット・ハイサンプリング(24bit/192kHz)化したマスターを使用
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレット内に他のジャケットも一部掲載)
※解説:増田良介氏(新規序文解説)他、作品解説含む解説書合計8ページ

【収録内容】
1. ヨハネス・ブラームス:交響曲 第4番 ホ短調 作品98、
2. リヒャルト・ワーグナー:楽劇《ニュルンベルクのマイスタージンガー》第1幕への前奏曲
3. 同:《ファウスト》序曲、
4. 同:歌劇《リエンツィ》序曲

【演奏】
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1,2)
バンベルク交響楽団 (3,4)
オットー・ゲルデス(指揮)

【録音】
1961年7月7日 (1)、ベルリン、UFA スタジオ、1963年2月23日-26日 (2) ベルリン
1971年4月14日-17日 バンベルク、クルトゥラウム (3,4)

【原盤】Deutsche Grammophon

【Original Recordings】
Executive Producer: Dr. Hans Hirsch (3,4)
Recording Producers: Klaus Sceibe (1), Otto Ernst Wohlert (2), Werner Mayer (3,4)
Balance Engineers: Werner Wolf (1), Gunter Hermanns (2), Klaus Scheibe (3,4)
Recorded by Hans-Rudolf Muller (3,4)、 Editor: Hans-Rudolf Muller (63,4)

【First LP Release】139423 (1,2), 2530194 (3,4)