• CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

11,394円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
SONY CLASSICAL
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
組数
9
規格番号
88985413432
通販番号
DFN170901-023
発売日
2017年10月06日
EAN
0889854134327
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

クルレンツィス / モーツァルト:ダ・ポンテ三部作

★1972年アテネ生まれの指揮者テオドール・クルレンツィスとそのオーケストラ、ムジカエテルナによるモーツァルトの「ダ・ポンテ・オペラ三部作」録音。この録音は、ソニークラシカルと長期の専属契約を結んだ船出となる記念碑的な全曲盤です。クルレンツィスとムジカエテルナは、ロシアのウラル山脈のふもとに位置するペルミ(ディアギレフの生まれ故郷でもあります)にあるペルミ国立歌劇場の音楽監督および座付きオーケストラですが、モスクワから1400キロも離れた僻地にもかかわらず、その音楽的な充実度はヨーロッパの一流歌劇場にも劣らないほどの名声を獲得しています。
クルレンツィスは今回の録音についてこう語っています。「モーツァルトの本質を体現した録音はこれまでにたくさん発売されています。今私たちが敢えて新しい録音を世に問うのは、モーツァルトの音楽が持っている魔法をこれまでに一度もないやり方でお聴きいただけると思うからです。工場での大量生産を思わせる音楽づくりがはびこっている現今、そうした妥協を完璧に排した時に何が生み出せるかを聴いていただきたいからです。私のモットーは、一回一回の演奏は生みの苦しみと同じであるべきだ、ということです。相応しい音楽が生まれ出ることを夢想し、魔法が起こるその時を待たねばなりません。音楽は職業ではないのです。それはミッションなのです。」

この妥協を決して許さない音楽づくりは、今回の録音のあらゆる細部にも反映されています。クルレンツィスはこれらの録音にあたって、これまで約10年間にわたる研究と準備を続け、歌劇場は録音に当たって10日以上も日々の公演を休演し、録音も深夜にわたって全員が満足いくまで何度もリテイクが行われました。クルレンツィスが指向するのは自然なフレージングを重視したのは「最もオペラ歌手らしくない歌唱」ということ。ピリオド楽器もしくはそのコピーを使用していますが、いわゆるピリオド楽器演奏のドグマには全くとらわれていません。クルレンツィスいわく、「ガット弦、ナチュラル・ホルン、当時の木管楽器のレプリカ、通奏低音にはフォルテピアノを使っているのですが、それは歴史的な事実に近づきたいからではなく、作品のドラマを伝えるにあたって必要としている躍動感やスピードのある引き締まったサウンドがこれによって実現できるからなのです」。
クルレンツィス自らが厳選した、歌唱スタイルやフレージング、ヴィブラートの使い方、そして装飾に至るまで細かく徹底させた究極の歌唱とアンサンブルが実現された、これまでにない演奏がここに記録されています。

Rigid slipcase with magnetic flap
3x 3CD pocket packs
3 Booklets with full libretto(respectively 250/284/280pages) & Booklet texts as per original multi-boxes.
 
(資料提供:ソニーミュージック)


【収録曲】
モーツァルト:
《Disc1-3》歌劇『フィガロの結婚』K.492(全曲)
アンドレイ・ボンダレンコ(アルマヴィーヴァ伯爵), ジモーネ・ケルメス(伯爵夫人ロジーナ), クリスティアン・ヴァン・ホルン(フィガロ), ファニー・アントネルー(スザンナ), マリー=エレン・ネジ(ケルビーノ), マリア・フォシュストローム(マルチェリーナ), ニコライ・ロスクトキン(バルトロ), クリスティアン・アダム(ドン・バジーリオ)、他

《Disc4-6》歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』K.588(全曲)
ジモーネ・ケルメス(フィオルディリージ), マレーナ・エルンマン(ドラベッラ), クリストファー・マルトマン(グリエルモ), ケネス・ターヴァー(フェッランド), アンナ・カシヤン(デスピーナ), コンスタンティン・ヴォルフ(ドン・アルフォンソ)

《Disc7-9》歌劇『ドン・ジョヴァンニ』K.527(全曲)
ディミトリス・ティリアコス(ドン・ジョヴァンニ), ヴィート・プリアンテ(レポレッロ), ミカ・カレス(騎士長), ミルト・パパタナシュ(ドンナ・アンナ), ケネス・ターヴァー(ドン・オッターヴィオ), カリーナ・ガウヴィン(ドンナ・エルヴィーラ), グイード・ロコンソロ(マゼット), クリスティーナ・ガンシュ(ツェルリーナ)

【演奏】
テオドール・クルレンツィス(指揮) ムジカエテルナ

【録音】
2012~ 2015年, ロシア、ペルミ、チャイコフスキー記念国立オペラ&バレエ劇場(デジタル:セッション)