R.シュトラウス: 歌劇「ナクソス島のアリアドネ」 (SACD)

RUDOLF KEMPE ルドルフ・ケンペ

タワーレコード独自企画・限定生産 / TOWER RECORDS DEFINITION SERIES

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

6,600円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
  • 限定品
レーベル
タワーレコード(CLASSIC)
国(Country)
JPN
フォーマット
SACD
組数
2
規格番号
TDSA177
通販番号
CL-1008244598
発売日
2020年12月25日
EAN
4943674327775
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

※こちらはタワーレコード様企画の限定販売商品です。タワーレコード様店舗およびWEBでの限定販売が解除されるまでは、弊社にて新品のお取り寄せを承ることは出来ませんので、何卒ご容赦ください。
なお、限定販売が解除されますのは、発売から数ヶ月ないし半年以上経過してからになりますが、生産数に限りがあるセット物などは限定解除前に完売となってしまう場合もございます。あらかじめご承知おきください。


ケンペ生誕110年記念企画。ケンペとSKDによる一連のR.シュトラウス録音のスタートなった、決定的名盤が遂にSACD化!
新規で本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから最新復刻。
歌詞対訳&新規解説付。世界初SACD化!シリアルナンバー付800セット限定盤


★エレクトローラとドイツ・シャルプラッテンの共同制作として1968年に収録された、ケンペとシュターツカペレ・ドレスデンによる一連のR.シュトラウス録音の最初の1枚となった記念碑的な「ナクソス島のアリアドネ」を初のSACDで復刻。この後収録していく管弦楽曲全集と同様に、レコード史的にも決定盤として名高い録音です。両者と共に、的確な配置の歌手達、当時の制作陣全てが総力を上げて完成させた名盤。本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから192kHz/24bitでデジタル化したマスターを用いてSACD層、CD層別々にマスタリング。新規解説・歌詞対訳付の永久保存盤です。800セット限定のシリアル・ナンバー付。

この「アリアドネ」は旧EMIレーベルにケンペが残した金字塔とも言えるR.シュトラウスの管弦楽曲全集より前の、シュターツカペレ・ドレスデン(以下、SKDと表記)とのR.シュトラウス録音の第1弾となった作品であり、本来であればこの後もオペラの録音があって然るべき位の完成度の高い音源です(この後のオペラ録音も企画されていた?)。残念ながらその後は続きませんでしたが、この1作でもケンペとSKDが永遠にオペラ録音史にその功績が刻まれるほどの出来であり、オペラ好きにとっては堪らない作品と言えるでしょう。歌手陣のセレクトからこのプロジェクトにかける意識の高さを伺えますし、旧東独からはエンジニアのC.シュトリューベンが参加していることからも期待は高まります。録音も素晴らしい出来で、オーケストラの編成が37人というのがにわかに信じられないほどのスケールです(合唱もなし)。これは天才的なシュトラウスのオーケストレーションによる所がもちろん大きいとは言え、ユニークな作品でもあるこの演奏の手綱を見事にコントロールしているケンペの力量の結果です。この作品はこれまで埋もれがちでしたので、復刻盤としてはマニアックではありますが、あえて今回選択しました。ケンペの数多い録音に中でも外すことのできない重要音源であると確信しています。
今回、本国にあるオリジナルの2Chのアナログ・マスターテープから、192kHz/24bitでデジタル化を行ったフラットマスターを使用し最新でマスタリングを行っています。マスターは総じて整ったバランスであり、経年変化も少ない状態でした。そのため、極力オリジナルのバランスを重視し、音楽的な観点でのマスタリングを心掛けました。それにより楽器の距離感や奥行きなど見通しが良くなり、さらに定位が向上したことでストレスなく最上の演奏をお楽しみいただけます。尚、解説書には広瀬大介氏による新規文章を掲載しました。

このシリーズでは、SACD層では伸びのある高域と柔らかなニュアンスと共に高い解像度と豊かな音場を、CD層はまとまったしっかりとした音と共に押し出される実在感ある音色を目指しています。CD自体のポテンシャルも高く、むしろ両方の良さを堪能できるSACDハイブリッド盤としてもお楽しみください。   (タワーレコード)

※SACDハイブリッド盤。世界初SACD化
※限定800セット。デジパック仕様
※シリアル・ナンバー・シール付(シリアル・ナンバーは、本体の裏側に貼付しておりますため外から見えず、お選びいただくことはできません。ランダムでのお渡しとなります。ご了承ください)
※2020年最新マスタリング音源使用(SACD層、CD層を個別にマスタリング)。マスタリング・エンジニア:藤田厚生氏
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用
※解説:広瀬 大介氏(新規解説)、解説書合計88ページ


【収録内容】
歌劇「ナクソス島のアリアドネ」 Op.60,TrV 228a
(台本:フーゴ・フォン・ホーフマンスタール)

[DISC1]
プロローグ

[DISC2]
オペラ

【演奏】
プリマドンナ/アリアドネ:グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)
ツェルビネッタ:シルヴィア・ゲスティ(ソプラノ)
作曲家:テレサ・ツィリス=ガラ(ソプラノ)、
テノール歌手/バッカス:ジェィムズ・キング(テノール)
執事長:エーリッヒ-アレクサンダー・ヴィンズ(語り)
音楽教師:テオ・アダム(バリトン)
士官:エバーハルト・ビュヒナー(テノール)
舞踏教師:ペーター・シュライヤー(テノール)、
かつら師:ギュンター・ドレスラー(バス)
下僕:ヴィルフリード・シャール(バス)
水の精:エリカ・ヴュストマン(ソプラノ)
木の精:アンネリース・ブルマイスター(ソプラノ)
山彦:アデーレ・シュトルテ(ソプラノ)
ハルレキン:ヘルマン・プライ(バリトン)、
スカラムッチョ:ペーター・シュライヤー(テノール)
トルファルディーノ:ジークリート・フォーゲル(バス)
ブリゲルラ:ハンス-ヨアヒム・ロッチュ(テノール)
シュターツカペレ・ドレスデン
ルドルフ・ケンペ(指揮)

【録音】
VI.&VII. 1968, Lukaskirche, Dresdenn

【Original Recordings】
Producer: Eberhard Geiler、 Balance engineer: Claus Struben

【原盤レーベル】
Warner Classics(エレクトローラとVEBドイツ・シャルプラッテン(エテルナ)との共同制作。旧EMI音源)