COMPLETE RECORDINGS ON ARCHIV & DG

JOHN ELIOT GARDINER ジョン・エリオット・ガーディナー

限定生産BOX / CD104枚組

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

32,065円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
DGG (DEUTSCHE GRAMMOPHON GESELLSCHAFT)
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
4839963
通販番号
DFN210409-019
発売日
2021年05月31日
EAN
0028948399635
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

限定生産BOX・CD104枚組
※発売直前のご予約お申込みの場合、商品確保が大幅に遅れる場合がございます。また、限定生産品は確保できない場合もございます。
※ご予約件数が入荷予定数に達した際は、発売前でもご予約受け付けを終了いたします。予めご了承ください。
※制作上の都合により、発売時期、ジャケットデザイン、収録曲が変更となる場合がございます。
※WEBからの発送は入荷日以降となります。
※制作元完売の際は何卒ご容赦ください。

ガーディナーによるアルヒーフ&DGのすべての録音を集大成。CD104枚組BOXセット
《ジョン・エリオット・ガーディナー / アルヒーフ & ドイツ・グラモフォン録音全集》

●イギリスの指揮者ガーディナーがアルヒーフとドイツ・グラモフォンに行ったすべての録音がCD104枚組BOXセットで発売されます。ガーディナーのインタビューを収録したCDも含まれます。演奏は主兵のモンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティークと、北ドイツ放送交響楽団・合唱団、ロンドン交響楽団。ソリストにはアンネ・ソフィー・フォン・オッター、イアン・ボストリッジ、バーバラ・ボニー、エマ・カークビー、マーク・パドモア、ベルナルダ・フィンク、マグダレーナ・コジェナー、ブリン・ターフェル、ヴィクトリア・ムローヴァ、ロバート・レヴィンといった名だたるアーティストが参加しています。CD104枚組BOXセット。

●サー・ジョン・エリオット・ガーディナーはロンドンとパリで指揮を学んだ後(パリではナディア・ブーランジェに師事)、同時に2つの道を歩み始めます。ロンドン、チューリヒ、リヨンの歌劇場などでハンブルクの北ドイツ放送交響楽団やウィーン・フィルハーモニー管弦楽団などの楽団の指揮を行う傍ら、自身の古楽アンサンブルとの活動も行いました。特にガーディナーが1964年に結成したモンテヴェルディ合唱団はその中で中心的な存在でした。そしてこの合唱団と、その後1978年に結成したイングリッシュ・バロック・ソロイスツとともにガーディナーは多くの先駆的な録音を行いました。そしてまだ輝かしいキャリアのスタート地点にいた多くのアーティストと共演しました。ガーディナーは常に完璧な音楽家であり、19世紀の音楽を古楽器で演奏したいという思いは避けられず、その結果1989年に設立されたのがオルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティークでした。その名前はフランスの指揮者フランソワ=アントワーヌ・アブネックが確立した伝統を暗示しています。このセットでのガーディナーの、特にバッハ、ベートーヴェン、シューマンの録音は歴史に残る画期的な演奏です。音楽作りを力いっぱい楽しみ、心に響く表現力とたくましい生命力を持った、ガーディナーの録音はこれからも続きます。     (資料提供:ユニバーサルミュージックIMS)

【収録内容】
《CD 1-2》J.S.バッハ:クリスマス・オラトリオBWV248
【演奏】ナンシー・アージェンタ、ルース・ホールトン、ケイティ・プリングル(ソプラノ)、アンネ・ソフィー・フォン・オッター(メッゾ・ソプラノ)、アンソニー・ロルフ・ジョンソン、ハンス・ペーター・ブロホヴィッツ(テノール)、オラフ・ベーア(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1987年1月、ロンドン/
《CD 3-4》J.S.バッハ:マタイ受難曲BWV244
【演奏】バーバラ・ボニー、アン・モノイオス(ソプラノ)、アンネ・ソフィー・フォン・オッター(コントラルト)、マイケル・チャンス(カウンターテノール)、アンソニー・ロルフ・ジョンソン、ハワード・クルーク(テノール)、アンドレアス・シュミット、オラフ・ベーア(バリトン)、コルネリウス・ハウプトマン(バス)、モンテヴェルディ合唱団、ロンドン・オラトリー・ジュニア合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1988年4月、スネイプ
《CD 5-6》J.S.バッハ:ヨハネ受難曲BWV245
【演奏】ルース・ホールトン、ジリアン・ロス、ナンシー・アージェンタ(ソプラノ)、マイケル・チャンス(カウンターテノール)、アンソニー・ロルフ・ジョンソン、アンドリュー・マーガトロイド、ニコラス・ロバートソン、ルーファス・ミュラー、ニール・アーチャー(テノール)、スティーヴン・ヴァーコー(バリトン)、コルネリウス・ハウプトマン、サイモン・バーチャル(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1986年3月、ロンドン
《CD 7-8》J.S.バッハ:ミサ曲ロ短調BWV232
【演奏】ナンシー・アージェンタ、リン・ドーソン、ジェーン・フェアフィールド、ジーン・ニッブズ、パトリツィア・クウェッラ、キャロル・ホール(ソプラノ)、メアリー・ニコルズ(メッゾ・ソプラノ)、アシュリー・スタッフォード、パトリック・コリン(アルト)、マイケル・チャンス(カウンターテノール)、ウィンフォード・エヴァンズ、ハワード・ミルナー、アンドリュー・マーガトロイド、リチャード・ロイド・モーガン(テノール)、スティーヴン・ヴァーコー(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1985年2月、ロンドン
《CD 9》J.S.バッハ:マニフィカト ニ長調BWV243
【演奏】ナンシー・アージェンタ、パトリツィア・クウェッラ、エマ・カークビー(ソプラノ)、チャールズ・ブレット(カウンターテノール)、アンソニー・ロルフ・ジョンソン(テノール)、デイヴィッド・トーマス(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1983年11月、ロンドン
《CD 10》J.S.バッハ:1) カンタータ第61番『いざ来ませ、異邦人の救い主よ』BWV61、2) カンタータ第36番『喜びて舞いあがれ』BWV36、3) カンタータ第62番『いざ来ませ、異邦人の救い主よ』BWV62
【演奏】ナンシー・アージェンタ(ソプラノ)、ペトラ・ラング(メッゾ・ソプラノ)(2, 3)、アンソニー・ロルフ・ジョンソン(テノール)、オラフ・ベーア(バリトン)(1, 3)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1992年1月、ロンドン
《CD 11》J.S.バッハ:1) カンタータ第63番『キリスト者よ、この日を銘記せよ』BWV63、2) カンタータ第64番『見よ、いかなる愛を父はわれらに示されたるか』BWV64、3) カンタータ第121番『われらキリストを讃えまつらん』BWV121、4) カンタータ第133番『われ汝に喜びあり』BWV133
【演奏】アン・モノイオス(1-3)、キャサリン・フーグ(4)(ソプラノ)、サラ・ミンガルド(メッゾ・ソプラノ)(1-3)、デレク・リー・レイギン(カウンターテノール)(4)、ルーファス・ミュラー(1, 3)、ジュリアン・ポッジャー(4)(テノール)、シュテファン・ローゲス(1-3)、ゴットホルト・シュヴァルツ(4)(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1998年12月、ロンドン
《CD 12》J.S.バッハ:1) カンタータ第98番『神のみわざは善きかな』BWV98、2) カンタータ第139番『自らの神によれる者は幸いなり』BWV139、3) カンタータ第16番『主なる神よ、われら汝をたたえん』BWV16
【演奏】キャサリン・フーグ(ソプラノ)(1, 2)、デレク・リー・レイギン(カウンターテノール)、ゴットホルト・シュヴァルツ(バス)、ジュリアン・ポッジャー(テノール)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1998年12月、ロンドン
《CD 13》J.S.バッハ:1) カンタータ第72番『すべてはただ神の御心のままに』BWV72、2) カンタータ第73番『主よ、汝の御心のままにわれはあらん』BWV73、3) カンタータ第111番『わが神の欲したもうこと、つねに起こらん』BWV111、4) カンタータ第156番『片足は墓穴にありてわれは立つ』BWV156
【演奏】ジョアン・ラン(ソプラノ)(1-3)、サラ・ミンガルド(コントラルト)(1, 3, 4)、ジュリアン・ポッジャー(テノール)(2-4)、スティーヴン・ヴァーコー(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】2001年1月、ミラノ
《CD 14》J.S.バッハ:1) カンタータ第83番『新しき契約の喜びの時』BWV83、2) カンタータ第82番『我は満ち足れり』BWV82、3) カンタータ第125番『安らぎと喜びもてわれは行く』BWV82、4) カンタータ第200番『我は彼の名を告げん』BWV200
【演奏】ロビン・タイソン(カウンターテノール)(1, 3, 4)、ポール・アグニュー(テノール)(1, 3)、ピーター・ハーヴェイ(バス)(1-3)、モンテヴェルディ合唱団(1-3)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】2002年2月、イギリス、ドーセット
《CD 15》J.S.バッハ:1) カンタータ第6番『われらのもとにとどまれ、はや夕べとなれば』BWV6、2) カンタータ第66番『喜べ、汝らの心』BWV66
【演奏】ベルナルダ・フィンク(コントラルト)(1)、マイケル・チャンス(カウンターテノール)(2)、スティーヴ・ダヴィスリム(1)、マーク・パドモア(2)(テノール)、ジュリアン・クラークソン(1)、ディートリヒ・ヘンシェル(2)(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1999年4月、ロンドン
《CD 16》J.S.バッハ:1) カンタータ第43番『神は歓呼の声とともに上り』BWV43、2) カンタータ第128番『ただキリストの昇天にのみ』BWV128、3) カンタータ第37番『信じて洗礼を受けるものは』BWV37、4) カンタータ第11番『神はそのもろもろの国にて頌めよ』BWV11(昇天祭オラトリオ)
【演奏】ナンシー・アージェンタ(ソプラノ)(1, 3, 4)、マイケル・チャンス(カウンターテノール)(1, 3, 4)、アンソニー・ロルフ・ジョンソン(1, 3, 4)、クリストフ・ゲンツ(2)、ロビン・ブレイズ(2)(テノール)、スティーヴン・ヴァーコー(1, 3, 4)、ラインハルト・ハーゲン(2)(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1993年10月(1, 3, 4)、1999年4月(2)、ロンドン
《CD 17》J.S.バッハ:1) カンタータ第172番『鳴りひびけ、汝らの歌声』BWV172、2) カンタータ第59番『われを愛する者は、わが言葉を守らん』BWV59、3) カンタータ第74番『われを愛する者は、わが言葉を守らん』BWV74、4) カンタータ第34番『おお永遠の炎、愛のみなもと』BWV34
【演奏】マルティナ・ヤンコヴァー(1)、マグダレーナ・コジェナー(2, 3)(ソプラノ)、ベルナルダ・フィンク(コントラルト)(4)、ロビン・ブレイズ(カウンターテノール)(3)、スティーヴ・ダヴィスリム(4)(テノール)、ラインハルト・ハーゲン(1)、クリストフ・ゲンツ(1, 3)、ピーター・ハーヴェイ(2, 3)、クリストファー・フォスター(4)(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1999年4月、ロンドン
《CD 18》J.S.バッハ:1) カンタータ第94番『われ何ぞ世を思いわずらわん』BWV94、2) カンタータ第168番『償いをなせ、そは恐ろしき言葉』BWV168、3) カンタータ第105番『主よ裁きたもうな』BWV105
【演奏】キャサリン・フーグ(ソプラノ)、ダニエル・テイラー(カウンターテノール)、ジェイムズ・ギルクリスト(テノール)、ピーター・ハーヴェイ(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】2000年8月、イタリア
《CD 19》J.S.バッハ:1) カンタータ第179番『心せよ、汝の敬神いつわりならざるか』BWV179、2) カンタータ第199番『わが心は血にまみれ』BWV199、3) カンタータ第113番『主イエス・キリスト、汝こよなき宝』BWV113
【演奏】マグダレーナ・コジェナー(ソプラノ)、マーク・パドモア(1, 3)、ウィリアム・タワーズ(3)(テノール)、シュテファン・ローゲス(バス)(1, 3)モンテヴェルディ合唱団(1, 3)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】2000年9月、イギリス、ペンブルックシャー
《CD 20》J.S.バッハ:1) カンタータ第140番『目覚めよ、と呼ぶ声あり』BWV140、2) カンタータ第147番『心と口と行いと命もて』BWV147
【演奏】ルース・ホールトン(ソプラノ)、マイケル・チャンス(カウンターテノール)(2)、アンソニー・ロルフ・ジョンソン(テノール)、スティーヴン・ヴァーコー(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1993年3月、イギリス、ドーセット
《CD 21》J.S.バッハ:1) カンタータ第106番『神の時こそいと良き時』BWV106、2) カンタータ第118番『おおイエス・キリスト、わが命の光』BWV118、3) カンタータ第198番『侯妃よ、さらに一条の光を』BWV198
【演奏】ナンシー・アージェンタ(ソプラノ)(1, 3)、マイケル・チャンス(カウンターテノール)(1, 3)、アンソニー・ロルフ・ジョンソン(テノール)(1, 3)、スティーヴン・ヴァーコー(バス)(1, 3)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1989年、9月、ロンドン
《CD 22》ベートーヴェン:1) 交響曲第1番ハ長調Op.21、2) 交響曲第2番ニ長調Op.36
【演奏】オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1993年3月、スネイプ(1)、1991年11月、ロンドン(2)
《CD 23》ベートーヴェン:1) 交響曲第3番変ホ長調Op.55『英雄』、2) 交響曲第4番変ロ長調Op.60
【演奏】オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1993年3月、スネイプ(1)、ロンドン(2)
《CD 24》ベートーヴェン:1) 交響曲第5番ハ短調Op.67『運命』、2) 交響曲第6番ヘ長調Op.68『田園』
【演奏】オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1994年3月、バルセロナ(1)、1992年10月、ロンドン(2)
《CD 25》ベートーヴェン:1) 交響曲第7番イ長調Op.92、2) 交響曲第8番ヘ長調Op.93
【演奏】オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1992年12月、ロンドン
《CD 26》ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調Op.125『合唱』
【演奏】リューバ・オルゴナソヴァ(ソプラノ)、アンネ・ソフィー・フォン・オッター(メッゾ・ソプラノ)、アンソニー・ロルフ・ジョンソン(テノール)、ジル・カシュマイユ(バス)モンテヴェルディ合唱団、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1992年10月、ロンドン
《CD 27》ベートーヴェン:1) ピアノ協奏曲第2番変ロ長調Op.19、2) ロンド変ロ長調WoO6、3) ピアノ協奏曲第1番ハ長調Op.15
【演奏】ロバート・レヴィン(ピアノ)、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1995年9月、ロンドン(1, 3)、1996年9月、ワトフォード(2)
《CD 28》ベートーヴェン:1) ピアノ協奏曲第3番ハ短調Op.37、2) ピアノ協奏曲第4番ト長調Op.58
【演奏】ロバート・レヴィン(ピアノ)、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1997年11月、ワトフォード
《CD 29》ベートーヴェン:1) ピアノ協奏曲第5番変ホ長調Op.73『皇帝』、2) 合唱幻想曲Op.80
【演奏】ロバート・レヴィン(ピアノ[1]、フォルテピアノ[2])、アンゲラ・カジミエルツシュク、コンスタンツェ・バッケス(ソプラノ)(2)、スザンナ・スパイサー(アルト)(2)、ロバート・ジョンソン、ジュリアン・ポッジャー(テノール)(2)、ジュリアン・クラークソン(バス)(2)、モンテヴェルディ合唱団、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1995年1月、ロンドン
《CD 30》ベートーヴェン:1) ピアノ協奏曲第4番ト長調Op.58、2) 交響曲第2番ニ長調Op.36
【演奏】ロバート・レヴィン(フォルテピアノ)、ピーター・ハンソン、ルーシー・ハワード(1)(ヴァイオリン)、アラン・ジョージ、アネット・イッサーリス(ヴィオラ)(1)、デイヴィッド・ワトキン(チェロ)
【録音】1997年12月、ロンドン
《CD 31》ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.61
【演奏】ヴィクトリア・ムローヴァ(ヴァイオリン)、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】2002年6月、ワトフォード
《CD 32》ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス ニ長調Op.123
【演奏】シャルロット・マルジョーノ(ソプラノ)、キャサリン・ロビン(メッゾ・ソプラノ)、ウィリアム・ケンドール(テノール)、アラステア・マイルズ(バス)、モンテヴェルディ合唱団、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1989年11月、ロンドン
《CD 33》ベートーヴェン:1) ああ、不実なる人よOp.65、2) 静かな海と楽しい航海Op.112、3) ミサ曲ハ長調Op.86
【演奏】シャルロット・マルジョーノ(ソプラノ)(1, 3)、キャサリン・ロビン(メッゾ・ソプラノ)(3)、ウィリアム・ケンドール(テノール)(3)、アラステア・マイルズ(バス)(3)、モンテヴェルディ合唱団(2, 3)、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1991年11月(1)、1989年11月(2)、ロンドン
《CD 34-35》ベートーヴェン:歌劇『レオノーレ』Op.72
【演奏】ヒレヴィ・マルティンペルト、クリスティアーネ・エルツェ(ソプラノ)、ミヒャエル・シャーデ、キム・ペグリー、ロバート・バート(テノール)、フランツ・ハヴラタ、コリン・キャンベル(バリトン)、マシュー・ベスト、アラステア・マイルズ(バス)、クリストフ・バンツァー(語り手)、モンテヴェルディ合唱団、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1996年9月、ワトフォード/
《CD 36》サー・ジョン・エリオット・ガーディナー、交響曲について語る(英語、ドイツ語、フランス語)
【録音】1994年
《CD 37》ブリテン:戦争レクイエムOp.66
【演奏】リューバ・オルゴナソヴァ(ソプラノ)、アンソニー・ロルフ・ジョンソン(テノール)、ボー・スコウフス(バリトン)、モンテヴェルディ合唱団、テルツ少年合唱団、北ドイツ放送交響楽団・合唱団
【録音】1992年8月、リューベック
《CD 38》ブリテン:1) 春の交響曲Op.44、2) 聖チェチーリア賛歌Op.27、3) 5つの花の歌Op.47
【演奏】アリソン・ハーグリー(1)、エマ・プレストン=ダンロップ(2)、ジリアン・ロス(2)(ソプラノ)、キャサリン・ロビン(1)、Penelope Vickers(2)(コントラルト)、ジョン・マーク・エインズリー(1)、Peter Mitchell(2)(テノール)、リチャード・サヴェイジ(バス)(2)、モンテヴェルディ合唱団、フィルハーモニア管弦楽団
【録音】1995年6月(1)、5月(2, 3)、ロンドン
《CD 39》ブルックナー:1) ミサ曲第1番ニ短調、[モテット集]2) アヴェ・マリア、3) マリアよ、あなたはことごとく、4) この所を作り給うたのは神である、5) 正しき者の口は、6) キリストはおのれを低くして
【演奏】リューバ・オルゴナソヴァ(ソプラノ)(1)、ベルナルダ・フィンク(コントラルト)(1)、クリストフ・プレガルディエン(1)、ジュリアン・ポッジャー(3)(テノール)、アイケ・ウィルム・シュルテ(バス)(1)、モンテヴェルディ合唱団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1)
【録音】1996年6月、ウィーン(ライヴ)(1)、1998年5月、ノーフォーク(2-6)
《CD 40》1) シュッツ:おお、慈悲深きイエス、2) ブクステフーデ:我らがイエスの四肢
【演奏】ルース・ホールトン(ソプラノ)(1)、アシュリー・スタッフォード(カウンターテノール)(1)、ニコラス・ロバートソン(テノール)(1)、モンテヴェルディ合唱団(2)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1988年9月、ロンドン
《CD 41》シャブリエ:1) 田園組曲、2) ハバネラ、3) 狂詩曲『スペイン』、4) ホルンと管弦楽のためのラルゲット、5) 『グウェンドリーヌ』序曲、6) 田園前奏曲、7) 楽しい行進曲、8) 喜歌劇『いやいやながらの王様』より「ポーランドの祭り」
【演奏】ロナルド・ヤネシッツ(ホルン)(4)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
【録音】1995年3月、ウィーン
《CD 42》ドヴォルザーク:1) 交響的変奏曲Op.78、2) チェコ組曲Op.39、ブラームス:ハンガリー舞曲3) 第1番ト短調、4) 第3番ヘ長調、5) 第5番ト短調、6) 第10番ヘ長調、7) 第16番ヘ短調-ヘ長調(パーロウ編)、8) 第18番ニ長調、9) 第19番ロ短調、10) 第20番ホ短調、11) 第21番ホ短調
【演奏】北ドイツ放送交響楽団
【録音】1992年1月、ハノーファー
《CD 43》エルガー:1) 序曲『南国にて』Op.50、2) 序奏とアレグロOp.47、3) ため息Op.70、4) エニグマ変奏曲Op.36
【演奏】ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
【録音】1998年10月、ウィーン
《CD 44》ヘンデル:アシスとガラテアHWV49
【演奏】ノルマ・バロウズ(ソプラノ)、ポール・エリオット、アンソニー・ロルフ・ジョンソン、マーティン・ヒル(テノール)、ウィラード・ホワイト(バス)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1978年2月、ロンドン
《CD 45》ヘンデル:アシスとガラテア(初稿版)
【演奏】ノルマ・バロウズ(ソプラノ)、ポール・エリオット、アンソニー・ロルフ・ジョンソン、マーティン・ヒル(テノール)、ウィラード・ホワイト(バス)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1978年2月、ロンドン
《CD 46-47》歌劇『ヘラクレス』HWV60
【演奏】ジェニファー・スミス(ソプラノ)、キャサリン・デンリー、サラ・ウォーカー(メッゾ・ソプラノ)、アンソニー・ロルフ・ジョンソン(テノール)、ジョン・トムリンソン、ピーター・セイヴィッジ(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1982年8月、ロンドン
《CD 48-49》ハイドン:オラトリオ『天地創造』Hob.XXI:2
【演奏】シルヴィア・マクネアー、ドナ・ブラウン(ソプラノ)、キャロリン・ストーマー(コントラルト)、ミヒャエル・シャーデ(テノール)、ジェラルド・フィンリー、ロッド・ギルフリー(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1995年2月、ロンドン
《CD 50-51》ハイドン:オラトリオ『四季』Hob.XXI:3
【演奏】バーバラ・ボニー(ソプラノ)、アンソニー・ロルフ・ジョンソン(テノール)、アンドレアス・シュミット(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1990年1月、ロンドン
《CD 52》1) グレインジャー:戦士たち、2) ホルスト:惑星Op.32
【演奏】モンテヴェルディ合唱団(2)、フィルハーモニア管弦楽団
【録音】1994年2月、ロンドン
《CD 53》レハール:喜歌劇『メリー・ウィドウ』
【演奏】バーバラ・ボニー、コンスタンツェ・バッケス、シェリル・ステューダー、アンゲラ・カジミエルツシュク(ソプラノ)、リネット・アルカンターラ(アルト)、ウヴェ・ペパー、ハインツ・ツェドニク、フィリップ・サーモン、ライナー・トロスト(テノール)、カール=マグヌス・フレドリクソン、ボー・スコウフス(バリトン)、ブリン・ターフェル(バス・バリトン)、リチャード・サヴェイジ、ジュリアン・クラークソン(バス)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
【録音】1994年1月、ウィーン
《CD 54》1) マーラー:さすらう若者の歌、2) ツェムリンスキー:6つの歌Op.13、3) マーラー:リュッケルト歌曲集
【演奏】アンネ・ソフィー・フォン・オッター(メッゾ・ソプラノ)、北ドイツ放送交響楽団【録音】1993年1月、ハンブルク
《CD 55》メンデルスゾーン:1) 交響曲第4番イ長調Op.90『イタリア』、2) 交響曲第5番ニ短調Op.107『宗教改革』、3) 交響曲第4番イ長調Op.90『イタリア』(1834年版)より第2-4楽章
【演奏】ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
【録音】1997年11月(1)、1996年6月(2)、1998年3月(3)、ウィーン
《CD 56-57》モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り
【演奏】アン・モノイオス、マリネッラ・ペンニッキ(ソプラノ)、マイケル・チャンス(カウンターテノール)、ナイジェル・ロブソン、マーク・タッカー、サンドロ・ナグリア(テノール)、ブリン・ターフェル(バス)、モンテヴェルディ合唱団、ロンドン・オラトリー・ジュニア合唱団、ヒズ・マジェスティーズ・サグバッツ&コルネッツ、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1989年5月、ヴェネツィア(ライヴ)
《CD 58-59》モンテヴェルディ:1) 歌劇『オルフェオ』よりトッカータ、2) 歌劇『オルフェオ』
【演奏】ナンシー・アージェンタ、ジュリアン・ベアード(ソプラノ)(2)、アンネ・ソフィー・フォン・オッター、ダイアナ・モンタギュー(メッゾ・ソプラノ)(2)、マイケル・チャンス(カウンターテノール)(2)、マーク・タッカー、アンソニー・ロルフ・ジョンソン、ナイジェル・ロブソン、ハワード・ミルナー、ニコラス・ロバートソン(テノール)(2)、サイモン・バーチャル、ジョン・トムリンソン(バリトン)、ウィラード・ホワイト(バス)(2)、モンテヴェルディ合唱団(2)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1985年12月(1)、1986年10月(2)、ロンドン
《CD 60-62》モンテヴェルディ:歌劇『ポッペアの戴冠』
【演奏】キャサリン・ボット、マリネッラ・ペンニッキ、シルヴィア・マクネアー、ダーナ・ハンチャード、コンスタンツェ・バッケス(ソプラノ)、アンネ・ソフィー・フォン・オッター(メッゾ・ソプラノ)、ベルナルダ・フィンク(アルト)、マイケル・チャンス、ロベルト・バルコーニ(カウンターテノール)、マーク・タッカー、ナイジェル・ロブソン(テノール)、フランチェスコ・エッレロ・ダルテーニャ、ジュリアン・クラークソン(バス)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1993年12月、ロンドン
《CD 63》モーツァルト:1) ピアノ協奏曲第5番ニ長調K.175、2) ピアノ協奏曲第6番変ロ長調K.238、3) ピアノ協奏曲第7番ヘ長調K.242『ロドロン』、4) ピアノと管弦楽のためのロンド ニ長調K.382
【演奏】マルコム・ビルソン、ロバート・レヴィン(3)、メルヴィン・タン(3)(フォルテピアノ)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1985年4月(1)、1987年10月(2, 3)、1986年4月(4)、ロンドン
《CD 64》1) ピアノ協奏曲第8番ハ長調K.246『リュッツォウ』、2) ピアノ協奏曲第9番変ホ長調K.271『ジュノム』、3) ピアノ協奏曲第10番変ホ長調K.365
【演奏】マルコム・ビルソン、ロバート・レヴィン(3)(フォルテピアノ)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1985年4月(1)、1983年6月(2)、ロンドン、1989年、イギリス(3)
《CD 65》モーツァルト:1) ピアノ協奏曲第11番ヘ長調K.413、2) ピアノ協奏曲第12番イ長調K.414、3) ピアノ協奏曲第13番ハ長調K.415
【演奏】マルコム・ビルソン(フォルテピアノ)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1983年6月(1)、5月(2)、1984年4月(3)、ロンドン
《CD 66》1) ピアノ協奏曲第14番変ホ長調K.449、2) ピアノ協奏曲第15番変ロ長調K.450、3) ピアノ協奏曲第18番変ロ長調K.456
【演奏】マルコム・ビルソン(フォルテピアノ)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1983年5月(1)、1984年4月(2)、3月(3)、ロンドン
《CD 67》モーツァルト:1) ピアノ協奏曲第16番ニ長調K.451、2) ピアノ協奏曲第19番ヘ長調K.459、3) ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467
【演奏】マルコム・ビルソン(フォルテピアノ)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1985年4月(1)、1984年4月(2)、1986年4月(3)、ロンドン
《CD 68》モーツァルト:1) ピアノ協奏曲第17番ト長調K.453、2) ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466、3) ピアノと管弦楽のためのロンド イ長調K.386
【演奏】マルコム・ビルソン(フォルテピアノ)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1985年4月(1)、1986年4月(2)、10月(3)、ロンドン
《CD 69》モーツァルト:1) ピアノ協奏曲第22番変ホ長調K.482、2) ピアノ協奏曲第23番イ長調K.488
【演奏】マルコム・ビルソン(フォルテピアノ)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1987年3月、ロンドン
《CD 70》モーツァルト:1) ピアノ協奏曲第24番ハ短調K.491、2) ピアノ協奏曲第25番ハ長調K.503
【演奏】マルコム・ビルソン(フォルテピアノ)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1988年5月(1)、1986年10月(2)、ロンドン
《CD 71》モーツァルト:1) ピアノ協奏曲第26番ニ長調K.537『戴冠式』、2) ピアノ協奏曲第27番変ロ長調K.595
【演奏】マルコム・ビルソン(フォルテピアノ)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1986年10月(1)、1988年5月(2)、ロンドン
《CD 72-74》モーツァルト:歌劇『イドメネオ』K.366
【演奏】シルヴィア・マクネアー、アンゲラ・カジミエルツシュク、ヒレヴィ・マルティンペルト(ソプラノ)、アンネ・ソフィー・フォン・オッター(メッゾ・ソプラノ)、フィリップ・サーモン、ナイジェル・ロブソン、アンソニー・ロルフ・ジョンソン、グレン・ウィンズレイド(テノール)、コルネリウス・ハウプトマン、スティーヴン・チャールズワース(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1990年6月、ロンドン(ライヴ)
《CD 75-76》モーツァルト:歌劇『後宮からの誘拐』K.384
【演奏】リューバ・オルゴナソヴァ、シンディア・ジーデン(ソプラノ)、スタンフォード・オルセン、ウヴェ・ペパー(テノール)、コルネリウス・ハウプトマン(バス)、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1991年7月、ロンドン
《CD 77-79》モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』K.492
【演奏】アリソン・ハグリー、スーザン・マカロック、ヒレヴィ・マルティンペルト、コンスタンツェ・バッケス(ソプラノ)、パメラ・ヘレン・スティーヴン(メッゾ・ソプラノ)、フランシス・エジャートン(テノール)、カルロス・フェレル、ロドニー・ジルフリー(バリトン)、ブリン・ターフェル(バス・バリトン)、ジュリアン・クラークソン(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1993年7月、ロンドン(ライヴ)
《CD 80-82》モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』K.527
【演奏】リューバ・オルゴナソヴァ、シャルロット・マルジョーノ(ソプラノ)、エイリアン・ジェイムズ(メッゾ・ソプラノ)、クリストフ・プレガルディエン(テノール)、ロドニー・ジルフリー(バリトン)、アンドレア・シルヴェストレッリ、イルデブランド・ダルカンジェロ、ジュリアン・クラークソン(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1994年7月、ルートヴィヒスブルク
《CD 83-85》モーツァルト:歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』K.588
【演奏】アマンダ・ルークロフト、ローザ・マニョン(ソプラノ)、エイリアン・ジェイムズ(メッゾ・ソプラノ)、ライナー・トロスト(テノール)、ロドニー・ジルフリー、カルロス・フェラー(バリトン)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1992年6月、フェラーラ
《CD 86-87》モーツァルト:歌劇『皇帝ティートの慈悲』K.621
【演奏】ユリア・ヴァラディ、シルヴィア・マクネアー(ソプラノ)、アンネ・ソフィー・フォン・オッター、キャサリン・ロビン(メッゾ・ソプラノ)、アンソニー・ロルフ・ジョンソン(テノール)、コルネリウス・ハウプトマン(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1990年6月、ロンドン
《CD 88-89》モーツァルト:歌劇『魔笛』K.620
【演奏】クリスティアーネ・エルツェ、シンディア・ジーデン、コンスタンツェ・バッケス、スーザン・ロバーツ(ソプラノ)、カローラ・グーバー(コントラルト)、ミヒャエル・シャーデ、ウヴェ・ペパー、ロバート・ジョンソン(テノール)、ジェラルド・フィンリー(バリトン)、ハリー・ペータース(バス)、デトロフ・ロート(語り手)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1995年7月、ルートヴィヒスブルク
《CD 90-91》パーセル:歌劇『妖精の女王』
【演奏】アイドウェン・ハーリー、エリザベス・プライデイ、ジュディス・ネルソン、ジェニファー・スミス(ソプラノ)、ティモシー・ペンローズ、アシュレイ・スタフォード(カウンターテノール)、ウィンフォード・エヴァンズ、マーティン・ヒル(テノール)、スティーヴン・ヴァーコー、デイヴィッド・トーマス(バス)、モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1981年6月、ゲッティンゲン
《CD 92》1) ラフマニノフ:交響的舞曲Op.45、2) ヤナーチェク:狂詩曲『タラス・ブーリバ』
【演奏】北ドイツ放送交響楽団
【録音】1993年1月(1)、11月(2)、ハンブルク
《CD 93》シューベルト:1) 水上の精霊の歌D714、2) 交響曲第9番ハ長調D944『ザ・グレート』【演奏】モンテヴェルディ男声合唱団(1)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
【録音】1997年8月、ザルツブルク

《CD 94》シュッツ:1) 汝の若き時よりの妻に喜びを抱け、2) モテット『エフライムは私のかけがえのない息子』、3) コンチェルト『サウル、サウル、なぜ私を迫害するのか』、4) モテット『山上で叫びがきこえた』、5) 音楽による葬送
【演奏】ルース・ホールトン(2, 3)、キャロル・ホール(3)、メアリー・シアーズ(5)、レイチェル・プラット(5)(ソプラノ)、アシュレイ・スタフォード(2, 4, 5)、マイケル・チャンス(3, 4)(カウンターテノール)、フリーダー・ランク(1, 3, 5)、ニコラス・ロバートソン(5)(テノール)、ローレンス・ウォリントン(3, 5)、サイモン・バーチャル(3)、スティーヴン・チャールズワース(5)(バス)、モンテヴェルディ合唱団(1-3, 5)、ヒズ・マジェスティーズ・サックバッツ&コルネッツ、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
【録音】1987年4月、ロンドン
《CD 95》シューマン:1) 交響曲ト短調『ツヴィッカウ』、2) 交響曲第1番変ロ長調Op.38『春』、3) 序曲、スケルツォとフィナーレOp.52
【演奏】オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1997年10月(1)、5月(2, 3)、ワトフォード
《CD 96》シューマン:1) 交響曲第4番ニ短調Op.120(原典版)、2) 交響曲第2番ハ長調Op.61
【演奏】オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1997年5月(1)、10月(2)、ワトフォード
《CD 97》シューマン:1) 4本のホルンと管弦楽のためのコンツェルトシュテュック ヘ長調Op.86、2) 交響曲第3番変ホ長調Op.97『ライン』、3) 交響曲第4番ニ短調OP.120
【演奏】ロジャー・モンゴメリー、ギャビン・エドワーズ、スーザン・デント、ロバート・マスケル(ホルン)、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1997年10月(1, 2)、5月(3)、ワトフォード
《CD 98-99》シューマン:1) ミニョンのためのレクイエムOp.98b、2) 夜の歌Op.108、3) 楽園とペリOp.50
【演奏】バーバラ・ボニー、アレクサンドラ・コーク、ルシンダ・ホートン、ドンナ・ディーム、キャサリン・フーグ、コンスタンツェ・バッケス(ソプラノ)(3)、ベルナルダ・フィンク、スザンナ・スパイサー、ジャクリーヌ・コネル(コントラルト)(3)、クリストフ・プレガルディエン、ニール・アーチャー(テノール)(3)、ウィリアム・デイズリー(バリトン)(1)、ジェラルド・フィンリー、コルネリウス・ハウプトマン(バス)(3)、モンテヴェルディ合唱団、ハノーファー少年合唱団員(1)、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
【録音】1997年10月(1, 2)、4月(3)、ワトフォード
《CD 100》ブーランジェ:1) 詩篇第24番、2) 詩篇第129番、3) 仏教の古い祈り、4) 詩篇第130番、5) ストラヴィンスキー:詩篇交響曲(1948年改訂版)
【演奏】サリー・ブルース=ペイン(メッゾ・ソプラノ)(4)、ジュリアン・ポッジャー(テノール)(1, 3, 4)、モンテヴェルディ合唱団、ロンドン交響楽団
【録音】1999年7月、ロンドン
《CD 101-102》ストラヴィンスキー:歌劇『放蕩児の遍歴』
【演奏】デボラ・ヨーク、アン・ハウエルズ(ソプラノ)、アンネ・ソフィー・フォン・オッター(メッゾ・ソプラノ)、イアン・ボストリッジ、ピーター・ブロンダー(テノール)、ブリン・ターフェル(バス・バリトン)、マーティン・ロブソン、ジュリアン・クラークソン(バス)、モンテヴェルディ合唱団、ロンドン交響楽団
【録音】1997年6月、ロンドン        
《CD 103》ヴァイル:1) 七つの大罪、2)『Lady in the Dark』より「My Ship」「One Life To Live」、3) Buddy On The Nightshift、4) ナナの歌、5) 歌劇『ハッピー・エンド』より「ビルバオ・ソング」「スラバヤ・ジョニー」「難儀の歌」、6) Je ne t’aime pas、7) Schickelgruber、8) Der Abschiedsbrief、9)『金星のワンタッチ』より「Foolish Heart」
【演奏】アンネ・ソフィー・フォン・オッター(メッゾ・ソプラノ)、ベンクト・フォシュベリ(ピアノ)(3, 4, 6-8)、北ドイツ放送交響楽団(1, 2, 5, 9)
【録音】1993年9月、ハンブルク
《CD 104》1) スッペ:『ウィーンの朝・昼・晩』序曲、2) ツィーラー:ワルツ『ウィーン市民』Op.419、3) レハール:ワルツ『舞踏会の妖精たち』、4) ランナー:ワルツ『シェーンブルンの人々』Op.200、5) ツィーラー:扇のポロネーズOp.525、6) レハール:ワルツ『金と銀』Op.79、7) ランナー:ギャロップ『旋風』Op.142 No.1(H.ペクによる管弦楽編)、8) ツィーラー:シェーンフェルト行進曲Op.422(M.ウーアによる管弦楽編)、9) ホイベルガー:喜歌劇『オペラ舞踏会』序曲
【演奏】フランツ・バルトロメイ(チェロ)(1)、ペーター・シュミードル(クラリネット)(1)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
【録音】1999年2月、ウィーン
 
【演奏】サー・ジョン・エリオット・ガーディナー(指揮)(CD 30,&CD 103: 3, 4, 6-8を除く)