• CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

4,730円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
Profil (CLASSICAL)
国(Country)
GER
フォーマット
CD
組数
8
規格番号
PH17004
通販番号
DFN170818-029
発売日
2017年09月30日
EAN
0881488170047
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

★Profileレーベルからリリースされたテンシュテットのライヴ録音は、いずれも彼最良の壮絶な演奏ばかりでファンを狂喜させてきました。今回それを8枚組、驚きの特別価格にてご提供いたします! ★定評のあるマーラーが圧巻。天上の世界であるはずの第4番に地獄が見え隠れする恐ろしい演奏。この作品の真意を見る気がします。「亡き子をしのぶ歌」全曲を大歌手ファスベンダーが歌っているのも魅力。あらためてテンシュテットのマーラー演奏の凄さを堪能できます。 ★生前リリースが実現しなかったプロコフィエフの交響曲は、テンシュテットとミスマッチかと思いきや、戦勝を祝ったはずの第5番の暴力性と喜ばしさのなさに東ドイツで育った彼の経験が感じられ、目から鱗が落ちます。 ★数少ないテンシュテットのブルックナー演奏を味わえる第3番のすさまじさ、モーツァルト作品で見せる端正なたたずまいも興味津々。テンシュテットとしては珍しいシベリウスのヴァイオリン協奏曲は、往年のクーレンカンプ盤のフルトヴェングラーの伴奏を彷彿させる怖さです。 ★さらに嬉しいのは、今年4月にリリースされたばかりである、北ドイツ放響とのベートーヴェンの「英雄」がもう入っていること。この価格、買わない手はないと申せましょう。[CD1【77' 29"】]プロコフィエフ:1交響曲第5番変ロ長調Op.100 2交響曲第7番嬰ハ短調Op.131 [CD2【60' 41"】]マーラー:1交響曲第4番ト長調 2子供の不思議な角笛~浮き世の暮らし/ラインの伝説/この歌を作ったのはだれ? [CD3【73' 06"】]マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調 [CD4【26' 38"】]マーラー:亡き子をしのぶ歌(全5曲) [CD5【52' 10"】]ブルックナー:交響曲第3番ニ短調 [CD6【48' 16"】]1モーツァルト:交響曲第32番ト長調K.318 2同:交響曲第1番変ホ長調K.16 3シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調Op.47 [CD7【52' 02"】]1モーツァルト:協奏交響曲イ長調 K.Anh.104 (320e) 2同:レチタティーヴォとアリア「うつくしい恋人よ、さようなら...とどまれ、いとしき人よ」K.528 3同:アリア「心配しないで愛する人よ」K.505 4ハイドン:交響曲第64番イ長調 [CD8【59' 39"】]ベートーヴェン:1交響曲第3番変ホ長調「英雄」Op.55 2序曲「コリオラン」Op.62[CD1]クラウス・テンシュテット(指揮)バイエルン放送交響楽団 [録音:1977年12月1-2日1、7月12日2/ミュンヘン(ライヴ)] [CD2]エヴァ・チャポ(ソプラノ) クラウス・テンシュテット(指揮)南西ドイツ放送交響楽団(現バーデン・バーデン&フライブルクSWR交響楽団) [録音:1976年9月18日1、1980年8月23日(ライヴ)2] [CD3]クラウス・テンシュテット(指揮)北ドイツ放送交響楽団(現NDR交響楽団) [録音:1980年5月19日/ハンブルク、ムジークハレ(ライヴ)] [CD4]ブリギッテ・ファスベンダー(メゾソプラノ)、北ドイツ放送交響楽団(現NDR交響楽団) [録音:1980年11月11日/キール、キーラー・シュロス(ライヴ)] [CD5]クラウス・テンシュテット(指揮)バイエルン放送交響楽団 [録音:1976年11月4-5日/ミュンヘン(ライヴ)] [CD6]ユーヴァル・ヤロン(ヴァイオリン)3 クラウス・テンシュテット(指揮)バイエルン放送交響楽団 [録音:1977年7月14日1、12月2日23(ライヴ)] [CD7]プロ・アルテ弦楽三重奏団【豊田耕児(ヴァイオリン)、ステーファノ・パッサージョ(ヴィオラ)、ゲオルク・ドンデラー(チェロ)】]1、ゲルティ・ツォイマー=ペール(ソプラノ)23、ディーター・クレッカー(クラリネット)3、ベルリン放送交響楽団1-3、南西ドイツ放送交響楽団(現バーデン・バーデン&フライブルクSWR交響楽団)4 クラウス・テンシュテット(指揮) [録音:1974年9月11日1-3、1976年8月20日/ハンス・ロスバウト・スタジオ4(ライヴ)] [CD8]クラウス・テンシュテット(指揮)北ドイツ放送交響楽団(現NDR交響楽団) [録音:1979年7月3-6日/北ドイツ放送スタジオ10(ライヴ)]