BACH:ART OF FUGUE (FOR STRINGS)

HERBERT VON KARAJAN ヘルベルト・フォン・カラヤン

歴史的放送音源からのCD化

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

1,944円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
MELOCLASSIC
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
MC5005
通販番号
CL-MELO201609_019
発売日
2016年09月16日
EAN
4560250646398
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

カラヤン唯一の「フーガの技法」

melo classicが飛び切りの音源を発掘した。第二次世界大戦末期に録音されたカラヤン指揮のバッハのフーガの技法である。これは芸術の点のみならず歴史的にも極めて意義が高い。第一に、カラヤンの指揮したバッハのフーガの技法の録音はこれが初めてである。カラヤンについての情報において権威ある www.karajan.orgで検索しても、カラヤンがフーガの技法を演奏した記録はこの録音を含めて見当たらない。第二にリンツの大ドイツ放送国営ブルックナー管弦楽団の演奏録音であること。このオーケストラは第二次世界大戦末期、ブルックナーを熱愛するヒトラーの意向でリンツに1943年に創設され、ゲオルク・ルートヴィヒ・ヨッフム(オイゲンの弟)に指導され、多数の一級指揮者を客演に迎えた。
しかし戦局悪化のため1945年3月で活動が停止、解散。政治色が濃かったがゆえにごく短命の幻のオーケストラになった。このオーケストラを頻繁に指揮したのがカラヤンだった。実はカラヤンがこのオーケストラを指揮してフーガの技法を録音したことは団員だったゲルハルト・ボッセの証言が残されていたのだが、前述のように存在が確認されていなかった。幻の録音がついに日の目を見たのである。しかも偶然にもフルトヴェングラーの有名な「ウラニアのエロイカ」の僅か5日前の録音だ。
演奏自体もたいへん素晴らしい。響きは厚いものの、流麗でバランスの取れた美的感覚は、後の帝王カラヤンを十分思い起こさせるものだ。録音状態はいかにも第二次世界大戦中のドイツ国営放送の磁気テープ録音といった水準で、やや歪っぽいが弦楽オーケストラであればさほど気にならない程度だろう。なお未完のフーガは未完のまま演奏している。  (資料提供:東武ランドシステム)

【収録内容】
J.S.バッハ:
フーガの技法 BWV1080 (弦楽合奏による縮小演奏)

【演奏者】
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
大ドイツ放送国営ブルックナー管弦楽団

【録音】
1944年12月14日 リンツ
国営放送協会による放送用スタジオ録音

モノラル

収録時間=45'19