悪魔のトリル ~ ヴァイオリン小品集

ERICA MORINI エリカ・モリーニ

TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION +plus

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

1,234円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
タワーレコード(CLASSIC)
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
PROC1643
通販番号
DI111902-271
発売日
2015年01月14日
EAN
4988005869944
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

旧世界の演奏伝統と新世界の価値観を融合した
名手モリーニの名盤2枚を1CDに収録!


エリカ・モリーニ(1904~1995)は音楽の都ウィーンで学び、1938年のナチスによるオーストリア併合のためアメリカに逃れ、1976年まで長くアメリカ音楽界の第一線で活躍した名ヴァイオリニストです。ロシアからアメリカに渡ったハイフェッツが、同地の音楽的嗜好に合致したスピーディーでテクニカルで合理的な演奏様式で成功を収めたのに対し、モリーニは旧世界の演奏伝統と新世界の合理性を巧みに融合した芸風により独自の地位を確立しました。ニューヨーク・フィルへの出演回数は実に56回、ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団への出演回数もヴァイオリニストでは最多でした。モリーニはアメリカに渡ってからRCA、コロムビア、ウエストミンスター、米デッカ、エンジェルと多くのレーベルに録音を残しましたが、質量ともに充実しているのはウエストミンスターと米デッカで、それぞれLPで6枚ずつ残しています。
当CDにはウエストミンスターに録音した2枚のLPをすべて収めています。当時のウエストミンスターのLPレコードは音質の良さを保つために収録時間を1枚40分程度に抑えていたものが多く、CD時代となりこのようなカップリングが可能となりました。タルティーニのヴァイオリン曲集は19世紀のヴァイオリニストの手の入った楽譜を用いた、モダン楽器モダン奏法による演奏ですが、その豊かな響きを活かした気品ある音楽が絶品です。小品集での生き生きとしたリズムとしなやかな音色、エレガントなフレージングも魅惑的で、古き佳き伝統を継承した奏者ならではの味わいに満ちています。 (資料提供:タワーレコード)

【演奏】
エリカ・モリーニ(ヴァイオリン)
レオン・ポマーズ(ピアノ)

【録音】
1956年

【原盤】
WESTMINSTER


ソングリスト

  • 01. タルティーニ:ヴァイオリン・ソナタ ト短調 《悪魔のトリル》
  • 02. タルティーニ:コレッリの主題による変奏曲
  • 03. タルティーニ:ヴァイオリン・ソナタ ト短調 作品1の10 《見捨てられたディド》
  • 04. シューベルト(ヴィルヘルミ編):エレンの歌 第3番 《アヴェ・マリア》 D839
  • 05. クライスラー:ウィーン奇想曲
  • 06. クライスラー:美しきロスマリン
  • 07. ホイベルガー:真夜中の鐘
  • 08. チャイコフスキー(ブルメスター編):ナポリの歌 作品39の18
  • 09. グルック(クライスラー編):歌劇《オルフェオとエウリディーチェ》から「メロディ」
  • 10. グノー(サラサーテ編):歌劇《ファウスト》から「ワルツ」
  • 11. マリア・テレジア・フォン・パラディス(ドゥシュキン編):シチリア舞曲
  • 12. チャイコフスキー(スウィート編):無言歌 作品2の3
  • 13. バンジャマン・ゴダール:ロマンティック協奏曲 作品35から「カンツォネッタ」
  • 14. クライスラー:愛の挨拶
  • 15. シャミナード(クライスラー編):スペインのセレナード
  • 16. モーツァルト(ブルメスター編):ディヴェルティメント 第17番 ニ長調 K.334(320b)から メヌエット