ベートーヴェン: 交響曲選集 ・ 序曲集

JOSEPH KEILBERTH ヨーゼフ・カイルベルト

ワーナー&タワーレコード企画

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

5,060円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
タワーレコード(CLASSIC)
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
組数
5
規格番号
WQCC431
通販番号
DI0410-7
発売日
2014年11月26日
EAN
4943674200252
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

古き佳きドイツのベートーヴェンの響きを
3つのオケを使ってカイルベルトが体現化した名盤
テレフンケンの稀少なオリジナル・ジャケット・デザインを使用

これまでCDでは1枚ものとして発売されていた、序曲を含む交響曲8曲をセット化しました。これらの音源は第8番を除いてステレオ録音で残されており、カイルベルトを語る上では欠かせない名盤ばかりです。残念ながら9番の録音は叶わず全集にはなっていませんが、ドイツ正統派の直球的な解釈を十分堪能できます。3つのオーケストラを用い、各オケの特色を押さえた上でのカイルベルトのベートーヴェン解釈は揺るぎないものがあり、一貫した硬派な表現は聴く者の心を捉えて離しません。
当時のテレフンケンの録音も素晴らしく、しっかりした重低音を基にピラミッド型に拡がる音域は現在の主要な収録方法と異なりますが、現在聴いてもその野太い音は、カイルベルトの作風の後押しとなっています。今回、新規のリマスタリングでさらに純度が高い音を堪能できます。ブックレット内においても、池田卓夫氏による新規の解説と共に一部の貴重なオリジナル・ジャケット・デザインを使用し、永久保存盤としての価値を高めました。


★DISC5「交響曲第8番」のみモノラル録音
★2014年最新デジタル・リマスター
★オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレット中にも一部使用)
★解説:池田卓夫氏


【演奏者】
ヨーゼフ・カイルベルト(指揮)
バンベルク交響楽団(DISC1/DISC2[2,3],DISC3[2])
ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団(DISC2[1]/DISC3[1]/DISC5)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(DISC2[4]/DISC4)


【録音】
DISC1=1958年
DISC2=1956年[1]、1960年[2-4]
DISC3=1958年[1]、1960年[2]
DISC4=1959年[1]、1960年[2,3]
DISC5=1958年[1,2] ※[2]はモノラル録音

【原盤レーベル】
TELDEC

ソングリスト

Disc 1

  • 1. 交響曲第1番ハ長調 OP.21
  • 2. 交響曲第2番ニ長調 OP.36

Disc 2

  • 1. 交響曲第3番変ホ長調 OP.55「英雄」
  • 2. 歌劇「フィデリオ」序曲 OP.72c
  • 3. 序曲「コリオラン」OP.62
  • 4. 劇音楽「アテネの廃墟」OP.113より

Disc 3

  • 1. 交響曲第5番ハ短調 OP.67
  • 2. 交響曲第6番ヘ長調 OP.68「田園」

Disc 4

  • 1. 交響曲第7番イ長調 OP.92
  • 2. 劇音楽「エグモント」序曲 OP.84
  • 3. 「レオノーレ」序曲第3番OP.72b

Disc 5

  • 1. 交響曲第4番変ロ長調 OP.60
  • 2. 交響曲第8番ヘ長調 OP.93